FC2ブログ

ニッチでセコくて超便利!台所の隙間ラックを組み立てました。

 台所の冷蔵庫を大型の新しいものに入れ替えたら、横の壁との間に微妙な隙間ができてしまいました。

 メジャーで測ると、隙間のサイズは間口43cm、奥行き48cm。スタンド式の掃除機を1台、置けるかどうかという半端なスペースです。

2018111707.jpg


 何か有効活用する手はないかな…と思ってネットで隙間ラックの類いを調べてみました。
 
 すると、あるある。やっぱり狭小住宅王国?の日本だけあって、文字どおり“ニッチ”な空間活用グッズが星の数ほど出てきました。

 その中で私たちの目に留まったのは「隙間家具(リバーシブルすき間ワゴン)」という商品。

たった幅10cmからの隙間を活用できる!豊富なサイズから選べるキッチンストッカー

◆取り出しやすさが、料理上手のコツ♪オープンタイプなので取り出しやすいスリム収納です。
◆ワゴンタイプなので、使いたい時は前に引き出せば、収納物も一目瞭然。
◆幅10~24cmの間で2cm刻みで選べるので台所の隙間にぴったり収まります。
◆1cm間隔で収納物の高さに応じて細かく可動収納棚板を設定可能。
◆前板はスッキリした印象のホワイト色、冷蔵庫の色に合わせたシルバー色を組立時に設定することができます。

信頼と安心の国内工場での生産品だから新築やリフォーム、模様替えの時にもおすすめです

◆国内の職人がひとつずつ丁寧に仕上げています。
◆細部の丁寧な仕上がりなど、国産品ならではの高品質をお楽しみください。


 いやはや、狭小ニッポンの狭小なニーズにドンピシャで応える、笑っちゃうぐらいユーザーフレンドリーな製品じゃありませんか。

 ・幅を2cm刻みで選べる!
 ・棚板の高さを1cm刻みで変えられる!
 ・前面パネルを冷蔵庫の色に合わせてホワイト/シルバーのどちらかに選択できる!
 ・信頼の国産!


 まさに1センチ刻みの思いやりが詰まった(ほとんどセコイと言ってもいいぐらいの)商品です。

 これだけ見事に私たちのニーズを満たしてくれるんですから、買わない手はありません。1台1万6,200円という、高いような安いような微妙な値付けですが、幅20cm×奥行44cm×高さ181.5cmの「隙間家具(リバーシブルすき間ワゴン)」を2台、購入しました。

 1週間後、届いたのがこちら。梱包を解くと中からバラバラとパーツが出てきました。

2018111701.jpg


 しまった!購入時にうっかり見落としていましたが、組み立て家具だったんですね。

 再度、販売ページの説明に目を通すと、「組立は大人2人で約40分程度」と書いてありました。

 う~む、これまた微妙に時間がかかるようです。

 とはいえ届いてしまったものは組み立てるしかありません。あいにく、チワワを除くと家族が全員出払っていたので、1人でこつこつやることにしました。

2018111702.jpg


 ところが意外にも組み立ては簡単で、「大人1人で約30分」で完成しました。 冷蔵庫のツラに合わせて、前面パネルにはシルバーの合板を選びました。

2018111703.jpg


2018111704.jpg


 続けて2台目も木ネジと木工ボンドで組み上げ、冷蔵庫と壁の間に差し込むと…おお!誂えたようにピッタリでないの!

2018111705.jpg


 タイヤが軽くて、スルスル出し入れできるのが快適です。

 IKEAの安くて頑丈でフルサイズの家具を愛用している我が家ですが、やっぱり“隙間”は日本製に限りますね。

2018111706.jpg





人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あづみ

Author:あづみ


都会から安曇野の古民家に親子3人で移住しました。夏涼しく、冬は想像を絶する寒さですが、ハラを括って暮らせば何とかなるものです。

その後、縁あって畑付きの田舎家をゲット。現在は山中の古民家と里の家とを行き来する日々です。

安曇野に興味のある方、また古民家に暮らしたいと思っていらっしゃる方、よろしかったらお立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
畑 (0)
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
本文検索キーワード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR