FC2ブログ

道祖神で振り返る2012年

 今年も晦日と大晦日を残すばかりとなりました。

 ワンパターンですが、安曇野名物の道祖神で今年1年を振り返ってみたいと思います。

1月
2012122901.jpg

2月
2012122902.jpg

3月
2012122903.jpg

4月
2012122904.jpg

5月
2012122905.jpg

6月
2012122906.jpg

7月
2012122907.jpg

8月
2012122908.jpg

9月
2012122909.jpg

10月
2012122910.jpg

11月
2012122911.jpg

12月

2012122912.jpg

 本年も、「安曇野の古民家に暮らす」にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 みなさまにとって、新しい年がよい年でありますように。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

テーマ : スローライフ
ジャンル : ライフ

名物おばあちゃんが大往生しました

 今年4月に「新鮮な野菜とおいしい空気が信州を死亡率最少にしている?」の項でご紹介した、94歳の現役農業おばあちゃんが、今秋、静かに息を引き取りました。

 亡くなる数日前まで家の前の畑に出て、草むしりをしていました。

 たまに私たちが様子を見にお邪魔すると、身長の3分の2ぐらいはある巨大な青首大根や、地元特産の野沢菜なんかを、

「これ、持って行きましょ(持って行きなさい)」

 と言って、抱えきれないほどいっぱいくださりました。

 ある日、畑に姿を見かけないのを心配した集落の人が家を覗くと、朦朧として布団に横たわっていたそうです。

 救急車が呼ばれて里の総合病院に運ばれました。

 おばあちゃんは大家族ですから、里に下りた息子や娘、孫たちがつぎつぎに駆けつけます。その頃には意識が戻って、ニコニコと相づちを打っていたそうです。

 そのまま、消え入るようにスーッと息を引き取ったということです。

 残念ながら私たちはお別れすることができませんでしたが、見事な大往生と聞いて、何と幸せな最期だろうと思いました。

 一緒に暮らそうという子供たちの誘いを断り、先祖伝来の家と畑とお墓を守って、亡くなる直前まで働き続けました。文字どおりの“生涯現役”でした。

 安曇野の大地と一緒に呼吸するようにして生き、生涯を終えたおばあちゃん。これでまた、山里が寂しくなります。

2012122901.jpg

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



テーマ : スローライフ
ジャンル : ライフ

トラクターの燃料も凍ってしまいました

 ここ数日間で、12月中旬にしては珍しい大雪が降り積もりました。

 連日、除雪車がうなり声を上げながら集落のあちこちを回っています。

 近隣の町道の除雪を任されているオジサンは、早朝3時半から作業をスタート。担当エリアを一周して戻ってみると、元の道に新雪がこんもりと積もっていたそうです。

 泣く泣くもう一周して戻ると、今度は先ほどより雪の嵩が増えています。やむなくさらに一周しても、路面はすでに雪だらけ。

 結局、その日は日没近くまでひたすら除雪車で雪掻きを続けたのだそうです。

 数日前には最低気温がマイナス10度を下回り、ご近所の農家ではトラクターの燃料まで凍ってしまいました。

 我が古民家は…あえて口に出しますまい。トホホの冷凍庫状態が続いております。

2012121601.jpg
七色大カエデも、ご覧のとおり

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。


テーマ : スローライフ
ジャンル : ライフ

愛知の古民家から貴重な古新聞が見つかったそうです

 中日新聞の電子版(2012年12月2日付)に「107年前の『新愛知新聞』発見 日進の古民家」という記事が載っていました。

 江戸時代の1769年に建造されたとされる愛知県日進市の木造平屋建て「市川家住宅」で、明治から昭和初期にかけての古新聞が多数、見つかったのだそうです。

 家の所有者が無人になった家の保存と活用を市に委ね、ボランティアが掃除をしていて発見しました。

 計73枚が、着物を入れる箪笥の敷物などに使われていました。日付はバラバラ。ほとんどが中日新聞の前身の「新愛知新聞」で、もっとも古いものは1905(明治38)年4月11日付でした。

 明治38年といえば日露戦争真っただ中。一面トップは「波艦隊来(きた)る」と題した評論で、バルチック艦隊の勢力分析や航海目的に関する考察が書いてあったそうです。

 当時の「新愛知新聞」はほとんど散逸してしまい、中日新聞社にもあまり残っていないようです。大変、貴重な発見なのでした。

2012120801.jpg
1924(大正13)年の「新愛知新聞」。「名古屋十名所」を選定しています。

 そういえば、我が家でも引っ越し当時、屋根裏や朽ち果てかけた長持ちの底から日付の古い昔の新聞がわらわらと出てきました。

2012120802.jpg

2012120803.jpg
我が家でも、屋根裏の土壁に古新聞が貼ってありました。

 大部分が信濃毎日新聞だったように記憶しています。たしかいちばん古いものは昭和30年代の紙面でした。完成したばかりの東京タワーの見聞録が載っていました。

 どれも穴だらけでボロボロ。さっさと捨ててしまいましたが、その際、ちょっと拾い読みしただけでもタイムカプセルを開いたようなワクワク感があったのを覚えています。

 古民家と古新聞…日本中の古民家を総ざらいしたら、きっとまだまだ出てくるんでしょうね。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。


テーマ : スローライフ
ジャンル : ライフ

おサル対策で柿の実を採っていたら、干し柿が増え続けて…

2012120101.jpg


 我が家の周囲には柿の大木が何本もあります。

 以前はきちんと剪定されていたようですが、農家の担い手がいなくなって、ここ十年以上、まるっきりほったらかしの状態です。

 上背ばかりが伸びてしまい、下枝がなくなって手の届く範囲には実がなりません。そんな役立たず?の柿の木が、何千という数の実をつけています。

2012120103.jpg

 柿の実目当てにおサルが集まってくるので、採れる実はどんどん採ってくれないかとご近所のみなさんに言われ、微力ながら私たちも高枝切りバサミでせっせと収穫しています。

2012112802.jpg

 採った実は干し柿にして縁側にぶら下げています。今年も食べきれないほどの干し柿ができちゃいそうです。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



テーマ : スローライフ
ジャンル : ライフ

プロフィール

あづみ

Author:あづみ


都会から安曇野の古民家に親子3人で移住しました。夏涼しく、冬は想像を絶する寒さですが、ハラを括って暮らせば何とかなるものです。

その後、縁あって畑付きの田舎家をゲット。現在は山中の古民家と里の家とを行き来する日々です。

安曇野に興味のある方、また古民家に暮らしたいと思っていらっしゃる方、よろしかったらお立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
畑 (0)
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
本文検索キーワード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR