立ち枯れたと思っていた木に、美味しい果実が!

2018071401.jpg

 里の家の果樹園に正体不明の枯れ木?があります。

 倒れかけのボロボロの木で、花はおろか葉っぱも満足に生えず、ここ数年は生命反応すら見られませんでした。

2018071403.jpg

「目障りだし、そろそろ切り倒してにしようか」

 などと話していたところ、今春、わずかに若葉が芽吹き、やがて数輪の小さな白っぽい花が咲きました。

「何の木だろうね?桜にしてはショボ過ぎるし…」

 意外なしぶとさにちょっと面食らって、その後も注意深く見守っていたのですが、なんと!立派な実が3個、成ったんです。

 
2018071402.jpg

 恐る恐る頬張ってみると…甘い!アメリカンチェリーなのでした。

 まさか大粒のチェリーが成るとは!

 こりゃ大事に世話しなけりゃバチが当たるぞと反省し、樹勢が弱ってしまった原因を探ることに。

 幹が地面に接するあたりの土を軽く掘り返してみたら…うわぁ、酷い!アリが幹の奥の奥まで入り込んで巣を作っているじゃありませんか。

2018071404.jpg

2018071405.jpg

 納屋からアリ退治用の殺虫スプレーと殺菌保護剤を持ち出してきて、蟻塚と化した幹の内部めがけてスプレーを噴霧。シャベルの先で粉状に崩れた部分を掻き出しました。

2018071406.jpg

2018071407.jpg

 無数のアリがポロポロ落ちてきます。さらに奥のほうまで掻き分けると、白い幼虫がぎっしり並んだ産卵室に到達。シャベルで徹底的に破壊してから、水で洗い流しました。

 十分乾かした跡に、オレンジ色の殺菌剤を刷毛でしっかり塗って保護膜を作り、ひとまずこれで様子を見ることにしました。

2018071408.jpg

 幹の4分の3ぐらいを蟻塚に取られてしまって、文字どおり“首の皮一枚”でつながっているような状態です。なんとか元気になってくれるといいんですが。

2018071409.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

ブルーベリーを初摘みしました

2018063001.jpg

 今年も早生(わせ)種のブルーベリーが実を付け始めました。

 ハチやコガネムシが甘いニオイに誘われて食べに集まってくるのは、もう少し先の話。なので、どの実も傷ひとつなくツヤツヤときれいです。

2018063002.jpg

 太陽をたっぷり浴びた真夏のブルーベリーとは違ってまだ酸味が強く、どちらかと言えばジャム向きなんですが、やっぱり初摘みしたら生で食べるのが王道でしょう。

 大粒の実を頬張ってひと囓りすると、少しだけ甘く、ほとんど酸っぱい果汁が口の中にプシュッ!と拡散します。

 うわぁ、だ!…目が醒めるような瞬間です。

2018063003.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

害虫にやられてズタボロになった梅の木を剪定しました

2018060901.jpg

 里の家には、前のオーナーさんが思いつきで植えた(らしい)果樹が数十本、残っています。

 ブルーベリーのように、毎年、たくさんの実を付ける優秀な木がある一方で、ほとんど立ち枯れ状態のものも少なくありません。

 特に状態がよろしくないのが、リンゴ、梨、桃、梅などのバラ科の植物。

 長年、手入れを怠ってきたせいか、カミキリムシゾウムシに幹や枝葉を食われて樹勢が衰えているんですね。

 そんな“ひでぶっ状態(by 北斗の拳)”の梅の木の1本が、今年、いよいよボロボロになってきたので、思い切って切り倒すことにしました。

 チェーンソーを準備して、いざ伐採、と思ったら、おやおや? 主幹の横から蘖(ひこばえ)が伸びていて、細い枝に小さな梅の実がたくさんなっているではありませんか。

 赤く色づき始めている実を摘んで重さを量ると、なんと900グラム近くもありました。急遽、梅酒の空き瓶を引っ張り出してきて、焼酎漬けにしました。

2018060904.jpg

 この元気なひこばえを残して、朽ち果てる寸前の主幹を40センチ間隔で玉切りに。すると付け根付近の断面から蟻やら何やらがわらわらと飛び出してきました。

 文字どおり虫たちに“食いもの”にされていたのでした。

 傷みのさほどない幹は、さらに斧で割って天日干しに。1年寝かして薪ストーブの燃料にしようと思います。

2018060902.jpg

 一方ひこばえは、元の根が残っているので生長が速いといいます。来年、大きな実を付けてくれるといいのですが。

2018060903.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

庭にガーデンアーチを組み立てました

2018053008.jpg

 春が短い安曇野に住む私たちにとって、5月はガーデニングの“かき入れ時”…ヘンな表現ですが、まさに庭仕事の強化月間といっても過言ではありません。

 寒さが去って梅雨が始まるまでの間、庭の手入れを集中的に行います。

 古民家の庭は8年間かけて手を入れてひとまず整いましたが、問題は里の家のほうです。

 2年前に前の所有者から引き取った時点で、庭は半ば野生に還りかけていました。

2018053001.jpg
2年前の庭です。

 そこでプロの園芸家さんの助けを借りながら少しずつ手を加え、ようやく最近になって少しレイアウトがまとまってきた感じがしています。

 母屋に続く小径の両側に広い植栽エリアが生まれ、これからそこに苗木と草花を植えていこうと思っています。

2018053001.jpg

 一方、庭の突き当たりには、元々、山ブドウが数株植わっていました。

 最初は小さな木だったのでしょうが、長年、剪定もされずに放置してあったため、グチャグチャに枝を伸ばして巨大な藪のような塊ができあがっていました。

 旺盛に繁茂して毎年、確実に庭を侵食しはじめていたので、思い切って枝を払い、相当部分を刈り込んでみました。

 残ったのは、妙な具合にねじ曲がった5株ほどですが、日当たりが良くなった分、きっと今年はたくさん実をつけてくれるでしょう。

 と、ここまでは順調にブドウ棚の“スリム化”が進んだのですが、作業の過程で、山ブドウを支える支柱が老朽化していて付け替えなければならないことがわかりました。

 今まで木々を支えていたのは畑用の鉄パイプの棚でしたが、庭に隣接していることを考えると、もう少し見栄えを追求したほうがよさそうです。

 そこで、つるバラなんかを這わすガーデンアーチを置いてみることにしました。

2018053006.jpg

 Amazonで探すと、送料込み6000円弱で売っています。至急、支柱を替えたほうがよさそうな山ブドウが2本あったので、同じものを2台注文しました。

 到着した段ボールを開けると、これだけのパーツが出てきました。

2018053003.jpg

 パーツを組み合わせてネジ止めしてできあがり。高さ240センチ、幅110センチ、奥行き40センチのスチール製のガーデンアーチです。

2018053004.jpg

 2台組み立てて、2本の山ブドウの脇に90度になるように配置してみました。

 これで少しは庭の景観が良くなるかな?

2018053007.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

壊れたブルーベリーの棚を改修しました

2018052301.jpg

 里の家には約30株のブルーベリーがあります。

 6月下旬に実がなり出すと鳥たちがやってきて一斉に食べてしまうので、ナイロン製の防鳥ネットを張り巡らさなくてはいけません。

 畑の周囲には、このネットを支えるための計12本の鉄パイプが立っています。

 昨年までは、鉄パイプのてっぺん同士をつなぐ“横木”が、地上2.5メートルのところに地面と水平に設けてありました。

 横木といっても、以前、この畑を管理していた80代のおじいさんが間に合わせで作ったもの。

 ホームセンターで売っている園芸用の緑色の支柱(よく家庭菜園でトマトやナスの支えにするアレです)を針金で継ぎ足し継ぎ足しして造作してあったので、強度がまったく足りていません。

 去年、収穫が終わって雪が降り出す前にネットを外したら、錆び付いた針金がちぎれて、バラバラに壊れてしまいました。

2018052302.jpg

 そこで今年は、ネットを張る前にまず横木の補修というか架け替えに迫られたんですね。

 材料はホームセンターで調達しました。

 強度を出すため、園芸用の支柱じゃなくて少し細め(19ミリ)のビニールハウス用の金属パイプをカットしてもらい、店で軽トラを借りて運びました。

2018052306.jpg

 畑に脚立を運んで支柱のてっぺん付近まで上り、パイプとパイプを繋ぐクランプを固定していきます。

2018052304.jpg

 そこに買ってきた19ミリのパイプを通して隣の支柱へ掛け渡します。

 一人で作業したので3時間ほどかかりましたが、ひとまず完成。あとはネットを張るばかりです。

2018052305.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

薪の即売会で原木を買い損なう

春の薪まつり開催

薪づくりの季節がやって来ました!
新シーズンに向けて薪づくりを始めましょう!

の即売会
早い者勝ちの即売会開催!かなりお買得です!


 こんなチラシが送られてきました。昨秋、オークションで薪を買った
山風舎
さんからのDMです。

 朝晩はまだストーブを焚いているのに、もう来シーズンの薪の手配をしなけりゃいけないとは…。気が早いと言いましょうか、超スローな話です。

 ですが、切りたてのホヤホヤの原木が手に入るんだったら、今のうちにツバをつけておきたいのも山々。

 ということで、ひとまず会場に出かけてみることにしました。

2018042101.jpg

 30分前に到着したところ、なんと! すでに20人の先客が一列に並んでいるじゃありませんか。

 寒風に震えながら開始時間を待つことになりました。

2018042103.jpg

 会場の周囲は、薪割り済みの広葉樹・針葉樹が種類別にケージに収められ、積んであります。

 広場の真ん中には、切り出したばかりの原木が数本ずつ山になって転がっています。

2018042102.jpg


 原木 ナラ 約1.5t 25000円

 といった感じで札が掛かっていて、欲しい人はそれを頼りに手を挙げるわけです。


 午前11時に受付がスタート。すると、最初の7~8人ぐらいで原木はあっけなく売り切れてしまいました。

 21番目の私たちが買えるのは、玉切り済みの(=割ってある)薪だけ。当然、加工の手間賃が乗っている分、原木より割高です。

 それでもホームセンターなんかで売っている薪に比べたら半値近いわけで、お得であることに変わりはありません。

 とりあえず、広雑(広葉樹の雑木)2万2000円を2ケージ、針葉樹1万8000円を1ケージ、注文しました。

2018042104.jpg

 後日、自宅にトラックで運搬してもらい、露天で晩秋まで天日干しにします。まだ一冬分には不足しているので、原木探しも続けようと思っています。

2018042105.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

雑草が生える前に倒木を始末する

 庭の外れの、かつて果樹が植わっていたあたりに倒木がいくつも転がっています。

 前のオーナーさんが切り倒したまま、放置していたらしいのです。

 虫に食われ、腐蝕してボロボロの状態とはいえ、かなり大きくて担いで運ぶことができず、困っていました。

 春が来て雑草が芽吹くと、倒木はやらアケビやらその他諸々の草木の“温床”になってしまいます。

 そして夏前には、巨大な緑の岩屋のようなオブジェができあがって、スズメバチに格好の住処(すみか)を提供することになります。

 そうなる前に、今年こそ何とか処理しなくちゃ…と思い立ち、まだ枯れ野原の今のうちに切り出すことにしました。

 さいわい電動チェーンソーを手に入れたので、玉切りにして薪として利用できます。

2018031702.jpg

 40センチにカットした物差し代わりの小枝を倒木の幹に当てて、端から順番に切っていきました。

2018031701.jpg

 小1時間ほど作業して、ひとまずこれだけ処理できました。薪に加工したら10束ぐらいになるでしょうか。

2018031703.jpg

 来冬の燃料にしようと思います。

2018031704.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

リビングの天井にサーキュレータを設置しました

 薪ストーブ愛好家の知人が里の家にやってきて、吹き抜け天井のリビングの空間を見渡して言いました。

「天井の少し下あたりにサーキュレータを付けると、暖気が掻き混ぜられて暖かいよ」

 言われてみればたしかにそうです。引っ越したのは春先でしたから、まだ本格的な真冬を一度しか体験していません。

 それでも、薪ストーブを焚くと暖かい空気が上へ上へと昇ってしまい、リビングの上下でかなりの温度差が感じられていました。

 今のうちにサーキュレータを設置しておこうか、という話になり、ネットで商品を物色しました。

 取付位置付近には、現在、裸電球が3個、天井の梁から垂直にぶら下がっています。

2018031401.jpg

 これを取り払い、真ん中に羽根付きの照明器具を設置することにします。

 さっそくネットで調べたところ、ライト付きのサーキュレータ(4枚または5枚羽根)は結構、数多く出回っていることがわかりました。

 ランプがLEDリモコン付きというのが最近のトレンドらしく、リモコンは電源ON/OFFの他、羽根の回転数や回転方向を変えたり、ライトの調光ができたりするようです。

 自分で取り付けるのを前提にデザイン、機能がよさそうでお値頃な商品をいくつか見繕いました。

 ところがここで問題が。量販タイプの商品は水平な天井に取り付けるのが前提になっているのですが、我が家は屋根が傾斜しているため、そのままでは羽根が当たってしまうんですね。

2018031402.jpg

 さらに言うと、リビングの床から天井まで数メートルあって、市販の脚立ぐらいではとても届きそうもないことがわかりました。

 ネットで調べたメーカーの1社に問い合わせると、傾斜天井には専用の延長パイプで羽根を天井から離さないとダメだ、と言われ、延長パイプ対応の商品を紹介されました。

 ネットで人気の売れ筋商品に比べると倍以上の価格ですが、やむを得ません。サーキュレータ本体、60センチの延長パイプ、先端に取り付けるランプをバラで購入し、設備屋さんに組み立ててもらうことにしました。

 古民家のリフォームでお世話になっている旧知の設備屋さんに電話すると、

「モノを揃えておいてくれたら、すぐに取り付けますよ」

 と、頼もしい返事。先日、工事にやって来てくれました。

 部屋の中に足場を組んでその上に脚立を載せての作業です。二人がかりで2時間ほどかかりました。

2018031403.jpg

2018031404.jpg

2018031405.jpg

 完成したのが、こちら。リモコンで昼光/電球光、光量を切り換えられます。

2018031406.jpg

 以前の裸電球に比べると明るさも見栄えも抜群に向上しました。

2018031407.jpg

 頭上から吹き寄せる微風が、夏場にも爽やか。部屋に熱気が籠もらず、快適です。

 冬は冬で、上昇した暖気が適度に掻き混ぜられて1階に戻ってきます。

 やはりサーキュレータは必需品でした。

2018031408.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

よ~くわかりました。薪ストーブには温度計が必需品だってこと

2017121601.jpg

 薪ストーブ初心者の私たちにとって、悩みの種は“火加減の調節”です。

 焚き付けから薪に火を移してよく燃やし、炉内を一定の温度に保つのが正しい薪ストーブの使い方なんですが、これが必ずしもうまくいきません。

 いくら薪を足してもなかなか温度が上がらず、ヘンにくすぶっているうちに、煙突の継ぎ目から茶褐色の粘っこい液体がポタポタ垂れてくることがあります。

2017121602.jpg

 これ、炭焼きの時に出る「木酢液(もくさくえき)」なんです。要は低温過ぎて薪が木炭状態になってしまっているんですね。

 室温が上がらないうえに煙突が汚れるので、ダメダメです。

 反対に、薪が完全燃焼して一気に温度が上がる場合も。しめしめ、うまく燃えたぞと喜んだのも束の間、今度はたちどころにになってしまってあっけなく燃え尽きたりします。

 簡単で確実なストーブの温度管理法はないものか?…と思っていたところ、地元のストーブ専門店・山風舎で無料の薪ストーブ講習会が開かれていたので、ちょっと覗いてみました。

2017121603.jpg

 30分間ほどのレクチャーでしたが、とてもシンプルな“秘訣”を教えてくれました。

 それはストーブ用の温度計を使えば大丈夫ってこと。

 薪ストーブの上に温度計を置いて火を熾したら、なるべく素早く温度を「適温ゾーン」まで上げるようにする。「適温ゾーン」に達したら、薪は自ずとゆっくり燃焼するので火加減が安定する…とまあ、拍子抜けするくらいやさしいアドヴァイスなのでした。

 本当にそんなにうまくいくのかねぇ?…半信半疑でしたがネットでCondar 薪ストーブ用 温度計(3000円)を買ってみました。

2017121604.jpg

 焚き付けに火を付けたら、針葉樹などの燃えやすい薪に火を移して一気に炉内を温めます。

2017121605.jpg

 温度計の目盛りが「適温ゾーン」(私たちが手に入れたものでは「OPTIMAL」と書いてある白帯のゾーン)に入ったら、あとは薪を少しずつ足していくだけ。

2017121606.jpg

 これまでとやっていることは大して変わらないはずなのに、「適温ゾーン」を気にしながら薪を継ぎ足すだけで炎が安定し、火持ちも格段によくなったから驚きです。

 薪ストーブの火加減にお悩みの方は、お試しください。

2017121607.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

薪運びのすぐれもの「MORSO(モルソー)ログキャリー」

2018021401.jpg

 薪ストーブの燃料は、言うまでもありませんが40cmぐらいに輪切りにした薪=材木です。

 冬の間は、こいつを絶やさないように炉の中に追加していかなければいけません。

 当座の薪はストーブの脇にバケツを置いてそこにストックしておきます。

 バケツの薪がなくなったら、母屋の外のログラックから一杯分の材木を運び入れます。

 バケツ一杯分ですから運ぶこと自体は重労働でも何でもありませんが、問題は薪の“持ちにくさ”なんです。

 チェーンソーと斧で切ったり割ったりして作る薪ですから、形はバラバラ。束にして抱えても、脇の間からポロポロこぼれ落ちたりします。

 また材木の表面がささくれ立っていて、素手で触るとトゲが刺さりますし、服が木屑まみれになってしまいます。

 そこで、ログラックからファイヤーサイドまでの“ラスト10m”を運ぶのに便利なグッズはないものか?…と探したら、ありました。

「MORSO(モルソー)ログキャリー」。3500円前後で販売されていました。

2018021401.jpg

 これ、デンマークの薪ストーブメーカーが作っている薪専用の運搬グッズなんです。

 ご覧のように広げるとフンドシ状の強化化繊布で、両端に木製の持ち手が付いています。

2018021401.jpg

 広げた「MORSO(モルソー)ログキャリー」に、ログラックから適量の薪を並べて置きます。

2018021401.jpg

 左右の持ち手を合わせて握れば、このフンドシが即席のキャリーに変身するというわけ。

2018021401.jpg

 手を傷つけたり服を汚すことなく、戸外に置いた薪を室内に運べるアイデア商品。小さく畳んでおけるのも便利です。

 痒いところに手が届く優れたグッズです。さすが専門メーカーのアクセサリだけのことはありました。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

プロフィール

あづみ

Author:あづみ


都会から安曇野の古民家に親子3人で移住しました。夏涼しく、冬は想像を絶する寒さですが、ハラを括って暮らせば何とかなるものです。

その後、縁あって畑付きの田舎家をゲット。現在は山中の古民家と里の家とを行き来する日々です。

安曇野に興味のある方、また古民家に暮らしたいと思っていらっしゃる方、よろしかったらお立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
畑 (0)
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
本文検索キーワード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR