スキレット(フライパン)をシーズニングしました

2018012909.jpg

 薪ストーブで調理をしてみたくて、LODGE(ロッジ)のスキレット(フライパン)を購入しました。

 直径22cm。キャストアイアン(鋳鉄)製の、ずしりと持ち重りのするフライパンです。

 アウトドア専門店で3000円ちょっとで手に入れました。

 見るからに蓄熱性能が高そうです。それもそのはず、ダッジオーブンと同素材なんですね。

 数年前から愛用している我が家のダッジオーブンは、使い込むほどに油の乗りが良くなって、中身が焦げ付くことがありません。

 じっくり火は通るし、完成した料理が冷めにくいのも特徴です。

2018012910.jpg

 ただ、買ってきたばかりのダッジオーブンには、表面の微小孔を食油で埋める「シーズニング(慣らし)」が必要です。

 これを端折(はしょ)ると、焦げ付いたり焼け具合にムラができたりの“駄目メオーブン”になってしまいます。

 何事も最初が肝心です。面倒でもシーズニングだけはきっちり済ましておこうと思い、LODGEのホームページで確認しました。すると、

「LODGE製品は手間のかかるシーズニングを工場で行ないます」

 と書いてあるではありませんか。

 な~んだ、シーズニングしなくていいんだ。ラッキー!

 一旦はそのまま火に掛けようとしたのですが、念のためアウトドアオタクの友人に聞くと、

「そうは言ってもアメリカ製品だからねぇ。工場で大量にまとめて加工しているわけでしょ?下ろす前にシーズニングしといたほうが無難だよ」

 と言われちゃいました。

 そんなわけで、ダッジオーブンと同様、今回もシーズニングに挑戦することと相成った次第です。

 最初にガスコンロで空焼きします。本体が冷えたところで、植物油を垂らし、キッチンタオルで表面から底、柄までしっかり油を塗り込みます。

2018012908.jpg

2018012908.jpg

2018012908.jpg

2018012908.jpg

2018012908.jpg

 ふたたびコンロで空焼き。これを4~5回、繰り返したら、野菜の切れっ端を炒めて、金気を吸着して完成です。

2018012908.jpg

 作業前にはフラットな感じだったスキレット表面が、シーズニング後、ご覧のように黒光りしてきました。

2018012908.jpg

 全体に油が行き渡って、いい感じです。

 さて、薪ストーブで何を作ろうかな?

2018012908.jpg



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




 
 

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あづみ

Author:あづみ


都会から安曇野の古民家に親子3人で移住しました。夏涼しく、冬は想像を絶する寒さですが、ハラを括って暮らせば何とかなるものです。

安曇野に興味のある方、また古民家に暮らしたいと思っていらっしゃる方、よろしかったらお立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
畑 (0)
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
本文検索キーワード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR