FC2ブログ

超強力ケルヒャーで、小径のヌルヌル苔を一発退治!

2018121201.jpg


 ちょうど1年前、里の家に地元の造園家さんを招き、草ボーボーだった庭の中央にレンガの小径を造ってもらいました。

 アンティークレンガを敷き詰めたブリティッシュガーデン風のアプローチが完成して、ようやく玄関から庭を通って真っ直ぐ母屋に入れるようになりました。

2018121202.jpg


 見た目もお洒落で気に入っていたんですが、春が過ぎ、梅雨を経たぐらいから、レンガの表面に苔が繁茂しはじめました。

2018121203.jpg


 最初のうちは、いい感じに古びて見えると喜んでいたんですが…。

 ある日、宅配便のオジサンが足を滑らせてスッテンコロリン。

 長靴で野良仕事をする私たちも、おかしいように尻餅を繰り返すことに。

 これは危ない。今に大ケガするぞ。

 …というわけで、デッキブラシで入念に磨きました。

 ですが、結果は×。磨いても磨いても、2~3週間経つとまた表面が黒ずんできて、ツルツルになってしまいます。

 困ってググってみたら、やっぱりこういう時は「ケルヒャーの高圧洗浄機に勝るものなし」と書いてありました。

 そんなに良いんだったら…と、amazonで「ケルヒャー 高圧洗浄機 K3サイレント」というセットを見つけ、注文。お値段2万5000円は高かったですが、背に腹は代えられず、商品の到着を待ちました。

 amazonの箱から出てきたのが、こちらの箱。大きく「静音」と書いてあるところを見ると、従来の高圧洗浄機はモーター音が相当うるさいんでしょう。

2018121204.jpg


 箱を開くと、本体に続いてトリガーガンやら大小さまざまなアクセサリーが入っています。

2018121205.jpg


 素っ気ないマニュアルを見ながら組み立て、さっそく園芸用の延長ホースにつないでスタンバイ。

2018121206.jpg


 電源をオンにすると、トリガーガンの先端から強烈なシャワーが一気に噴き出しました。
 

2018121207.jpg


 ガンをしっかり握って、海苔状にベットリと黒ずんだ小径の表面に至近距離から噴霧すると、みるみる元の明るいレンガの地肌が見えてくるじゃありませんか!

 おかしいほど簡単に、一皮剥けるように汚れが落ちて(と言うか、吹き飛んで)いくのです。

2018121208.jpg


 ものの20分ほどで小径のヌメヌメは完全に除去されました。こいつは素直に素晴らしい!

 ただ、あまりに水圧が強いので、剥がれた苔混じりの冷水が全身に容赦なく跳ね返ってくるのには参りました。

 もっと暖かい季節に作業するんだった…。

2018121209.jpg





人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

ニッチでセコくて超便利!台所の隙間ラックを組み立てました。

 台所の冷蔵庫を大型の新しいものに入れ替えたら、横の壁との間に微妙な隙間ができてしまいました。

 メジャーで測ると、隙間のサイズは間口43cm、奥行き48cm。スタンド式の掃除機を1台、置けるかどうかという半端なスペースです。

2018111707.jpg


 何か有効活用する手はないかな…と思ってネットで隙間ラックの類いを調べてみました。
 
 すると、あるある。やっぱり狭小住宅王国?の日本だけあって、文字どおり“ニッチ”な空間活用グッズが星の数ほど出てきました。

 その中で私たちの目に留まったのは「隙間家具(リバーシブルすき間ワゴン)」という商品。

たった幅10cmからの隙間を活用できる!豊富なサイズから選べるキッチンストッカー

◆取り出しやすさが、料理上手のコツ♪オープンタイプなので取り出しやすいスリム収納です。
◆ワゴンタイプなので、使いたい時は前に引き出せば、収納物も一目瞭然。
◆幅10~24cmの間で2cm刻みで選べるので台所の隙間にぴったり収まります。
◆1cm間隔で収納物の高さに応じて細かく可動収納棚板を設定可能。
◆前板はスッキリした印象のホワイト色、冷蔵庫の色に合わせたシルバー色を組立時に設定することができます。

信頼と安心の国内工場での生産品だから新築やリフォーム、模様替えの時にもおすすめです

◆国内の職人がひとつずつ丁寧に仕上げています。
◆細部の丁寧な仕上がりなど、国産品ならではの高品質をお楽しみください。


 いやはや、狭小ニッポンの狭小なニーズにドンピシャで応える、笑っちゃうぐらいユーザーフレンドリーな製品じゃありませんか。

 ・幅を2cm刻みで選べる!
 ・棚板の高さを1cm刻みで変えられる!
 ・前面パネルを冷蔵庫の色に合わせてホワイト/シルバーのどちらかに選択できる!
 ・信頼の国産!


 まさに1センチ刻みの思いやりが詰まった(ほとんどセコイと言ってもいいぐらいの)商品です。

 これだけ見事に私たちのニーズを満たしてくれるんですから、買わない手はありません。1台1万6,200円という、高いような安いような微妙な値付けですが、幅20cm×奥行44cm×高さ181.5cmの「隙間家具(リバーシブルすき間ワゴン)」を2台、購入しました。

 1週間後、届いたのがこちら。梱包を解くと中からバラバラとパーツが出てきました。

2018111701.jpg


 しまった!購入時にうっかり見落としていましたが、組み立て家具だったんですね。

 再度、販売ページの説明に目を通すと、「組立は大人2人で約40分程度」と書いてありました。

 う~む、これまた微妙に時間がかかるようです。

 とはいえ届いてしまったものは組み立てるしかありません。あいにく、チワワを除くと家族が全員出払っていたので、1人でこつこつやることにしました。

2018111702.jpg


 ところが意外にも組み立ては簡単で、「大人1人で約30分」で完成しました。 冷蔵庫のツラに合わせて、前面パネルにはシルバーの合板を選びました。

2018111703.jpg


2018111704.jpg


 続けて2台目も木ネジと木工ボンドで組み上げ、冷蔵庫と壁の間に差し込むと…おお!誂えたようにピッタリでないの!

2018111705.jpg


 タイヤが軽くて、スルスル出し入れできるのが快適です。

 IKEAの安くて頑丈でフルサイズの家具を愛用している我が家ですが、やっぱり“隙間”は日本製に限りますね。

2018111706.jpg





人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

桑の木があっちにも、こっちにも。困りました。

2018112102b.jpg


 猛暑が続いていたこの夏、成長が早過ぎるブルーベリーについて、こんなふうに書きました。

ブルーベリーの成長が異常に速くて、防鳥ネットの天井部分を突き抜けてなお天高く伸びていこうとしています。

 いつもの年なら、先端部分がネットに当たると自然に成長がストップするんですが、今年は日光を燦々と浴び続けているせいか、まだまだ伸びる気配です。


 収穫が終わり、紅葉も始まりましたが、ブルーベリー畑の一角ではなお青々した葉が天高く伸び続けています。

2018112101.jpg


 さすがに何だかヘンだと思い、葉っぱをよく観察してみると、おや?…ブルーベリーじゃない別の植物が、何食わぬ顔で混じっていじゃありませんか?

 幹をたどって地面の生え際を検めたら、何とブルーベリーに密着して、まるで偽装するかのように木肌がつるつるの白っぽい別種の樹木が生えていたのです。

 葉っぱを調べて納得。これ、桑の木じゃないですか。

2018112103.jpg


 畑の外れに1本だけあった桑が、最近、里の家のそこら中に増殖を始めているんです。

 どうやら野鳥が桑の実を食べてフンを落とし、フンに残った種から新しい芽が出るらしいんですね。

 桑は雑草ではありませんが、繁殖力がすごく強く、放置しておくとどんどん繁茂します。

 とりあえず、ブルーベリーに宿り木するように生えてしまった桑については、付け根からノコギリで切り倒しました。

2018112104.jpg


 苗木のうちに見つけて処理しないと面倒なことになるんですね。実を食べるとおいしいけど、じつは厄介者の桑なのでした。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

キウイを早めに収穫して熟成させてみることにしました。

2018111001.jpg


 キウイの実は晩秋まで枝に残して、ゆっくり収穫するのがいいと聞いていました。

 昨年、そのとおりにしたら、枝にぶら下がったまま“まだら”に熟してしまって、ちっともおいしくなかったんですね。

 そこで今年は少し早めに実を摘むことにしました。

2018111002.jpg


 大きめに育った実を収穫して、クシャクシャにした新聞紙で包み、ビニール袋に小分けして入れます。

2018111003.jpg


 その際、部分的に熟れてしまって食べられそうもない“早熟”な実を1袋に1個ずつ加えます。こうすると、エチレンガスがさかんに出て熟成が進むのだそうです。

2018111004.jpg


 ビニール袋の口を軽く結んでから、千枚通しで数カ所、穴を開けます。これで準備完了。

2018111005.jpg


 あとは常温で実が柔らかくなるのを待つだけ。さて、今年はおいしく食べられるかな?


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

干し柿モミモミ。順調に育って?います。

2018110301.jpg


 渋柿の皮を剥いて吊し柿にしてから2週間が経ちました。

 高いところに吊したおかげで、今のところおサルタヌキの被害には遭っていません。

 ただし、ペチャンコに破裂した柿が2個、地面に落ちていました。よく見ると、ヘタの端に鳥の羽が絡まっています。野鳥に狙われたんですね。油断も隙もありません。

2018110302.jpg


 それでも残りの大部分はこのまま熟成の道を無事、たどることができそうです。少し安心しました。

2018110303.jpg


 今日は、まだやわらかい実を指でモミモミ。こうすると早く渋みが抜けて甘くとろみのある干し柿になるようです。

2018110304.jpg


 完成まであと1~2週間。楽しみだなぁ。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

今年は絶対に盗られないぞ!秋の干し柿バトルの始まりです

2018102001.jpg

 古民家と里の家のあちらこちらで、が実り始めています。

 いずれも樹齢20年以上の渋柿なんですが、私たちが住むまで一度も剪定されなかったらしく、滅多やたらに生え広がって収拾が付かないほど巨木化しています。

 そこで手に届く範囲のものを毎週、少しずつ収穫しています。

2018102002.jpg

 今日はひとまず干し柿用に大きな実を選んで獲り、皮剥き機ピーラーで1個ずつ皮を剥いていきました。

2018102003.jpg

 専用の「柿つるしたんざく」に吊して熱湯消毒。さて、いよいよ干す段になってハタと困りました。

2018102004.jpg

2018102005.jpg

 一体どこに干せばいいんだ?

 そうなんです。干す場所はいくらでもあるんですが、毎年、おサルタヌキイタチに盗られて散々な目に遭っているんです。

2018102006.jpg

2018102007.jpg

 古民家の軒下に吊せば、おサルのおやつに。

 里の家の作業場に吊せば、タヌキ、イタチの餌食に。

2018102008.jpg

 仕方なく屋内に干すと、今度はあっという間にカビが生えてきます。

2018102009.jpg

 今年こそはケモノに邪魔されずに仕上げたい…思案の結果、里の母屋の軒下に脚立を置いて、梁に「柿つるしたんざく」を吊すことを思いつきました。

2018102010.jpg

 地面から柿まで優に2メートル以上あります。これならケモノたちも歯が立ちますまい…ひとまずそう思うことにして、試しに最初の60個余りを吊してみました。

2018102011.jpg

 さて、サルやタヌキ、イタチたちはどう出てくるか? 秋の干し柿バトルの始まりです。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

里の家にシステムキッチンを導入しました

2018100502.jpg


 中古住宅の里の家を買うにあたって、「あれ?」と違和感を覚えたのがキッチンでした。

 シンクからコンロ台、食器棚まで、なぜか全部、いかついステンレス製だったんです。

 コスパを考えての選択だったんでしょうが、台所の左右に向かい合って並んでいるシンクと調理台・食器棚が、み~んなステンレス製…それもゴリゴリのプロ仕様というのには、少々、面食らいました。

2018100501.jpg

 ラーメン屋さんか、はたまた家族経営の小さなイタ飯屋さんの厨房か…一般家庭の台所とは大分、趣が違いました。

 別に見た目はどうでもいいのですが、実際に使ってみると、それなりに不便なんですね。

 特に気になったのが収納スペースの不足と高さの問題…業務用ですから、調理と洗い物を最優先に考えて設計してあるのでしょう。

 たとえば一般家庭にはほぼ無いであろうフルサイズのダブルシンク。洗い物の効率が飛躍的に上がる点では二重◎を付けたくなるぐらい便利なんですが。

2018100503.jpg


 ただ、限られたスペースに大きなシンクが2つも付いているわけで、調理用具を置いたり片付けたりする空間が犠牲になっているんです。毎日使ううちに、じわじわストレスが溜まってきました。

 もうひとつの問題が、全高と言うのでしょうか。<高さ>の不足です。

2018100504.jpg


 我が家のキッチンはどうやら小柄な女性向けに設計されたものらしく、シンクや調理台が床から60センチそこそこしかありません。

 包丁を振るったり洗い物をしていると、徐々に背中が丸まってきて肩がバリバリに凝ってしまいます。

 やっぱりキッチンは一般家庭用のモノがいいんじゃないの?…という話になり、先日、思い切ってシステムキッチンに入れ換えました。

2018100506.jpg


 対面の食器棚は残し、それに合わせてあえてステンレス製のシステムキッチンを選びました。

2018100507.jpg


 シンクは1つに減りましたが、その分、調理スペースが増え、足下の収納スペースも倍増。ビルトイン式の食洗機も設置しました。

2018100509.jpg


 全高が10センチほどアップしたので、背筋を伸ばして調理できるのも○。

 取り外した業務用キッチンセットは作業場に運び込んで再セットアップ。設備屋さんに水道を引いてもらい、新たな水場が生まれました。

2018100510.jpg


 やっぱり、業務用のキッチンはこっちのロケーションのほうがしっくりきます。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

春に買った薪が大量に届いてしまって、大変だ!

2018092201.jpg

 休日の朝。トラック1台分の薪が突如、届きました。

 半年近く前に注文したきり、すっかり忘れていた…というか、冬までに配達してくれればいいや、と思っているうちにうっかり時が流れてしまったのでした。

 ガラガラと何かを巻き取る重たい音がして外に出てみると、おなじみのストーブ屋さんが荷台からふたりがかりで金属製のカーゴを順に吊り上げているところでした。

2018092202.jpg

 3台のカーゴには、40センチにカットした薪がそれぞれ堆く積んであります。うち2つは広葉樹、残る1つは針葉樹です。

2018092203.jpg

 カーゴを傾けて中身を地面に順にぶちまけていきます。700キロの薪の山が3つ、できました。

2018092204.jpg

 さて、2トンあまりもあるこの木材、後は人力で整理整頓するしかありません。

2018092205.jpg

 地面に散らばった薪を手押し車に手当たり次第放り込んで、雨に当たらない場所に運びます。

2018092206.jpg

 母屋の軒下に当座、使う分だけ置いて、残りは去年、組み立てたログラックに積み足していきました。

2018092207.jpg

2018092208.jpg

 ログラック一杯に詰まった薪。壮観です。

2018092209.jpg

 さらに若干余りが出たので、作業場の軒下の犬走りにも積んでおきました。

 まだ日中30度近くになる日もありますが、こうして薪を並べると一気に季節が進んでいく気がします。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

庭の小径にソーラーバッテリー搭載のガーデンライトを置きました

2018090809.jpg

 田舎の夜道は、ご存じのとおり真っ暗闇の底に沈んでしまいます。

 私たちの家の周辺も、新月ともなれば墨汁を流したような闇、闇、闇で、正直、懐中電灯なしに外には出られません。

 古民家ならば、まあ、それも一興かなと我慢できるのですが、里の家は外出のたびに電灯のない庭を通り抜けなければならず、躓(つまず)いたり、滑ってコケたりで正直、ヒヤヒヤの連続です。

 思い余って庭の小径の両側にソーラーLEDライトを設置することにしました。

 ネットで調べたところ、10個1500円ぐらいの激安モノから1個1万円以上する高級品までピンキリなんですね。

 一応、雨に当たっても大丈夫で、草刈りの際にうっかり切ってしまわないぐらいの丈(地面から50センチ以上)のものを探しました。

 見つかったのが、こちらの「炎のソーラーライト」。2個セットで4600円でした。

2018090801.jpg

 3セット計6個を購入し、さっそく組み立ててみました。

2018090802.jpg

 組み立てというほど大袈裟なものではなく、ただ本体に胴の部分のパイプと地面に突き刺すアンカーを差し込むだけ。

2018090804.jpg

 太陽光発電式なので、日中、てっぺん部分のソーラーパネルを日差しに晒しておかなければ光りません。組み立て後、庭の真ん中に6個まとめて突き刺し、十分、日光浴をさせました。

2018090803.jpg

 夕方近くになって、レンガ敷きの小径の左右に位置決めをして設置。およそこんなレイアウトです。

2018090805.jpg

 日没後ほどなくして、最初の1灯が点りました。仕様書によれば、内部に96個のアンバーLEDがマウントされていて、点灯時には風の中で揺れるのようにちらちら瞬くのだそうです。

2018090806.jpg

 実際、1メートルぐらい離れて見ると、松明の火が燃えているような複雑な光り方をします。

2018090808.gif

 五月雨式に残りのライトも点り、夜空に月が上がると、なんだかバーベキューレストランのエントランスみたいな風情に。

 ちょっとゴージャスになったかな?

2018090810.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

うわぁ、ブルーベリーの枝に蜂の巣が…

2018081806.jpg

 朝摘みのブルーベリーは朝露に濡れた実がひときわ甘く感じられて、格別のおいしさです。

 というわけで、我が家では夏の朝はブルーベリー摘みからスタートします。

 腰に収穫用のカゴを提げて防鳥ネットの中に入り、紫色に熟れた実を1つ1つ、手摘みしていきます。

 ネットのおかげで鳥はやってきませんが、虫たちが収穫の邪魔をします。

 コガネムシハチがブンブン飛び回って、片っ端から実を囓っていくんですね。

 払っても払っても、すぐに舞い戻ってくるので無視するしかありません。

 面白いことに、夢中でブルーベリーにかぶりついている虫たちは、少々、荒っぽく叩いても人間を攻撃することがないんです。

 あの恐ろしいスズメバチも混じっていますが、人間など眼中にないらしく、目の前の果実をひたすら集中して食べ続けています。

2018081801.jpg

 ところが先日、払っても払ってもハチがあっちこっちから集まってくる気がして、ちょっと不安になりました。

 万一、ここでハチに襲われたら、逃げだそうにも防鳥ネットに邪魔されて、すぐに脱出できそうにありません。

 袋のネズミならぬ袋のニンゲン状態です。

 念のためと思って、周囲の枝をそっと掻き分けてみると…

 うわぁ、ハチがを作りかけているじゃないの!

2018081802.jpg

 ハチとブルーベリーを取り合っているうちは平和ですが、うっかり巣をつついたりした日にゃ、間違いなくこちらを敵と見なして総攻撃をかけてくるに違いありません。

2018081803.jpg

 すぐ母屋にとって返して殺虫剤をゲット。一撃で倒しました。

2018081804.jpg

 くわばら、くわばら。

2018081805.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

プロフィール

あづみ

Author:あづみ


都会から安曇野の古民家に親子3人で移住しました。夏涼しく、冬は想像を絶する寒さですが、ハラを括って暮らせば何とかなるものです。

その後、縁あって畑付きの田舎家をゲット。現在は山中の古民家と里の家とを行き来する日々です。

安曇野に興味のある方、また古民家に暮らしたいと思っていらっしゃる方、よろしかったらお立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
畑 (0)
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
本文検索キーワード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR