白鳥の湖はイモ洗いの湖?でした!

2018012104.jpg

 先週末、安曇野の犀川白鳥湖コハクチョウ観察に出かけました。

2018012101.jpg

 もともとここは犀川ダムという水力発電所のダム湖。1984年に最初の5羽が渡来し、以来、年を追うごとに白鳥の数が増えたといいます。

 多い年には千羽を超えるコハクチョウが飛来し、春先まで越冬する全国でも希な白鳥の一大越冬地です。

 今年はどんな様子かな?…ワクワクしながらクルマを湖畔に停めると、

「♪ガゥガゥガゥ~」

 土手の向こうから、早くもガチョウみたいなコハクチョウの鳴き交わす声が聞こえてきました。

 見た目と違って、どうにも冴えない濁声(だみごえ)ですが、この時期としてはかなりいっぱい集まっている予感がします。

 土手を駆け上って川の中州のような白鳥湖を見下ろすと、いました、いました。コハクチョウとカモが浅瀬に散らばって和んでいます。

2018012102.jpg

 よく晴れた昼下がりで、川面を凍るように冷たい風が吹き抜けていきます。気温は2度ほど。しかし体感温度は間違いなく零下でしょう。

 着ぶくれしたギャラリーが白い息を吐き吐き、カメラやスマホ片手に右往左往しています。

 それを横目に、鳥たちは涼しげな表情で水面をスイスイ移動して餌場を探しています。

2018012103.jpg

 湖に沿って少し歩くと、夥しい数のコハクチョウとカモが集まっている場所に出くわしました。

2018012106.jpg

 コハクチョウ1羽に対してカモが20羽ぐらいの割合で、水面をぎっしり埋め尽くしています。

2018012107.jpg

 文字どおりの“イモ洗い”状態です。みんなギャアギャア派手に鳴きながら、時折、水中で逆立ちしてエサを捕っています。

2018012108.jpg

 夢中になってわれがちに垂直潜りをするので、こちらに尻を向けると肛門が丸見えに。なんともユーモラスで可愛らしく、見飽きません。

2018012110.jpg

2018012111.jpg

 湖畔に建つ「白鳥観察館」を訪れました。小さなプレハブの掘っ立て小屋ですが、ボランティアの方々によって整然と運営されています。

2018012112.jpg

 入口の横に白鳥の飛来数を示すパネルが張ってありました。

2018012113.jpg


3013現在
安曇野に飛来、越冬を
している白鳥の数は、

383です


犀川白鳥湖飛来数
255


 255羽か。2月下旬に向かってまだまだその数は増えるでしょう。

 ところで毎年、このパネルを見るにつけ思うことがあります。

 ボランティアのみなさんは、一体全体どうやって白鳥を数えているのでしょうか?

 1羽ずつ捕まえて足輪を嵌めているわけじゃなさそうです。

 恐らくは双眼鏡で観察しながら、個々の特徴をつぶさに“見分けている”のだと思います。

 それって、すごい技術と忍耐じゃありませんか?

2018012109.jpg

 …な~んて勝手に想像を巡らすばかりでは埒が明かないので、調べてみました。

 そうしたら、あるんですね、世の中には野鳥を数える計算式が。

 これを「ライントランセクト法」というんだそうです。

 詳しいことはわかりませんが、一定範囲内の個体数から一帯の野鳥の概数を計算し、そこに観察者が野鳥と出会う遭遇率と野鳥を見落とす確率を加味して微調整を行うようです。

 なるほど。そういうことだったのか。

 ちなみに安曇野市のホームページには、最新の白鳥飛来数が載っています。お出かけになる方は、ホームページで飛来情報をチェックしてから行かれるといいですよ。


<白鳥飛来情報(安曇野市ホームページ)>
http://www.city.azumino.nagano.jp/soshiki/32/10319.html

<安曇野白鳥湖>




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

うわっ!マットレスの間にカメムシがウジャウジャ…

 二、三日、古民家を留守にして帰ってみたら、和室にパクチーのほのかな香りが漂っています。

 あれ、おかしいな? 今夜はタイ料理じゃなかったのに…そう思いつつ、布団を敷こうとマットレスを持ち上げて仰天。

 マットレスと畳の間に大量のカメムシが固まって暖を採っていたんです。

2017112301.jpg

 「ギャア~!」

 パクチーは大好きなくせにカメムシが大嫌いな家族は、奇声を上げて逃げ出し、私ひとりで掃き集める羽目になりました。

2017112302.jpg

 イヤがるカメムシを竹箒でチリトリに受け、フタの付いたゴミ箱に放り込んで庭に逃がしてやりました。

 いやはや、臭いこと臭いこと。

 以前、テレビで観ましたが、パクチーの匂いはカメムシの放つ臭いと同じ成分(デセナールやヘキサナール)なんだそうです。

 そのため日本ではパクチーのことを「カメムシ草」と呼ぶこともあるんだとか。

 当分、パクチーを食べる気がしなくなりました。

2017112303.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

カッコウとモズとキジは我が家の住人?

 早朝、東の窓から、

「カッコー♪カッコー♪」

 能天気な鳴き声が流れてきます。かなり大きなボリュームです。

 我が家のカッコウたちは天然の目覚まし時計。絶対に寝坊をさせてくれません。

2017070601.jpg

 梅雨のこの時期、少なくとも3種類の鳥が我が家の庭を住処(すみか)にしています。

 その代表がカッコウです。晴れた日には朝から日没まで、数羽が「カッコー♪カッコー♪」と鳴き交わしながら、絶えず我が家のまわりを移動しています。

2017070602.jpg

 じつはカッコウは他の鳥の巣から卵を1つ持ち去って、そこに卵を産み付け、代理親に育ててもらう「托卵」をすることで知られています。

 どうやら我が家のカッコウたちもその機会を狙っているらしく、あちらの木立、こちらの茂みを行き来しては不穏な行動を続けています。

 で、そのカッコウに巣を狙われているのがモズ。庭の外れにお気に入りのポールがあって、そこでエサの昆虫が現れるのを気長に待っています。

2017070603.jpg

2017070604.jpg

 その間、巣は留守になるわけで、まさにカッコウの思うつぼ。現場を見たことはありませんが、多分、今日も家の木立のどこかで卵をすり替える秘密工作が行われているのだと思います。

 樹上で繰り広げられる卵をめぐる化かし合いの一方で、地面を悠然と闊歩しているのがキジの夫婦です。

2017070605.jpg

 下草の生えた庭をまるで鶏のように首を振り振り、日がな一日、歩き回っています。草の種や虫をついばんでいるようです。

 人間慣れしていて、近づいてもすぐには逃げ出しません。かなりのおっとり刀で、キジ撃ちに狙われたらひとたまりもない感じです。

2017070606.jpg

 去年まではバードウォッチングのつもりで観察していましたが、どうやら彼らは我が家の住人というか住鳥。観る対象というよりは共に暮らす感覚が強くなってきました。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

ウィペットの姉弟が遊びに来てくれました

2017060801.jpg

 週末、珍しいお客さんが古民家と里の家にやってきました。

 ウィペット--イヌ好きの人じゃないかぎり、まずご存じないでしょう。

 イングランド原産の中型犬で、もともと「サイハント(視覚猟)」のために作出された猟犬です。

 イヌの仲間としては図抜けて俊足なことで知られています。

 長い脚をピューマのように宙で掻くようにして走るのが特徴で、最高時速は80キロに達するそうです。

2017060803.jpg

 愛犬家の友人夫婦が、9歳のウィペットの姉弟を思い切り遊ばせようと、遠路はるばる東京から連れてきたのでした。

 白いTシャツを着ているのが姉。赤いほうが弟です。

2017060802.jpg

2017060807.jpg

 姉弟は大はしゃぎで里の家の畑を端から端まで、何往復もしていました。

 あまりの速さにカメラのピントはまるで合いません。結局、こんなピンぼけ写真しか撮れませんでした。

2017060804.jpg

 典型的なスプリンターなので、しばらく走り回ると急に元気袋がしぼんだようになってしまいます。

 ソファに仲良く転がって首をだらり。別に具合が悪いわけじゃなくて、走り疲れただけなんだそうです。

 こんな姿勢で頭に血が上らないのでしょうかね?

2017060805.jpg

 後ろ脚といいシッポの巻き加減といい、まるでカンガルー

 まったく吠えず、お行儀も頭もすこぶる良い優等生姉弟でした。

2017060806.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

春はチワワも“春眠暁を覚えず”

2017052701.jpg

 最近、我が家のチワワに朝寝坊のクセがついてしまいました。

 元来、犬は早寝早起きのはずですが、朝、グズグズしていてハウスからなかなか出てこないんです。

 人間のお医者さんなら、朝寝坊がひどい人や睡眠障害の患者さんには「朝日を浴びなさい」とアドバイスするところでしょう。

 日光が目に入ると、脳内にセロトニンという覚醒をうながすホルモンが分泌されるんだそうです。

 「朝だ!」というメッセージが全身を駆け巡り、次第にハッキリと目覚めていくんだそうです。

 犬と人間では脳のメカニズムが違うのかもしれませんが、我が家のチワワも朝日を浴びれば…

2017052702.jpg

 やっぱりダメ。膝の上にするりと登ってきて、あっという間に夢見心地です。

2017052703.jpg

 濡れ縁で日光浴をしていても…

2017052704.jpg

 たちまち忘我の境に入ってしまうのです。

 気持ちはわかるけどなぁ。

2017052705.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

和洋折衷の民宿の軒下は、ツバメたちの集合住宅?

2015052401.jpg

 ある日の午後のこと。大王わさび農場の近くを散歩していて、急にそばを食べたくなりました。

 田んぼの真ん中に「そば処」の看板が立っていたので行ってみると、街道沿いに3階建てぐらいの大きな建物がありました。

ごぼーでん
ビジネス民宿・そば処


 はて?ここは蕎麦屋なんでしょうか?それとも民宿

 道路に面して観光バスが何台も停められそうな駐車場が用意されています。

 母屋はその奥。北アルプスを背にどっしりとした重厚な建物がそびえ立っています。

 面白いのはその造作です。1階部分が壁面に煉瓦を貼り合わせた洋風なんですが、2階から上はなぜか古民家風

 「建物の上下で和洋折衷」とでも言いましょうか。ありそうでなかなかない不思議なデザインなのでした。

【→ Googleストリートビューで見る ←】

 好奇心をそそられて洋食屋風のエントランスにたどり着いたのですが、あいにく午後の休憩時間中で、お目当てのそば処は閉まっていました。

 残念!いずれ出直すつもりで一歩、エントランスの外に足を踏み出した瞬間、眉間の先をシュッ!--黒くて鋭利なモノがかすめ飛んで行きました。

 反射的に立ちすくんで周囲を伺うと、数羽の小さなツバメが空を切ってひっきりなしに飛び交っているのでした。

2015052402.jpg

 見れば「ごぼーでん」の軒下には、幾つものツバメの巣ができています。

 子育て中の巣もあれば空のもあるといった具合で、さながらツバメの集合住宅です。

 巣立ったばかりの1羽のツバメが、玄関先の照明器具の上に止まってこちらを不思議そうに眺めていました。

 腹を空かしたニンゲンのオヤジが物珍しかったのでしょうか。

2015052403.jpg



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

ツグミがブルーベリーの種をついばんでいます

2017032601.jpg

 果樹園の方角から、

「キュッキュ、キュッキュ!」

 弾けるような鳥の鳴き声が聞こえてきました。

2017032602.jpg

 ツグミです。秋に大陸から渡ってきて冬を日本の山里で過ごすんですね。

 ツグミは近くの枯れ木に止まってしばらく様子を窺っていましたが、そのうちにひらり、ブルーベリー畑に舞い降り、ツンツンと地べたを突っつき始めました。

 雪が溶けたばかりの地表には、ブルーベリーの種がいっぱい散らばっています。

 それを黙々と食べているようです。

 たっぷり栄養補給して、来月にはまた海を渡って行くのでしょう。健気な鳥です。

2017032603.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

バスタブに落ちた野ネズミの運命や如何?

2017030401.jpg

 完全冷凍状態の古民家から脱出して1ヶ月ほどが経ちました。

 その間、水道の元栓を閉め、浴槽の水を抜いて里の家に一時避難していました。

 ようやく寒さが緩んできたので、先日、山開き?のつもりで我が家に戻り、建物の内外を点検してみてびっくり。

 空になったバスタブの底で野ネズミが死んでいたんです。

2017030402.jpg

 どうやらこのネズミ、好物の石鹸を探して風呂場をうろついているうちに、誤ってバスタブの縁から足を滑らして奈落の底に落ちたらしいのです。

 つるつるで取っ掛かりのないバスタブの内側は、まさに“ネズミ返し”。哀れ野ネズミは、這い上がれないまま息絶えてしまったのでしょう。

 風呂場の温度は日中でも零下なので、死骸はフリーズドライ状態。剥製のようにきれいでした。

2017030403.jpg

 ちょっと可哀想な気がして、庭先に葬ってやりました。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

鳥インフル発生で今年はコハクチョウも肩身が狭い?

2017022301.jpg

 安曇野の冬の名物といえば白鳥です。毎年、1000羽あまりのコハクチョウが、遠くシベリアから大挙して飛来します。

 今年も近所の田んぼや川面に、たくさんのコハクチョウが群れをなして集まってきました。

 空の低いところを数羽単位で飛んでいることもあれば、数十羽が水田でガーガー鳴き声を上げながらエサをついばんでいる光景を目にしたりします。

 先週末には、近所の川で50羽ほどが羽を休めていました。コハクチョウに混じってコクチョウもいるようです。

2017022302.jpg

 例年なら安曇野市内に2カ所ある白鳥飛来地が開放されて、鳥たちの様子を間近に見ることができるのですが、この冬は飛来したコハクチョウの1羽に鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たとかで、立ち入りが制限されてしまいました。

 残念ながらコハクチョウの観察は来冬までお預けです。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

イナゴに続いてざざ虫、発見!

 先日、長野道・安曇野インターに隣接する明科SAに立ち寄った時のこと。

 土産物コーナーを冷やかして歩いていたら、なにやらディープな一角に出くわしました。

2016121401.jpg


 いなご甘露煮 648円 税込

 赤黒く煮染められたイナゴが、ビニールパックにギュウギュウ詰めになって売られています。

 ビニールの包装紙越しによく見ると、かなり虫の原形をとどめています。う~む、昆虫が苦手な人にはショッキングな食品かもしれません。

 ですがその下にさりげなく貼ってある黒いカードを見て、思わず、

 「ざざ虫だっ!」

 小さな声で叫んでしまいました。

 そう、南信州伝統の、あの川の石の下にいるゾロゾロした虫の甘露煮が、こんなところで瓶詰めになって並んでいたんです。 

2016121403.jpg

 ディスプレイの黒いカードには、ごていねいに虫のイラストまで付いています。

 手書きの白インクで、こんな説明文が添えてありました。


 ざざ虫

 南信州の清流・天竜川に住むカワゲラ等の水生昆虫の幼虫。
 主に佃煮や揚げ物として食されています。 高級珍味!!


2016121402.jpg

 お値段は税込で1瓶1728円。税抜にすると1600円です。瓶の裏側に内容量35グラムと書いてあるので、1グラムあたり約46円という計算になります。

 ちなみに高級食材として知られるカラスミのお値段をネットで調べてみたら、グラム25円~80円ぐらいでした。平均するとちょうど45円前後ってところでしょうか。

 つまりざざ虫は、東アジアを代表する珍味・カラスミとタメを張る価格なんですね。「高級珍味!!」という謳い文句もあながち的外れじゃないのかもしれません。

 とはいえ、“幼虫”の佃煮をわざわざ高速道路のSAで買い求める奇特な人がいるもんでしょうか?

2016121404.jpg
とてもこれ以上、近づいて撮影できません…

 不審に思って陳列棚の奥に手を伸ばし、在庫本数を確かめてさらにびっくり。

 8本!なんと8本もあるんです。

 怖い物見たさの冷やかし客目当てに在庫しているとは思えません。ここで買って食べるのを楽しみにしている愛食家が、かならずや一定数いるって証拠でしょう。

 恐るべし、伝統食(と、その食通)!



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

プロフィール

あづみ

Author:あづみ


都会から安曇野の古民家に親子3人で移住しました。夏涼しく、冬は想像を絶する寒さですが、ハラを括って暮らせば何とかなるものです。

安曇野に興味のある方、また古民家に暮らしたいと思っていらっしゃる方、よろしかったらお立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
庭 (4)
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
本文検索キーワード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR