fc2ブログ

コロナ対策に加湿器を買ったら明暗が分かれた話

 いま加湿器が大変売れている、という話を聞きます。

 先日も呼吸器の専門医がテレビで「室内の湿度は40~60%に維持するのがよろしい」みたいなことを言っていました。

 へぇ、そうなんだ...何となく気になってリビングの温度/湿度計を眺めてびっくり。湿度が30%を切っているじゃありませんか。

2021022701.jpg

 我が家は薪ストーブ。とにかく室内が乾燥するんですね。

2021022702.jpg

 ストーブの上には南部の鉄製の専用スチーマーを置いて、せっせと水を注(さ)していますが、注ぎ足したそばからどんどん蒸発するので目が離せません。

2021022703.jpg

 1日10回近く注水しているでしょうか。それでも適正な湿度40%以上にはけっして手が届きません。

2021022704.jpg

 これはやっぱり加湿器を買ってくるしかないな…と思い、地元の家電量販店で探しました。

 見つけたのが、こちら。某国内メーカーの「加熱式加湿器」です。コンパクト過ぎるのが気にはなりましたが、2980円という安さに目がくらみ、ろくにスペックを確かめずに慌てて購入したんです。

2021022705.jpg

 家に帰ってよくよく説明書きに目を通したら、「適用床面積:木造和室2畳」と書いてあります。

 何てこった!こんな非力な加湿器じゃ屁の突っ張りにもなりゃしない!…即、返品だなと外箱に戻そうとした時、ふとキャッチフレーズが目に留まりました。

加熱式加湿器のメリット
蒸気が衛生的 × 加湿能力が高い

100℃以上の加熱沸騰で水蒸気を上へと立ち上らせ、水をしっかり煮沸消毒するので、きれいな上記で効率よく部屋全体を加湿。また、室温の影響を受けづらいのでお部屋が寒くてもしっかり加湿し続けます。


 ほぉ、そうか。ならばリビングではなくて寝室にぴったりかも。

 そう思い直してタンクに水を入れ、その晩から使い始めたのですが…

 加熱式のせいなのでしょうか、けっこう耳障りなモーター音が夜通し鳴りっぱなし。しかも1ヶ月もしないうちに、タンクの底にピンク色のカビが生えてきました。

 蒸気が衛生的ってホントかいな? カビが生えちゃいましたけど…。

 気持ちが悪いので使用を中止して、改めてAmazonで探してみたら…あるんですね。中華製の安くてデザインもそこそこで高機能な製品が。

加湿器 大容量 4.5L
上から注水 アロマ 次亜塩素酸水対応 除菌 超音波式 卓上 静音 省エネ 38時間の連続運転 6畳-20畳


 お値段は税込み3512円。これは買うっきゃない!…さっそくポチして届いたのが、このズドンとしたボディの超音波式加湿器です。

2021022706.jpg

 上蓋を外して水を注ぎ、手前のダイヤルを弱→強に回してミストの量を調整します。

2021022707.jpg

2021022708.jpg

 最大にすると、結構な量の水分が霧状になって噴水のように吹き出します。

2021022709.jpg

 加熱式ではないためミスト自体は冷たいのですが、別に手をかざすわけじゃないので問題なし。モーター音もほとんど、というかまったくというほどしません。

 リビングの角に置いて丸1日、点けっぱなしにしてみました。すると、おお!湿度計の目盛りが徐々に上がってくるではないの!

 薪ストーブの上に置いたスチーマーとの併用で、何とかぎりぎり40%に届くところまでカバーできました。

 しかもタンクが大容量なので、1日1回の注水で十分。中華加湿器は優秀です。

 それにひきかえ、国産メーカー品の情けないこと。やっぱ、メイド・イン・ジャパンの時代は終わってしまったんだなぁ。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

超音波式はねぇ

超音波式のメリットは低消費電力「高効率」ということだけで
デメリットの方が多く家電メーカーもこの方式から撤退しています。
 具体的に言うと、水をそのまま霧状にするため、純水などでなければ
水に入っている成分がそのまま放出されます。
例を言えばその加湿器の周りをふき取ると微粉末状の粉が検出できると思いますが、
それ、つまり水の中のミネラルやカルシウム分が散布されてしまうのです。
 半面、加熱蒸発式はこのようなことがありません、但し機器内に湯垢「電気ポットの中につく固い固形物」
が残されるためメンテナンスが大変です。
 さらに直接水を噴射するため、原水が綺麗でないと雑菌類も拡散されます。
 加熱式は温度が高いので大抵の雑菌は死滅します。
よってピンク色のカビなど全く問題ありません。
 それを問題にするなら集合住宅やビル、マンションの高架水槽を問題にしなければならず、
上水道といえども大抵中は黒カビで真っ黒なのです。

 そんなわけで拝金主義の国が作った物ですから
飛沫が出ようが、ばい菌がばらまこうが「大丈夫、問題なナイヨー」で
済まされてしまうわけです。
 超音波してでも国産高級品は浄水カートリッジのついたものがあると聞いたことがありますが
未確認です。

Re: 超音波式はねぇ

そうなんですか!知りませんでした!
ちょっと使い方を考えてみます。

ありました

調べてみたらありました

除菌機能が付いているようです。
あとハイブリッド式というのもあり、
超音波式は新参メーカーのみで、あとは高級機に特化していました。
https://agripick.com/2211

Re: ありました

ありがとうございます!
今度、買ってみます。
プロフィール

あづみ

Author:あづみ


都会から安曇野の古民家に親子3人で移住しました。夏涼しく、冬は想像を絶する寒さですが、ハラを括って暮らせば何とかなるものです。

その後、縁あって畑付きの田舎家をゲット。現在は山中の古民家と里の家とを行き来する日々です。

安曇野に興味のある方、また古民家に暮らしたいと思っていらっしゃる方、よろしかったらお立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
本文検索キーワード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR