薪の即売会で原木を買い損なう

春の薪まつり開催

薪づくりの季節がやって来ました!
新シーズンに向けて薪づくりを始めましょう!

の即売会
早い者勝ちの即売会開催!かなりお買得です!


 こんなチラシが送られてきました。昨秋、オークションで薪を買った
山風舎
さんからのDMです。

 朝晩はまだストーブを焚いているのに、もう来シーズンの薪の手配をしなけりゃいけないとは…。気が早いと言いましょうか、超スローな話です。

 ですが、切りたてのホヤホヤの原木が手に入るんだったら、今のうちにツバをつけておきたいのも山々。

 ということで、ひとまず会場に出かけてみることにしました。

2018042101.jpg

 30分前に到着したところ、なんと! すでに20人の先客が一列に並んでいるじゃありませんか。

 寒風に震えながら開始時間を待つことになりました。

2018042103.jpg

 会場の周囲は、薪割り済みの広葉樹・針葉樹が種類別にケージに収められ、積んであります。

 広場の真ん中には、切り出したばかりの原木が数本ずつ山になって転がっています。

2018042102.jpg


 原木 ナラ 約1.5t 25000円

 といった感じで札が掛かっていて、欲しい人はそれを頼りに手を挙げるわけです。


 午前11時に受付がスタート。すると、最初の7~8人ぐらいで原木はあっけなく売り切れてしまいました。

 21番目の私たちが買えるのは、玉切り済みの(=割ってある)薪だけ。当然、加工の手間賃が乗っている分、原木より割高です。

 それでもホームセンターなんかで売っている薪に比べたら半値近いわけで、お得であることに変わりはありません。

 とりあえず、広雑(広葉樹の雑木)2万2000円を2ケージ、針葉樹1万8000円を1ケージ、注文しました。

2018042104.jpg

 後日、自宅にトラックで運搬してもらい、露天で晩秋まで天日干しにします。まだ一冬分には不足しているので、原木探しも続けようと思っています。

2018042105.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

よ~くわかりました。薪ストーブには温度計が必需品だってこと

2017121601.jpg

 薪ストーブ初心者の私たちにとって、悩みの種は“火加減の調節”です。

 焚き付けから薪に火を移してよく燃やし、炉内を一定の温度に保つのが正しい薪ストーブの使い方なんですが、これが必ずしもうまくいきません。

 いくら薪を足してもなかなか温度が上がらず、ヘンにくすぶっているうちに、煙突の継ぎ目から茶褐色の粘っこい液体がポタポタ垂れてくることがあります。

2017121602.jpg

 これ、炭焼きの時に出る「木酢液(もくさくえき)」なんです。要は低温過ぎて薪が木炭状態になってしまっているんですね。

 室温が上がらないうえに煙突が汚れるので、ダメダメです。

 反対に、薪が完全燃焼して一気に温度が上がる場合も。しめしめ、うまく燃えたぞと喜んだのも束の間、今度はたちどころにになってしまってあっけなく燃え尽きたりします。

 簡単で確実なストーブの温度管理法はないものか?…と思っていたところ、地元のストーブ専門店・山風舎で無料の薪ストーブ講習会が開かれていたので、ちょっと覗いてみました。

2017121603.jpg

 30分間ほどのレクチャーでしたが、とてもシンプルな“秘訣”を教えてくれました。

 それはストーブ用の温度計を使えば大丈夫ってこと。

 薪ストーブの上に温度計を置いて火を熾したら、なるべく素早く温度を「適温ゾーン」まで上げるようにする。「適温ゾーン」に達したら、薪は自ずとゆっくり燃焼するので火加減が安定する…とまあ、拍子抜けするくらいやさしいアドヴァイスなのでした。

 本当にそんなにうまくいくのかねぇ?…半信半疑でしたがネットでCondar 薪ストーブ用 温度計(3000円)を買ってみました。

2017121604.jpg

 焚き付けに火を付けたら、針葉樹などの燃えやすい薪に火を移して一気に炉内を温めます。

2017121605.jpg

 温度計の目盛りが「適温ゾーン」(私たちが手に入れたものでは「OPTIMAL」と書いてある白帯のゾーン)に入ったら、あとは薪を少しずつ足していくだけ。

2017121606.jpg

 これまでとやっていることは大して変わらないはずなのに、「適温ゾーン」を気にしながら薪を継ぎ足すだけで炎が安定し、火持ちも格段によくなったから驚きです。

 薪ストーブの火加減にお悩みの方は、お試しください。

2017121607.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

薪運びのすぐれもの「MORSO(モルソー)ログキャリー」

2018021401.jpg

 薪ストーブの燃料は、言うまでもありませんが40cmぐらいに輪切りにした薪=材木です。

 冬の間は、こいつを絶やさないように炉の中に追加していかなければいけません。

 当座の薪はストーブの脇にバケツを置いてそこにストックしておきます。

 バケツの薪がなくなったら、母屋の外のログラックから一杯分の材木を運び入れます。

 バケツ一杯分ですから運ぶこと自体は重労働でも何でもありませんが、問題は薪の“持ちにくさ”なんです。

 チェーンソーと斧で切ったり割ったりして作る薪ですから、形はバラバラ。束にして抱えても、脇の間からポロポロこぼれ落ちたりします。

 また材木の表面がささくれ立っていて、素手で触るとトゲが刺さりますし、服が木屑まみれになってしまいます。

 そこで、ログラックからファイヤーサイドまでの“ラスト10m”を運ぶのに便利なグッズはないものか?…と探したら、ありました。

「MORSO(モルソー)ログキャリー」。3500円前後で販売されていました。

2018021401.jpg

 これ、デンマークの薪ストーブメーカーが作っている薪専用の運搬グッズなんです。

 ご覧のように広げるとフンドシ状の強化化繊布で、両端に木製の持ち手が付いています。

2018021401.jpg

 広げた「MORSO(モルソー)ログキャリー」に、ログラックから適量の薪を並べて置きます。

2018021401.jpg

 左右の持ち手を合わせて握れば、このフンドシが即席のキャリーに変身するというわけ。

2018021401.jpg

 手を傷つけたり服を汚すことなく、戸外に置いた薪を室内に運べるアイデア商品。小さく畳んでおけるのも便利です。

 痒いところに手が届く優れたグッズです。さすが専門メーカーのアクセサリだけのことはありました。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

スキレットを使って薪ストーブでピザ作りに挑戦!

2018021001.jpg

 薪ストーブで料理をしてみたくてスキレット(フライパン)を買ったことは、前回、書きました(→スキレットをシーズニングしました)。

 手に入れたのはLODGE(ロッジ)社製の直径22cmのスキレット。焦げ付き防止のために事前に何度か油を塗って空焼きしました。さあ、準備万端です。

 何を作ろうかな?やっぱり最初に焼くならピザだろうな…というわけで、出来合いのピザ生地を買ってきて手っ取り早く“試し焼き”してみることに。

 一般的なピザは直径28cm前後ですが、我が家の薪ストーブはバーモントキャスティングス社製のアスペン(ASPEN)という小ぶりな製品です。

 炉の内部が狭く、28cmのフライパンは入りません。

 そこで22cmのスキレットを購入しました。アスペンの炉の内径にぴったりです。

 スーパーでスモールサイズのピザ生地を探すと、

デルソーレ
手のばし生地
イベリコ豚とろける
厚切りベーコンピザ

デルソーレ
手のばし生地
カマンベールとろける
4種のチーズピザ

の2種類があったのでゲット。ピザのくせに横長で一見、ナンみたいですが、2分の1に切るとちょうど22cmのスキレットに納まります。

2018021002.jpg

 薪ストーブの火を200度に下げ、木炭のように真っ赤に熾きた火の上にスキレットを載せてガラス扉を閉めました。

2018021003.jpg

 焼き上がりの時間がわからないので、目検討で10分間ぐらい置いて扉を開けると、あらま!見事に焦げてしまいました。

2018021004.jpg

 そこで今度はストーブの温度を150度まで下げ、4分間で取り出してみたのが、こちら。

2018021005.jpg

2018021006.jpg

2018021007.jpg

 生地がカリカリッと焼け、チーズもとろ~り。バジルの葉を載せていただきました。

2018021008.jpg

 なんという美味しさ!本格的な石釜で焼くピザ屋さんに勝るとも劣らない風味です。

 しかもカップラーメン並みの短時間で超簡単に作れちゃうんですから、言うことありません。

 初めて薪ストーブで得した気分になりました。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  





テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

原木を“馬”に乗せて薪作りをスタート!

2018122701.jpg

 もろもろ準備が整ったので、薪ストーブ用の薪作りの第一歩=丸太の“玉切り”をスタートしました。

 原木の加工は晩秋から初冬にやるのがいいと聞き、庭に転がしておいた間伐材や立ち枯れた広葉樹をまとめて処理することに。

 組み立てたSTIHL社製の「玉切り用馬」を薪置き場に引っ張り出して、丸太を1本ずつ、横に寝かして固定します。

 チェーンソーを当てたとき丸太が暴れないように、付属のゴムロープで馬に固定して準備完了です。

 あらかじめ40センチにカットしておいた小枝をメジャー代わりに原木に当て、目見当でカットする部分を決めたら、電動チェーンソーの刃を垂直にあてがいます。

2018122702.jpg

 体重を懸けると、切断後、チェーンソーが勢い余って玉切り馬まで切ってしまうので、手加減が必要だということがわかりました。

 すぐにコツを覚え、1時間ほどでログラック半分ぐらい(約30束相当)の薪を切り出しました。

2018122703.jpg

 いやぁ、これは便利。おまけに速い!

 ようやく薪ストーブ暮らしの根っこのところが固まったような印象です。

2018122704.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

薪割り用の“玉切り馬”を組み立てました

 斧も買ったし玉切り用の電動チェーンソーも用意したし(→ハスクバーナの電動チェーンソーを購入しました)、後はひたすら薪作りだね!…と、意気込んでいたところ、じつはもうひとつ足りないものがあることに気づきました。

 それは、玉切りの際に原木を固定するための“台”。薪割り用の“玉切り馬”なんて呼ばれている専用台です。

 慣れた人なら、地面に転がした原木をその場でサクサク輪切りにできるそうですが、私たちのようなズブの素人が真似すると、チェーンソーの刃を地面に擦って一発でダメにしてしまいます。

 そこで、原木を台の上に水平に寝かして、製材所で製材するような要領でタテにカットしていく必要があるんですね。

 ネットで調べると、世間のみなさんはこの“玉切り馬”をホームセンターで材料を買ってきて自作していらっしゃいます。

 しかし、玉切り経験のない私たちには、図面もなければ作り方のコツもわかりません。

 やむなくネットショッピングで出来合いの玉切り馬を探しました。

 手頃なお値段で買えるのは、こちらのSTIHL社製の「玉切り用馬」一種類のみでした。木製で、お値段は9000円ちょっと。

2018012004.jpg

 選択の余地もないので、取り急ぎ注文しました。

 届いた荷物を紐解くと、ご覧のような木製パーツとボルト、ナット、ワッシャーがパックされていました。

2018012001.jpg

2018012002.jpg

 同梱の組み立てマニュアルは、A4判1枚のペラペラな紙。簡単なイラストで図解してあります。
2018012003.jpg

 IKEAの家具に付いてくるマニュアルとよく似ています。

 案外わかりやすく、20分ほどで幅80センチ弱、高さ85センチの“馬”が完成しました。

 かなり軽量な木材でできているため、重量はたったの6.5キロ。片手でひょいと持ち上げられます。

 こんなに軽くて大丈夫かな?とちょっと心配になりましたが、試しに丸太を載せてみて納得。原木の重みでしっかり安定するんですね。

 さあ、今度こそ準備が整いました。明日はいよいよ、丸太の玉切りにチャレンジです。

2018012005.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

スキレット(フライパン)をシーズニングしました

2018012909.jpg

 薪ストーブで調理をしてみたくて、LODGE(ロッジ)のスキレット(フライパン)を購入しました。

 直径22cm。キャストアイアン(鋳鉄)製の、ずしりと持ち重りのするフライパンです。

 アウトドア専門店で3000円ちょっとで手に入れました。

 見るからに蓄熱性能が高そうです。それもそのはず、ダッジオーブンと同素材なんですね。

 数年前から愛用している我が家のダッジオーブンは、使い込むほどに油の乗りが良くなって、中身が焦げ付くことがありません。

 じっくり火は通るし、完成した料理が冷めにくいのも特徴です。

2018012910.jpg

 ただ、買ってきたばかりのダッジオーブンには、表面の微小孔を食油で埋める「シーズニング(慣らし)」が必要です。

 これを端折(はしょ)ると、焦げ付いたり焼け具合にムラができたりの“駄目メオーブン”になってしまいます。

 何事も最初が肝心です。面倒でもシーズニングだけはきっちり済ましておこうと思い、LODGEのホームページで確認しました。すると、

「LODGE製品は手間のかかるシーズニングを工場で行ないます」

 と書いてあるではありませんか。

 な~んだ、シーズニングしなくていいんだ。ラッキー!

 一旦はそのまま火に掛けようとしたのですが、念のためアウトドアオタクの友人に聞くと、

「そうは言ってもアメリカ製品だからねぇ。工場で大量にまとめて加工しているわけでしょ?下ろす前にシーズニングしといたほうが無難だよ」

 と言われちゃいました。

 そんなわけで、ダッジオーブンと同様、今回もシーズニングに挑戦することと相成った次第です。

 最初にガスコンロで空焼きします。本体が冷えたところで、植物油を垂らし、キッチンタオルで表面から底、柄までしっかり油を塗り込みます。

2018012908.jpg

2018012908.jpg

2018012908.jpg

2018012908.jpg

2018012908.jpg

 ふたたびコンロで空焼き。これを4~5回、繰り返したら、野菜の切れっ端を炒めて、金気を吸着して完成です。

2018012908.jpg

 作業前にはフラットな感じだったスキレット表面が、シーズニング後、ご覧のように黒光りしてきました。

2018012908.jpg

 全体に油が行き渡って、いい感じです。

 さて、薪ストーブで何を作ろうかな?

2018012908.jpg



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




 
 

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

ハスクバーナの電動チェーンソーを購入しました

2018011007.jpg

 薪割り用の斧は購入したものの(→買ったばかりの薪割り斧の刃がガビガビ過ぎる!)、よくよく考えてみたら、その前に原木を適当な長さに輪切りにする必要があります。

 林業用語で「玉切り」というそうですが、これにはチェーンソーが不可欠です。

 「玉切り」は、チェーンソーのエンジンを大吹かしして、ガンガン切り刻んでいく“男の世界”なんですけど、実際やってみるとエンジン音がかなり騒々しいうえにボディは重いし、そもそもスターターのヒモを引っ張ってエンジンを掛けるのにも若干のコツがいります。

 日頃、草刈り機のエンジン掛けに悩まされている家族からは、

「チェーンソーは欲しいけど、エンジンは扱いにくいからイヤ!」

とクレームが付きました。

 さてどうしたものかと迷っていたら、便利なアイテムがあるんですね。

 電動チェーンソーです。

 国内外のいくつかのメーカーが、リチウム電池とモーターで駆動するチェーンソーを出していることを知りました。

 「でも、それって電動モーター駆動でしょ?パワーは大丈夫なの?」「バッテリーの持ちはどうよ?」

 と疑問を持ちながらも、農具の専門店に出向いて実際に手に取ってみると…。

 意外にも、これがかなりのハイパワー&ハイパフォーマンスなんですね。

2018011001.jpg

 カセット状のバッテリーは取り外して50分間でフル充電。本体にカチッとはめて電源ボタンをONにすれば、即スタンバイです。

2018011008.jpg

 ハンドルを握ってスイッチを指で引いた瞬間、チェーンが高速でシュルシュル回転を始めます。

2018011004.jpg

 モーターですからとにかく静か。性能も、従来型のエンジンタイプに何度か持ち替えて比較しましたが、ほとんど遜色ないレベルです。

 これに決めた!ということで、薪割り斧と同じスウェーデン/ハスクバーナ製の電動チェーンソー「HUSQVARNA 536Li XP」を購入しました。

2018011002.jpg

 本体+バッテリー+バッテリーチャージャーをセットにして約10万円。正直、エンジンタイプよりかなり割高ですが、軽さと静粛性、取り扱いの簡便さを考えると他に選択の余地はありませんでした。

 お店のご主人に手入れ方法や扱い方を教わり、さっそく古民家の立ち枯れた老木を薪用に切り出してみることに。

2018011003.jpg

2018011005.jpg

 じつに軽快にチョンパできるんです、これが。原木の玉切りが今から楽しみになってきました。

2018011006.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

買ったばかりの薪割り斧の刃がガビガビ過ぎる!

2018010401.jpg

 薪割用の斧をネットで買い求めました。

 そこそこのお値段でレビューが高評価、なおかつ初心者に使いやすい重さと形状のものを…と探しているうちに見つけたのが、こちらの「ハスクバーナ 薪割り斧 74cm」です。

 ハスクバーナはスウェーデンの農林造園機器メーカーだそうです。林業がさかんなお国柄だけあって、製品カタログには大小さまざまな斧がラインナップされています。

 その中から、全長74cm、重さ約1.6kgの薪割り斧を選びました。

 ヘッド部分は「高級スウェーデン鋼製」、柄は「衝撃吸収性に優れた米国産のヒッコリー材」だそうです。

 送料込みで9000円ちょっと。高いんだか安いんだかよくわからないまま注文したら、翌日、過剰梱包気味の大きな段ボール箱に入って届きました。

 革製のカバーを外すと、メーカー自慢?の高級スウェーデン鋼製のヘッドが姿を現しました。

2018010402.jpg

 ヘッドの側面に、
HAND FORGED
MADE IN SWEDEN

 と刻印があります。HAND FORGED(手鍛造)とは、職人さんが手作りしているという意味でしょう。柄を握って軽く振り上げてみました。

 おお、絶妙な重さじゃないですか。これなら太めの広葉樹もバシバシ割れそうな気がします。

 そう思って刃の先端を眺めていたら、おや? なんだか刃先がガビガビです。

 使い込んだ包丁の先っぽとでも言いましょうか。刃の先端がところどころ潰れたように広がっているんです。

2018010403.jpg

 刃の両側面には、グラインダーで研いだような筋がいくつも付いています。

 どうやら仕上げをグラインダーで軽く済まし、さっさと出荷してしまったのでしょう。

 さすがバイキングの手仕事。ディテールは大雑把なんですね。

 使い初めぐらい鋭い切れ味を楽しみたいですから、まずは砥石で研いでみることにしました。

 包丁用の砥石を台所から引っ張り出して水研ぎすると…。

 ご覧のとおり、たちまち刃先がシャープに尖ってきました。

2018010404.jpg

 これで準備万端。明日から盛大に薪割りするぞ~!


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

防草シートと廃品枕木で露天の薪置き場を作りました

 薪ストーブ初心者の私たちは、当然ながら薪作りの初心者でもあります。

 先日、ようやく幅9メートル、高さ1.7メートルのログストッカーを雨の当たらない作業場の奥に設置しました。

 ここには乾燥した(=すぐ使える)薪1年分をストックしておくつもりです。

2017111506.jpg

 これとは別に、原木から切り出したばかりの生木は数ヶ月、野天で雨に当てたり、日射を浴びたりしたのち、屋根付きの薪小屋で十分、乾燥させる必要があります。

 生木は水分の含有量が多過ぎて燃えませんし、樹脂を豊富に含むため、そもそも乾きにくいんだそうです。

 野天で樹脂を雨で洗い流して薪を乾きやすい状態にしてから、本格的な乾燥の過程に入るのが、正しい薪作りの手順なんだそうです。

 要は薪のアク抜き。屋根付きのログストッカーとは別に、アク抜きのための露天の薪置き場が必要だということを知りました。

 そこで、ログストッカーを設置した作業場の裏手に、全長10メートル、幅1メートルの薪置き場を作ることにしました。

2017122001.jpg

 用意した材料は、ホームセンターで買ってきた除草シート(1700円)と、里の家のあちこちに無造作に捨てられていた古い枕木(長さ2.1メートル)。そして先日、造園家さんから余り物として貰った木製パレット

2017122002.jpg

2017122003.jpg

 除草シートを空き地に敷き、両端を枕木で押さえて固定しました。

2017122004.jpg

2017122005.jpg

2017122006.jpg

 長年、雨晒しになっていた枕木は、水分をしこたま吸って目もくらむばかりの重さ。二人がかりでエッチラオッチラ移動し、やっとのことで長さ10メートルの除草シートを両側から固定しました。

 枕木の上に木製パレットを載せて完成です。

2017122007.jpg

 後はここに玉切りした生木を積み上げていきます。

 ようやく薪を受け入れる準備が整いました。お次はいよいよ原木の入手です。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

プロフィール

あづみ

Author:あづみ


都会から安曇野の古民家に親子3人で移住しました。夏涼しく、冬は想像を絶する寒さですが、ハラを括って暮らせば何とかなるものです。

安曇野に興味のある方、また古民家に暮らしたいと思っていらっしゃる方、よろしかったらお立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
畑 (0)
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
本文検索キーワード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR