fc2ブログ

軒下の巣箱に新婚カップルがやってきた

2024042001.jpg

 今年も母屋の軒下に吊るした野鳥用の巣箱に、スズメのカップルが出入りを始めました。

 最初のうちは中央に開いた穴に首を突っ込んで中を覗いたり、周囲を注意深く見回したりしていましたが、そのうち庭の枯れ草や小枝を集めてきて巣の中に持ち込むようになりました。

2024042002.jpg

2024042003.jpg


 じつはこちらの巣箱、2月下旬にクリーニングしたばかりなんです。

 柱から下ろして裏側にあるメンテナンス用の穴にマイナス・ドライバーを突っ込み中身を掻き出したら、もの凄い量のが出てきました。

2024042004.jpg

 毎年、子育てのためにやってくるカップルが新しい巣材を追加していくので、出入口のすぐ際までギュウギュウに詰まっていたんですね。

 さすがにここまで窮屈だと母鳥が抱卵するスペースにも限りがあるようで、去年は春と夏の2回、子育てが行われましたが、どちらも巣立ったのは1羽だけ。

 普通、スズメは一度に3羽前後を育てるといいます。やはり巣箱の空間に余裕が無かったんでしょう。

 その点、今年は内部ががらんどうですから多頭飼育にはもってこい。チィチィと親鳥にエサを求める小さな鳴き声が、合唱して聞こえてくるのが今から楽しみです。

2024042005.jpg





人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

カメが冬眠から目を覚ましました

2024041301.jpg

 去年の10月末から冬眠に入った我が家のヌマガメ(ミシシッピニオイガメ...27歳)。遮光用に布を二重に掛けてやったところ、コトリと音をたてることもなく先日までこんこんと眠り続けていました。

 間もなく半年。いくらなんでも寝過ぎでしょ、と少々心配になって布を取り除くと、2~3日はボ~としたまま身じろぎもしませんでした。

 それが今朝、水槽の下の方から視線を感じるので覗いたら、ギロリ...強い目力で何事か訴えかけてきたんです。

2024041302.jpg

 あれ?お腹が減ったのかな?

 試しにカメのエサを見せたところ、わかっているのかいないのか、容器に向かってモソモソと動くじゃありませんか。

2024041304.jpg

 試しにペレット状のエサを6~7粒、水面に放ってみました。すると目をくりくりさせながら、あっという間に平らげました。

2024041305.jpg

 半年間の長い長い断食が終わって、カメさんにもようやく春が訪れたようです。

 啓蟄ならぬ啓亀、かな?

2024041303.jpg



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

底の抜けたポンコツ巣箱を再生しました

2024031601.jpg

 以前、野鳥が巣作りするのを期待してプラムの木の枝にバードハウスを取り付けたことがあります。

2024031602.jpg

 ところが外敵から丸見えだったのか鳥たちにはそっぽを向かれ、数年間、空き家状態が続きました。

 そのうちに肝心のプラムの木が立ち枯れてしまい、バードハウスは固定してあった枝ごと地面に落ちて、その拍子に巣箱の底が抜けてしまいました。

2024031603.jpg

 先日、ウッドデッキを掃除していたら、すっかり色褪せて壊れたままのバードハウスが足下に転がっているのに気がつきました。

 我が家には同じタイプの巣箱が母屋の軒下にもう一つ掛けてありますが、毎年、春になると数組のスズメのカップルがやってきて壮絶な“争奪戦”を繰り広げるんです。

 どうやらこの形のバードハウス、相当に住み心地が良い“優良物件”らしいんですね。

 ならば、壊れたほうも修繕して活かすべきなんじゃないかな、と思いました。

 10センチ角の板を探してきて抜けた底を塞いでみると、お、ちゃんと使えそうです。

2024031604.jpg

2024031605.jpg

 元からあるバードハウスと背中合わせになるように設置してみました。

2024031606.jpg

2024031607.jpg

 物件の内覧に訪れたスズメのカップルたちが乱闘騒ぎを起こさずに、賢く棲み分けてくれるといいのですが。

2024031608.jpg



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

スズメのお家を3年ぶりにクリーニング

2024022801.jpg

 母屋の軒下に取り付けた野鳥用の巣箱に、今年もスズメがやってきて中を覗いています。

2024022802.jpg

 本格的な巣ごもりは4月に入ってからですが、目下、快適なマイホームを探してあちこちの物件を内覧中なんだと思います。

 このバードハウスも設置してはや3年。そういえば一度も清掃をしたことがありません。

 野鳥の会のホームページなどを見ると、巣箱は年に一度シーズン前にクリーニングしなさいと書いてあります。

 古い巣を放置しておくと、が湧いたりヘビが棲み着いたり...何かと弊害が生じるらしいんですね。

 今のうちにきれいにしなくちゃ。そう思い立って柱から取り外して裏面の掃除用のフタをズラしてみたら...藁がぎっしり詰まっています。

2024022803.jpg

 指でつまみ出そうとしましたが、上からもの凄い力で圧縮したように固まっていてなかなかほぐれません。

 そこでマイナス・ドライバーの先を突っ込み、グリグリ回しながら中身をほじくり出しました。

 何と!こんなにたくさんの巣材が詰まっていたんです。ギュウギュウに圧搾でもしないかぎり、到底この巣箱には納まり切らない分量です。

2024022804.jpg

 主に藁が使われているようですが、そこにカラスや他の野鳥の羽根と幼鳥の産毛が絡んでいます。意外にもフンはまったく混じっていませんでした。

2024022805.jpg

 3年分のゴミ出しをして空っぽになった巣箱を、元の柱の高いところに掛け直しました。

2024022806.jpg

 晴れてクリーニングが完了したスズメのお家。今年は何組のペアが巣作りに来てくれるでしょうか。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

今冬も渡り鳥がガラス窓を直撃! 困った!

2024012701.jpg

 南向きの部屋でデスクワークをしていた昼下がり。突然、

 ズズンッ!

 窓ガラスに鈍い音がして小さな黒い影が窓の外に落ちていきました。

 また鳥がぶつかった! 慌てて外に飛び出すと、体長20センチあまりの野鳥が裏返しになって転がっていました。

2024012702.jpg

 ツグミです。冬場のエサを求めて渡ってきたのでしょう。

2024012703.jpg

 可哀想に即死状態だったのかと屈み込んで様子を見たら、お腹の羽毛がさかんに上下しています。まだ生きているようです。

 とはいえ瞼は閉じたまま。手の施しようがありません。

 毎年、庭の木立が落葉して見通しが良くなる頃になると、我が家の窓ガラスに衝突する鳥が現れます。

 大抵の場合、事故に遭うのは地理に不案内な渡り鳥たち。

 1年前のこの時期にも越冬のため安曇野にやってきたシメが1羽、衝突事故を起こしました。

 対策として、ガラスがあることを鳥たちに知らせるために、このようなゴールドのテープを渡してあるんですが、どうも効果は万全じゃありません。

2024012704.jpg

2024012705.jpg

 しばらく様子を見ていたら、ツグミはクルリと体を入れ替えてしゃがみ込むことができました。

2024012706.jpg

 でも、まだ翼をだらりと垂らして苦しそうに息をついています。

2024012707.jpg

 放っておいたら野良猫の餌食になってしまいます。少し離れたところで見守ることにしました。

 30分ほど経ち目をパチクリし始めました。首も動くので骨折はしていないようです。

 ふいに風が吹いて土埃が上がったのに驚いたツグミは、バタバタと飛び上がって母屋の隣の栗の木に止まりました。

2024012709.jpg

 よかった!もう大丈夫でしょう。野生は強し!

 それにしても、年に一度は発生する我が家の野鳥事故。何とか防ぐ方法を講じなければと悩んでいます。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。





テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

毛むくじゃらの小動物がブルーベリー畑にノコノコと...

 昼下がり、毛深い小動物がブルーベリー畑のほうへノコノコと歩いて行くのを偶然、見かけました。

 そっと後をつけると、防鳥ネットの下をくぐってブルーベリーの下生えに潜り込みます。食べ物を探しているのでしょうか。

2023120901.jpg

 ネットをめくって接近を試みます。3メートルほどに近づいたところで向こうも気づいたようです。その場に立ち尽くしてそっぽを向きました。

2023120902.jpg

 頭隠して尻隠さず。

 声がけしたら一瞬、こちらを振り返りました。タヌキです。

2023120903.jpg

 全長40センチぐらい。体重はせいぜい3キロほどでしょうか。タヌキの標準体重についてはよくわかりませんが、かなり痩せっぽちのように見えます。

 空腹なのか動きが緩慢で、のったり歩いて逃げていきました。

 タヌキの向かった先には、前日に収穫した落花生を地面に並べて干してあったことを思い出し、後を追い駆けました。

2023120904.jpg

 幸いどこかへ行ってしまったらしく落花生は無事でした。念のため宙吊りにしたネットに移して干し直すことに。

2023120905.jpg

 本格的な冬を前に野生動物たちもエサ集めに必死なんですね。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。







テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

悪あがきカメさん、ついに脱走に成功か!?

 先日、水槽で育てているヌマガメ(ミシシッピニオイガメ...26歳)が、冬眠を前に快適なねぐらを探して再三、脱走を試みていると書きました(→冬眠前の悪あがき?カメさん大脱走)が、ついに水槽の外へ飛び出す日がやってきました。

 例によって水槽の縁に前足を掛けて懸垂。

2023102501.jpg

 エイヤッ!とばかり全力で縁に乗っかりました。前回はここで重心が後ろにかかり、あえなく水中へドボン!でしたが...

2023102502.jpg

 このたびは前のめりに水槽の外へ飛び出し、勢い余って引っ繰り返ってしまいました。

2023102503.jpg

 どんなに足掻いても自力では起き上がれません。

 ヨーキーも困り顔。

2023102504.jpg

 表に返してやると、用心してじっと蹲(うずくま)って動きません。

 せっかく自由の身になったんですから、しばらく遊ばせてやろうと目を離していたら、1時間後、姿が見えなくなりました。

 あれ?どこへ行ったのかな?

 床に這いつくばって探したら、ソファの陰になったあたりに半身を差し入れてお昼寝していました。

2023102505.jpg

 なるほど、冬眠するのにふさわしいのは暗い場所だったんすね!

 水槽に還して、布を二重に掛けてやりました。これなら直接、光が当たらないはず。

 春までぐっすり眠れると良いんですが。

2023102506.jpg



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。







テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

ブッドレアにヒョウ紋柄の蝶々が集まっています

2023101806.jpg

 猛暑続きだったせいか、今年の夏はあまり蝶を見かけませんでした。

 その代わり秋も今頃になって、庭に大小さまざまな蝶々がしきりと飛来しています。

 日差しに恵まれたここ数日は、なぜかヒョウ柄の蝶がバタフライブッシュと言われるブッドレアに集まってきます。

2023101801.jpg
 
2023101802.jpg

 こちらウラギンヒョウモン。羽を開くと、大阪や川崎のオバチャンみたいなヒョウ柄が全開になります。

2023101803.jpg

 メスグロヒョウモンは全身チョコレート色です。

2023101804.jpg

 で、こちらはツマグロヒョウモンのカップル。

2023101805.jpg

 この蝶々、今から40年ほど前までは近畿以西でしか見られなかったそうですが、次第に北上してきて、いまでは宮城や山形あたりまで棲息域を広げているんだとか。

 温暖化のあおりを受けて、涼しいほうへと移動しているんですね。蝶の世界も楽じゃない!?


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

冬眠前の悪あがき?カメさん大脱走

2023101200.jpg

 水槽で育てているヌマガメ(ミシシッピニオイガメ...26歳)が、今年も8月のお盆過ぎからエサを食べなくなりました。

 この夏はベラボーな暑さで8月半ばといえば連日の猛暑でしたが、カメさんの体内時計はとても精巧にできているらしく、暦どおりに食事をきっぱり断って冬眠の準備に入りました。

 とは言っても本格的な冬はまだずっと先。それまでの間、ねぐらを求めて毎年、夏以上に活発に動き回るんです。

2023101201.jpg

 先日もガタガタと騒々しいので様子を見たら、プラスチックの上ぶたを水槽の中に落として前足を水槽の縁に掛け、ウンウンと懸垂の真っ最中でした。

2023101202.jpg

 水槽の縁にしがみつき、ものすごい腕力であれよあれよという間に縁の上に這い上がってしまったのにはびっくり。

2023101203.jpg

 たじろぐ人間サマを尻目に、ドヤ顔で外界を眺め回します。でも、次の瞬間...

2023101204.jpg

 重心を甲羅に預け過ぎたカメさんは、あえなくドボン!

 理想のねぐら探しも楽じゃありませんね。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

モズの餌食になんかなりたくない!カエルたちも必死です

2023100801.jpg

 モズが畑に立てた支柱の先端に止まって、あたりを舐めるように見回しています。

2023100802.jpg

 どうやら狩りの真っ最中らしく、尾っぽを上下にピョコピョコさせながら獲物を物色しているようです。

 餌食になるのは昆虫やトカゲやカエルなどの小さな生き物。モズはエサを見つけると、急襲して捕まえ枝に戻って“料理”するんですが、たまに小枝に串刺しにして取っておいたりもします。

2023100803.jpg

 モズの早贄(はやにえ)です。可愛い顔して、じつはかなり残酷だったりします。

 でも、カエルやトカゲもおめおめ犠牲になるわけじゃありません。あの手この手でモズの目をくらまして、生き延びようと必死です。

2023100804.jpg

 こちら、ヤマブドウの葉っぱに“同化”したアマガエル。じつは先ほどのモズの視線のすぐ先にいるんですが、息を潜めてピクリとも動きません。

2023100805.jpg

 一方、柱の角に留まっているのも同じアマガエル...なんですが背中の色素を黒っぽく変化させて、遠目からはまったくわからないほど巧みに姿を隠しています。保護色です。

2023100806.jpg

2023100807.jpg

 野生動物の世界は食うか食われるかの真剣勝負なんですね。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

プロフィール

あづみ

Author:あづみ


都会から安曇野の古民家に親子3人で移住しました。夏涼しく、冬は想像を絶する寒さですが、ハラを括って暮らせば何とかなるものです。

その後、縁あって畑付きの田舎家をゲット。現在は山中の古民家と里の家とを行き来する日々です。

安曇野に興味のある方、また古民家に暮らしたいと思っていらっしゃる方、よろしかったらお立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
本文検索キーワード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR