書院造りのガラス細工は究極の職人技

 かつて私たちの家に住んでいた人たちは、名主や庄屋など地元の有力者だったそうです。さらに遡ると落ち武者が山間部に逃げ延びて定着した“元・武士”だったとも聞いています。

 時代が下り、明治元年に一旦、解体されて安曇野に移築されたこの家は、養蚕とタバコの葉の生産農家に買い取られて一世を風靡します。

 しかし、戦後、養蚕業の凋落とタバコ葉の生産縮小で集落は勢いをなくし、若者は里へ下ってしまいました。

 残されたのは、主をなくしたバカでかい古民家ばかり。ご縁があって私たちが住み暮らすことになりましたが、家のあちこちに往時の“栄華”の残滓が見られます。

 たとえば、この書院造りの和室。本床(ほんどこ)といわれる本格的な床の間の脇に、庭に面して細工を施した障子が設けてあります。

2012060701.jpg


 この障子の一面を、建築用語では「書院」というそうです。

 「書院」には出窓形式の「付書院(つけしょいん)」と、出っ張りのない「平書院(ひらしょいん)」がありますが、我が家のものは平書院です。

2012060702.jpg


 さて、この平書院をよく眺めると、組子(くみこ)とも呼ばれる細かな木の格子で組まれていて、障子紙の代わりにガラスがはめてあります。

 昔は紙だったのでしょうが、後の時代にガラスに入れ替えたのでしょう。

 そのガラス(擦りガラス)の表面に、左右一対の風景画が彫られているんです。

 絵を指の腹で触ると、わずかに凸凹しているので、後から削って描いたものだとわかります。正確には、絵柄の部分を透明に残して周囲を研磨し、擦りガラスに仕上げたものでしょう。

 左右の絵を見比べると、若干ですが絵の形が違います。型紙を当てて回りを削る際に、ズレが生じて仕上がりが変わってきたんじゃないかと思います。

2012060703.jpg


 子供の頃、格式のあるお家などに伺うと、こんな絵入りのガラスが建具に使われていた記憶もありますが、最近はとんとお目にかかりません。今ではもう、ほとんど作られていないんじゃないでしょうか。

 こんな手間暇のかかるものをわざわざ使うなんて、昔の人は粋だったんだなぁ…と、つくづく感心させられます。

 美術品的な価値はありませんが、割ってしまったら、おそらく二度と同じものは手に入らない貴重なガラス絵。大切に使い続けたいと思います。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。




テーマ : スローライフ
ジャンル : ライフ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【書院造りのガラス細工は究極の職人技】

 かつて私たちの家に住んでいた人たちは、名主や庄屋など地元の有力者だったそうです。さらに遡ると落ち武者が山間部に逃げ延びて定着した“元・武士”だったとも聞いています。 時代が下り、明治元年に一旦、解体されて安曇野に移築されたこの家は、養蚕とタバコの葉の...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

珍しくもないガラス

別に珍しくも何でもありません
障子ガラスとかデザインガラスという名称で
売っています。


特注であればどんな絵でも何でも作れますよ。

>>田舎人さま

知りませんでした。
じつは少し調べたんですが、
どうも作ってくれそうな業者が見つからなくて。

しかし、教えていただいてほっとしました。
万一、割ってしまっても特注で作り直しが効くんですね。

ありがとうございました。
プロフィール

あづみ

Author:あづみ


都会から安曇野の古民家に親子3人で移住しました。夏涼しく、冬は想像を絶する寒さですが、ハラを括って暮らせば何とかなるものです。

安曇野に興味のある方、また古民家に暮らしたいと思っていらっしゃる方、よろしかったらお立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
庭 (5)
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
本文検索キーワード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR