fc2ブログ

うわっ!タヌキとシカが飛び出してきて、タイヤがバースト!!

2017093001.jpg

 里で買い物をして古民家に帰る途中、山道を走っていたら突然、目の前を細長いケモノが横切りました。

「うわっ! タヌキだっ!」

 急ブレーキを踏み、何とか避けたのですが、次の瞬間、今度は路肩にシカの親子(両親?と子供の3匹)がニュッと顔を出したから大変。

 うろたえた家族がハンドルを切り損ね、後輪が側溝に嵌まってしまったのです。

 幸い脱輪したタイヤはすぐに道路に戻りましたが、数十メートル走ったところでガタガタと車体が揺れはじめ、傾いて止まりました。

 懐中電灯を持って車外に出ると、左後輪がペチャンコに潰れています。

 タイヤのサイドウォールに5センチぐらいの亀裂が。側溝の角に当たって裂けてしまったのだと思います。

2017093002.jpg

 険しい山道を登るのはとても無理なので、その場でUターンして超低速で里へ下りることにしました。

 30分ほどかけて田んぼの広がる町外れに到着。

 最近のクルマはスペアタイヤを積んでいないので、サポートセンターに電話してレッカー車を呼んでもらいました。

 30~40分かかると言われたのが、意外に早くて15分ほどでやってきたレッカー車にクルマを積み上げてもらい、助手席に同乗して近所のタイヤ屋さんへ。

2017093003.jpg

 閉店直後でシャッターが降りたばかりのタイヤ屋の駐車場にクルマを乗り捨てる形で、ひとまず里の家に戻りました。

 翌朝、タイヤ交換をしてもらい事なきを得ましたが、慣れっこになっていた夜道にも思わぬ“落とし穴”があったとは。気をつけなくちゃ。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

災難でしたね

それは災難でしたね。
 怪我がないようで、不幸中の幸いと思います。

タヌキと鹿ならば、登りかけのコーナーのある場所か、採土場を過ぎた
直線の部分だと思いますが、どこでしょうか?



 私もタヌキは何度も出くわしていますが、急ブレーキは掛けずに
普通に減速してそのまま突入しちゃいます。
車両保険でも相当掛けていないと脱輪したり、自損事故起こしたりしますからね。
 それでも原村で出くわした時、2匹だったんですが、
左後ろにかかったらしく車がひっくり返るのではないかと思うくらい跳ね上がりました。
 どうもタヌキって言うのはライトに反応するようで、光を見てうろたえる気がして成りません。

 問題は鹿ですが、かなり損傷を受けます、私はありませんが、
旧四賀村に住んでいる友人が被害に遭っており、
何十万コース、エアバッグが開くと廃車もあり得ます。
ご注意ください。

Re: 災難でしたね

> 登りかけのコーナーのある場所

です。ホントにびっくりしました。

ご心配いただき、ありがとうございます。くれぐれも気をつけるようにします。
プロフィール

あづみ

Author:あづみ


都会から安曇野の古民家に親子3人で移住しました。夏涼しく、冬は想像を絶する寒さですが、ハラを括って暮らせば何とかなるものです。

その後、縁あって畑付きの田舎家をゲット。現在は山中の古民家と里の家とを行き来する日々です。

安曇野に興味のある方、また古民家に暮らしたいと思っていらっしゃる方、よろしかったらお立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
本文検索キーワード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR