fc2ブログ

庭のアーチにイルミネーション・ライトを取り付けてみた

 もうじきクリスマス。

 日がとっぷり暮れると真っ暗闇になってしまう我が家の庭に、せめてこの時期ぐらいピカピカ光るイルミネーション・ライトが欲しいな...そう思ってネットで探すと、ソーラーパネルで自家発電するという屋外用ライトが見つかりました。

LED イルミネーションライト
ソーラー/USB充電可能 IP65防水 200電球 22m 8点灯モード 夜間自動点灯(ウォームホワイト)
2068円(税込)

ソーラーパネルも従来のソーラーより、内蔵バッテリーの容量を800mAhから1200mAhにアップグレードしました。


 全長22メートルの豆ライトがソーラーパネル付きでこのお値段...ちょっと安過ぎるような気もします。耐久性は大丈夫なんでしょうか? 少々、不安でしたが、まあ季節物だしすぐに点かなくなってもいいか、と納得して購入しました。

 届いたのがこちらの小箱です。

2023122001.jpg

 中身は束になったランプとソーラーパネル、地面に差し込んで使うステイ、充電用のUSBケーブル、壁に取り付けるためのネジ一式、そして日本語マニュアルも付属しています。

2023122002.jpg

 ランプは白熱灯カラーのLED。9センチ間隔で計200個付いています。かなりのボリューム感です。

2023122003.jpg

 で、こちらが本体にあたる20センチ四方のソーラーパネル。使い始めは蓄電量が足りないので、数時間、USBケーブルにつないで充電しました。

2023122004.jpg

 パネルの裏を返すと電源ボタンとモード切り替えボタンが付いています。緑色のボタンを押して、8通りある点滅パターンから好みのタイプを選ぶようになっています。

2023122005.jpg

 早速、ヤマブドウを這わせているアーチに絡めてみました。

2023122006.jpg

 ケーブル長が22メートルもあるため、余裕で3重に渡すことができました。

2023122007.jpg

 足下にステイを差して本体を固定します。パネルは南東方向に合わせました。

2023122008.jpg

 日が暮れると共にランプが点灯して、日中はヤマブドウの蔓に隠れて形がわからなくなっていたアーチが、くっきりと姿を現しました。

2023122009.jpg

 そして夜。お、狙いどおり良い感じにピカピカ光っています。夜通し点滅して、日の出とともに自動的に消灯しました。

2023122010.gif

 普通に使えることがわかったので翌日もう1セット買い足して、庭の入口にある別のアーチにも取り付けました。

2023122011.gif

 いい感じです。イルミのおかげで闇夜に完全に沈んでいた庭の奥行きが、夜目にもわかるようになりました。これでもう、つまずく心配がありません。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アジサイがいっぱい

2023072201.jpg

 アジサイの季節ですね。

 遠目にも派手で花持ちが良く、寒暖差や病害虫に滅法強い植物で、ほぼメンテナンスフリーなところがモノグサな私たちにはうってつけです。

 毎年、園芸店やホームセンターで売れ残ったアジサイの鉢を安値で買ってきては、せっせと庭に下ろしてきました。

2023072202.jpg

 6年ほど前からは、空き地に咲いているアジサイの若葉を頂いて、挿し木もするようになりました。

2023072203.jpg

 こんなふうに大きな2枚の葉っぱを真ん中あたりでバッサリ半分にカットします。余分な水分を蒸発させないための加工です。

2023072204.jpg

2023072205.jpg

 加工したら1時間ほど水を吸わせ、鹿沼土を入れた植木鉢に挿しておしまい。明るい日陰で水遣りを欠かさないようにすると、3~4週間で発根します。

2023072206.jpg

2023072207.jpg

2023072208.jpg

 育てた苗を庭に植えたところ、今では一重、八重、ガクアジサイ、カシワバアジサイ...さまざまなタイプのアジサイが咲き競うようになりました。

2023072210.jpg

2023072209.jpg

2023072211.jpg


 そんな中で、今、私たちのいちばんのお気に入りがこちら。「紅(クレナイ)」です。

2023072212.jpg

 一重のガクアジサイで、咲き始めは白いのですが徐々にピンク色に染まって、やがて真紅に変わります。ヤマアジサイらしい楚々とした姿が見飽きません。

2023072213.jpg

2023072214.jpg

 最近は変わった形の花を付ける改良種や西洋種が増えてきましたが、このクレナイは意外にも天竜川上流の静岡県・長野県境で発見された天然種なんだそうです。

 飯田市で栽培され、一般に知られるようになりました。信州ならではの可憐なアジサイですね。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。







 

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

オマケで貰ったユリがゴージャスな花束に大化け

2023071201.jpg

 庭の真ん中あたりにニョキニョキと伸びてきたユリが、大輪のド派手な花を咲かせています。

 数年前、安曇野市内の園芸店で庭木の苗をいくつか買い求めた際、レジのおばちゃんが、

「これ、オマケしときます」

 と、買い物袋に入れてくれた1個の球根から、ここまで育ちました。

 庭の空きスペースに適当に直植えしたところ、翌年の梅雨時、スルスルと真っ直ぐに立ち上がり、茎の先端にピンク色の花を2輪ほど付けました。

 その後も放ったらかしで肥料など一切、与えていませんが、気づいたら主幹が2本に増え、それぞれの茎先にわらわらと花が咲くようになりました。

 今年も高さ1メートル30センチほどにまで生長しています。先端部分はご覧のようにゴージャスな花束状態です。

2023071202.jpg

 そばを通るだけで、むせ返るような強烈な芳香が押し寄せてきます。

 病気知らず虫知らずで言うことなしの花なんですが、じつは園芸店のおばちゃんから剥き出しの球根をポン、と手渡されたため名前がわかりません。

2023071203.jpg

 グーグルレンズを使って写真をもとにググってみたら「オリエンタルリリー・テーブルダンス」という大輪種のユリだとわかりました。「花の径25センチ超のギガジャンボ種」などと謳っているショップもあります。

 現在の球根のお値段は1個500~800円ぐらい。寒さにも病害虫にも負けない強靭なユリです。

 結構なものをオマケにしてくれたんだな、と遅まきながら思い知りました。花屋のおばちゃんに感謝しなくてはいけませんね。

2023071204.jpg



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

これは使える!家庭用ウッドチッパー

 先日、2台目のコンポストを安曇野市の「生ごみ処理機器等購入費補助金」を利用して購入しましたが、その際、同じ市のホームページを見ていたら「草木粉砕機」も対象と書いてありました。

 草木粉砕機とは伐採した枝葉を刃で粉砕してウッドチップにしてくれる機械のこと。剪定して出た植物の枝葉はいわゆる”生ゴミ”ではありませんが、嵩張るし簡単には燃えないしで処分に困ります。

 我が家では敷地の外れに積んで乾燥させ、一部は薪ストーブの焚付に再利用しています。ですが大部分は時間をかけて土に還るのを待つ形になります。

 せっかくなら捨てずにウッドチップにして庭木や畑のマルチング、小径の雑草避けのグラウンドカバーにでもできたら、とは思っていたんですが、生ごみ処理の補助金が使えるならもってこい。早速、ネットで良さげな製品を探してみたら、ありました。

京セラ(Kyocera) 旧リョービ ガーデンシュレッダ GS-2020 669050A 【ギヤ式の刃で剪定した枝木を低騒音で粉砕】 太い枝木の粉砕 最大粉砕径30mm 質量19.8kg 過負荷を防ぐ安心機能付  32,864円


 ちょっとお高いですけど、補助金が1万円付くので正味2万3000円弱で手に入ります。ならばと購入しました。

 届いたダンボールを開梱して中身を並べたのがこちらです。付属の工具でタイヤを固定し、チップを溜めるプラスチックの容器を本体に差し込んで、あっけなく完成。

2023070801.jpg

2023070802.jpg

2023070806.jpg


 業務用のエンジンタイプの製品に比べると小ぶりで、パワーもそこそこなんでしょうが、AC電源を挿せば即、使えるのが便利です。

 ON/OFFボタンの他に、木が詰まったときにモーターを半回転させて取り出すための切り替えスイッチと、過負荷がかかって停止した際に再起動するブレーカーボタンが付いています。

2023070803.jpg

 枝葉は挿入口に垂直に立てて差し込みます。最大直径3センチまでですが、3センチの枝というのは結構太くて、そこまで処理できるなら十分という印象です。我が家の場合、3センチを超える枝は玉切りして薪ストーブの燃料にするので問題ありません。

2023070804.jpg

2023070805.jpg


 さっそく試運転。最初に枯れ枝を入れてみました。スイッチをONにして挿し込むと、力を加えなくてもどんどん吸い込まれていきます。オフィスのシュレッダーとまったく同じ仕組みでした。

2023070807.jpg

 枝から外れた小枝や枯れ葉など内部のカッターに届かないものは、付属の平板で押し込んでやるとバリバリと容赦なく切り刻んでくれます。

2023070808.jpg

 こちらが処理後、プラケースに溜まった破片。きれいなウッドチップができています。

2023070809.jpg

 続いて生い茂った生木を突っ込みます。

2023070810.jpg

 青葉が混じって野草茶みたいになりました。

2023070811.jpg

 それにしても、挿し込んだ先からどんどん処理してくれるパフォーマンスの高さには正直、驚きました。スピードもパワーも十分。

 こういう環境循環型のデバイスに公が補助金を出してくれるのは、ありがたいことですね。

 ちなみに市役所に問い合わせると、この補助金は年度はじまりの4月に満額でスタートして、予算を使い切ったところでその年分が終了するそう。今なら確実に余っているはずなので、ウッドーチッパーの導入を検討されている方は、お早めに!

2023070812.jpg



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

<安曇野>の花が満開です

2023062501.jpg

 今年も、ここ安曇野の名前を冠した一季咲きの小バラ<安曇野>が満開になりました。

 4年前、オープンガーデンでお邪魔したお宅の庭先に咲き乱れていた小さなピンクのバラの、楚々とした一重の佇まいに心惹かれ、小枝を10本ほどカットして頂いて帰りました。

2023062500.jpg

 挿し木して苗を育て庭に植えたところ、翌年の梅雨に初めて花を付けました。去年には1メートルほどの立派な株に成長しました。

 こちらが1年前の株です。

2023062502b.jpg

 それからちょうど1年。さらに一回り生長して花数も倍増しました。ぐっとボリューム感が出てきた印象です。

2023062502.jpg

 一輪の大きさは2.5センチほど。花弁の先は濃いピンクで、花芯に向かって色が抜けていきます。中心付近の白い花びらをバックに、鮮やかな黄色の蕊(しべ)がちまちまとまとまっています。

2023062503.jpg

 梅雨時の湿った空気に乗って微かな香りが周囲に漂うのが奥ゆかしく、夏の訪れが近いことを知らせてくれる花です。

 一般にバラは繊細で、少しでも構ってやらないとすぐに葉が萎れたり虫に食われたりしますが、<安曇野>は病害虫に滅法強いのが魅力。

 薬剤など一切撒かなくても黒点病うどん粉病に罹りません。肥料も与えず、ここまで大きく育ってくれたんですから感無量です。

 一枝摘んでトイレの一輪挿しにしてみました。

2023062504.jpg

 雨続きで薄暗かった室内がフワッと明るくなったようです。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

紅白のつるバラが満開です

2023061401.jpg

 入梅の少し前から庭のバラがつぎつぎに咲き始めました。

2023061402.jpg

 玄関脇に植えた紅白のつるバラは今が満開です。冬の間に剪定とツルの誘引をした甲斐あって、大輪の花がたくさん付きました。

2023061403.jpg

 こちらは去年、元気がなかったサハラ98という品種。黄色い花弁が時間の経過とともにオレンジ→ピンクへと色変わりします。今年は温暖なせいか花芽が多く付き、順調に開花しています。

2023061405.jpg

2023061404.jpg

 そして間もなく、私たちが大好きな<安曇野>という名のミニチュアつるバラが咲き始めます。小さなピンク色の花がびっしりと咲き並ぶ姿が、今から楽しみです。

2023061407.jpg



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

安曇野に今年も咲いた<安曇野>

2020030703.jpg

 3年前、オープンガーデンでお邪魔したお宅の庭先に咲き乱れていた小さなピンクのバラ<安曇野>。楚々とした一重の佇まいに心惹かれ、小枝を10本ほどカットして頂いて帰りました。

 挿し木して苗を育て庭に植えたところ、翌年の梅雨時に初めて花を付けました。当時の背丈はわずか20センチあまり。でも、たった1年でしっかり開花してくれたのには感激しました。

 それから2年が経ち、10本の苗はそれぞれ1メートルほどの立派な株に成長しました。

2022062502.jpg

 花数も目に見えて増え、特にこの1年は株としてのボリューム感が急にアップしたように見えます。

 耐寒性が強いという触れ込みの栽培種の中には、安曇野の冬に負けてあっけなく枯れてしまうものも少なくありません。

 その点、<安曇野>は北アルプスの寒冷な気候に最適化していて、年々、確実に生長を続けています。

 <安曇野>を作出したのは、ローズ・ブリーダーの小野寺 透さんです。1968年、<のぞみ>という小さな枝垂れバラで育種家デビューを飾りました。

 <のぞみ>は海外でも広く愛好され、交配親としてもその後、多くのバラの誕生に使われました。

 ちなみに<のぞみ>とは、太平洋戦争で幼くして亡くなった小野寺さんの姪のお名前。平和への願いを込めた入魂の作品だったのです。

 それから15年後の1983年、恐らくはローズ・ブリーダーとして円熟期を迎えていた小野寺さんが世に送り出したのが<安曇野>。デビュー作<のぞみ>を彷彿とさせる和風のバラでした。

2022062505.jpg

 一季咲きのつるバラで、小ぶりな枝に明るいピンク色の花をたくさん付けます。

2022062503.jpg

 一輪の大きさは2.5センチほど。花弁の先は濃いピンクですが、花芯に向かって色が抜けていきます。そして中心付近の白い花びらをバックに、鮮やかな黄色の蕊(しべ)がちまちまとまとまっています。

2022062504.jpg

 <マリー・アントワネット>や<イングリッド・バーグマン>などの大輪で華麗な西洋バラに比べると、いかにも淡白で和風な印象です。

 そしてごく控えめな香り。

 争いを避け、和を貴ぶ日本人の心情に響く<安曇野>は、ローズ・ブリーダー小野寺さんの平和への想いを今なお伝えているようです。

2022062501.jpg



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

お、こいつは便利!ハンディチェーンソーは使い勝手バツグンです

 庭木の手入れをしていると、チェーンソーを使いたくなることがたびたびあります。

 背丈より上に伸びた太い枝は、ノコギリで払うには辛すぎます。

 脚立に乗ってチェーンソーで一気に...とも思うのですが、チェーンソーを顔より上に上げて振り回すのは危険だし。

 かと言ってプロにお願いしたら、それなりの手間賃が発生します。

 何か良いツールはないかな?...と探していたら、「ミニ4インチ 小型軽量 充電式 電動チェーンソー」なるものを発見。一式で7,580円のところ6,780円にディスカウントしていたので試しに購入してみました。

2022052801.jpg

 届いたのがこちらです。布バッグに本体とバッテリー、充電器、替刃2本と工具、油差しが入っていました。

2022052802.jpg

2022052803.jpg

 バッテリーを本体の下にセットすると、重みで安定して自立します。

2022052804.jpg

2022052805.jpg

 ソーチェーンの上に安全カバーが付いているので、稼働中にうっかり触れて怪我する心配もなさそうです。

2022052806.jpg

 直径4インチ(約10センチ)のソーチェーンには小さな刃が数珠つなぎになっていて、直径15センチぐらいの木材ならたちどころに切断するようなことが書いてありました。

2022052807.jpg

 ただし、レギュラーサイズのチェーンソーとは異なるのが潤滑用のオイルの差し方。本体にオイルタンクが無く、使用前にこんなふうにして刃に油を垂らす必要があるんですね。

 しかも立木を剪定するときには機械油はご法度。添付のマニュアルには「ボタニカルオイルを使用せよ」と書いてあります。ボタニカルオイル? 何のこっちゃ?と思って調べてみたら植物由来のオイルのことでした。

 ちょうど手元に消費期限切れのえごま油が残っていたので、そいつを油差しに入れて使うことにしました。

2022052808.jpg

 さっそく試し切り。庭の真ん中で今年、突如、立ち枯れてしまったプラムの木を処理します。

2022052809.jpg

 脚立に乗って手を斜め上に伸ばし、やや太い枝にハンディチェーンソーを当てて人差し指で電源スイッチを押し込むと…。

2022052810.jpg

 おお! キュイーーン! 軽快な音とともに木屑が飛び散り、ものの数秒ですっぱり切断できるじゃありませんか。

2022052811.jpg

 バッテリー装着時の重量が1.1キロなので、連続して使ってもほとんど疲れません。軽くて切れ味はスタンダードのチェーンソーと変わらず。これは便利です。

 まず先端の小枝を払い、中位の枝は薪サイズの40センチ間隔にカットしていきました。

2022052812.jpg

 ざっとここまで刈り込んだところで、後は普通のチェーンソーに持ち換えて伐採。薪一山と収穫コンテナ8杯分の焚き付け用の木っ端が出来上がりました。

2022052813.jpg

2022052814.jpg

 軽いし安全だしで、使い勝手は抜群。問題は耐久性能ですけど、まあ中華製なので正直期待はできません。

 せっせと使いのめして壊れる前に元を取ってやろうと思います。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

春は馬糞に乗って

2022040601.jpg

 3年前、ご近所の会員制乗馬クラブ「あづみの乗馬苑」に伺って発酵醸成中の馬糞を5袋、頂きました。

 家で半年ほど寝かして庭のバラに与えたところ、翌年驚くほどたくさんの花が咲いたんですね。

 なんでも馬は咀嚼が粗いうえに結腸が短くて、糞に有機物がいっぱい残るんだそうです。

 それを十分熟成させると有用微生物が育ち、土壌の物理性改善を促進する最高品質の堆肥になるんだとか。

 窒素やリン酸、カリウムなども豊富に含まれ、バラなどの成長に威力を発揮するようです。

 そんなスーパーウ◯コを頂戴しに今年もあづみの乗馬苑を訪ねました。

 チリひとつない敷地の向こうにおしゃれなデザインの厩舎が建っています。数頭の馬が日光浴の最中でした。

2022040602.jpg

 こちらのガレージ風の建物が、内部に設置した大型コンポストで馬糞を発酵させている堆肥場です。

2022040603.jpg

 出来上がった馬糞堆肥がベルトコンベアから手前に落ちて堆(うずたかく)堆積しています。

2022040604.jpg

 それを鍬で鋤(す)いて軟らかくなったところをスコップで掬(すく)い、持参した袋に詰めていきます。

2022040605.jpg

2022040606.jpg

2022040607.jpg

 水気が抜けてさらさらした堆肥で、まったくと言っていいほど臭いません。

2022040608.jpg

 全部で10袋、口までいっぱいに詰めて軽ワゴンに積み込みました。ざっと200リットル以上はありそうです。

2022040609.jpg

 通販サイトで馬糞堆肥のお値段を調べると、20リットルで1000円前後しています。ということは、これだけでウン万円のお宝。ありがたく持ち帰り、ガーデニングと野菜作りに使わせていただこうと思います。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

庭の<安曇野>を一輪挿しに

2021063002.jpg

 2年前、オープンガーデンでお邪魔したお宅の庭先に咲き乱れていた小さなピンクのバラ<安曇野>。楚々とした一重の佇まいに心惹かれ、小枝を10本ほどカットして頂いて帰りました。

 挿し木して苗を育て庭に植えたところ、昨年の梅雨時に初めて花を付けました。当時の背丈はわずか20センチあまり。でも、たった1年でしっかり開花してくれたのには感激しました。

 それからさらに1年が経ち、10本あまりあった小枝はそれぞれが50センチから1メートルほどの立派な株に成長しました。

2021063001.jpg

 花数も増えて、花弁のピンクが一段と色濃くなったように感じます。

2021063003.jpg

 咲き始めたばかりの元気な1枝を摘んで、トイレの一輪挿しに活けてみました。

2021063004.jpg

 春の花のように朗らかな雰囲気のバラです。周囲がパッと明るくなりました。

2021063005.jpg



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  





テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

プロフィール

あづみ

Author:あづみ


都会から安曇野の古民家に親子3人で移住しました。夏涼しく、冬は想像を絶する寒さですが、ハラを括って暮らせば何とかなるものです。

その後、縁あって畑付きの田舎家をゲット。現在は山中の古民家と里の家とを行き来する日々です。

安曇野に興味のある方、また古民家に暮らしたいと思っていらっしゃる方、よろしかったらお立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
本文検索キーワード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR