fc2ブログ

野良仕事のためにスマホを“鍛える”方法

 最近、スマートフォンがよく壊れます。

 いや白状すると「壊れる」のではなくて「壊して」います。

 世間では液晶画面にヒビが入るとか漏水による故障が“定番”だと思いますが、お恥ずかしい話そうではなくて、畑仕事が原因なんです。

 ズボラな性格のせいで野良着のポケットから畑に落とすのは朝飯前。

2023110401.jpg

 あれ?どこ行ったんだろう?...と足下を探すと、泥まみれで見つかることがしばしばです。

 半年前には、イヤフォンジャックに木っ端が詰まって抜けなくなりました。キャリアの故障オプションで同型の新古品に交換してもらったら、今度はマイク内部に粉塵が溜まり通話不能に陥りました。

2023110402.jpg

 考えてみればスマホは極小の精密機器なわけで、いくらなんでももうちょっと丁寧に扱わなくてはダメだな...そう反省してヒモで提げる携帯ケースを探すことに。

 するとネットショップで中華製の防水ケースがゾロゾロ見つかりました。

 欲しいのは防水じゃなくて防塵なんですが、まあ似たようなものでしょう。試しにとタイムセール中一番の“安物”を注文してみました。

スマホ 防水ケース IPX8認定 海 プール 風呂 顔認証 スマホ保護 密封 お風呂用
2枚セット 1599


 翌日届いたのがこちら。首から提げるカード入れみたいな透明ビニールのケースです。袋の中に同じものが2枚入っていました。

2023110403.jpg

 口の部分の左右にOPEN-CLOSEのつまみがあり、スマホを入れてパチンと閉じると意外にも水を通さない密封状態になります。

2023110404.jpg

2023110405.jpg

 ズボンのベルト通しにヒモを結んでポケットにポン。出し入れも取り回しも楽ちんです。

2023110406.jpg

 便利なのはケースの上からスマホをタップできること。写真も普通に撮れるし、通話時に声が籠もったりもしません。

2023110407.jpg

 半月ほど使っていますが、ケースが泥だらけになっても中のスマホは全然きれいなんですね。

 作業終わりには、石けんで手洗いのついでにスマホもケースの上からジャブジャブ洗っていますが、防水仕様なので心配ありません。

 いやぁ、もっと早く知っていればムダな買い換えをしなくて済んだのに。野良スマホには必須のアイテムでした。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。







テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

刈払機が2台同時に壊れるって、どういうこと?

 里の家の刈払機が2台同時に壊れてしまいました。

 敷地の隅々まで所構わず繁茂した雑草を、2台の刈払機をフル稼働させて連日のように刈りまくっていたところ、同じ日の午後、申し合わせたように動かなくなりました。

2023090701.jpg

 手前がバッテリー式、奥がエンジン式です。バッテリー式は先端がカットソー(金属の刃)で、エンジン式は最近、カットソーを外してナイロンコードカッター(2本のナイロン製のヒモを回転させて遠心力で草を刈る方式)に付け替えたばかりです。

2023090702.jpg

 バッテリー式のほうは、空になったバッテリーを充電器に差し込んでチャージしようとしたら、突然、充電器のLEDランプが消えて動かなくなりました。

 バッテリーを触るとを持っています。高温多湿の草むらで酷使したせいで過熱状態になっているんだろうと思い、充電器につないだまましばらく放置しておいたんですが、すると今度は充電器のボディまで異様に熱くなって、プスンと停止してしまいました。

 一方、エンジン式の刈払機はイネ科の雑草をガツガツと刈り込んでいるうちに、急に切れ味が悪くなり、ナイロンコードを取り付けた先端部分が空回りを始めていることに気づきました。

 先端のパーツを外して内部を見ると、黒いゴムパッキン状のものが半分欠けています。経年劣化で部品が破損したんじゃないかなと疑い、近所の農具修理店に持ち込みました。

2023090703.jpg

2023090704.jpg

 いつもお世話になっているメカニックのお兄さんは一目見るなり、

「ゴムパッキンじゃなくて、粉状になった草の破片がグリースと混じったゴミですね。こいつが詰まって回転しなくなっちゃったんでしょう。エアを吹き掛ければ直りますよ」

2023090705.jpg

 圧縮空気をスパッスパッと吹き付けて、黒い塊をきれいに取り除いてくれました。組み立て直してエンジンを掛けると、あっけなく復活。なんのこっちゃない、単なる雑草の目詰まりが原因でした。

2023090706.jpg

「今年は調子の悪くなった刈払機を持ち込まれるお客さんが増えてますよ。みなさん『雑草が伸びるのが早くて大変だ』とおっしゃいます」

 猛暑に伸び続ける雑草のせいで体調を崩す刈払機が後を絶たないんだそうです。

 ものはついで、とバッテリー充電器も見てもらいました。スウェーデンの農機具メーカー、ハスクバーナ社製の製品です。

2023090707.jpg

 代理店に問い合わせをしてもらったところ、メーカーでは修理を受け付けておらず、壊れたら買い替えるしかない、との返事でした。

 5年以上も使っているので、まあ仕方ないかなとは思いましたが、思わぬ出費に頭を抱えることに。

 今年の雑草は恐るべし。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

ベタな名前だけど役に立つ「マルチハリハリ君」

 これ、何するものかわかります?

 一応、農具の一種なんですが、安曇野界隈ではあまり使っているところを見かけません。

2023061001.jpg

 商品名は「マルチハリハリ君」。保湿や防草に畑の畝に敷くマルチングシート(通称マルチ)を、1人で張るためのグッズです。

 マルチを張るからハリハリ君…とはベタな名前ですが、少し前に広告でその存在を知って近所のホームセンターを探し回りました。

 でも、どこにも売っていないんですね。

 考えてみれば、ご近所のプロの農家さんはトラクターに特殊なローラーを取り付けて自動で張っているし、手動でやる場合も複数人でシートを押さえながらテキパキとやってます。

 1人で機械を使わずに細々と作業する人には、それほど需要がない道具なのかもしれません。

 そこでネットで物色すると...ありましたよ、ちゃ~んと。

シンセイ マルチローラー(マルチハリハリ君) 4,000円


 重さ1.3キロ。アルミ製で幅90~150センチのマルチを張ることができると書いてあります。

 家庭菜園などで実際に利用している人たちのレビューを読むと、すこぶる使いやすいと評判です。ものは試しと早速、注文しました。

2023061002.jpg

 届いたのがこちら。長い方の棒の先にT字型のヘッドを取り付けて使います。

2023061003.jpg

 左右のネジをマルチの幅に合わせて開き、ロールを挟み込んで固定します。

2023061004.jpg

 畑に出て畝の先端にマルチの端っこをピン留めすれば準備OK。

 持ち柄を握って畝をまたぎ後ろ向きに進みます。黒マルチが地面にぴったりと付着して、畝からズレることなく一直線にスルスルと伸びていきます。

2023061005.jpg

 ハリハリ君自体に適度な重みがあるので、少々の風が吹いたぐらいではめくれたり、舞い上がったりしません。

 長さ20メートル弱の畝に一気に黒マルチを引き伸ばしたら、一旦ハリハリ君を地面に置いて、マルチの左右に土を掛け掛け長靴で踏み固めていきます。

2023061006.jpg

 要した時間はものの30分ほど。なるほど本当に、たった1人で手早くマルチ掛けができちゃいました。

2023061007.jpg

 「こんなものが欲しかった!」を形にしてくれたような優れものです。他に使い途がないのが玉に瑕ですが、ま、それでもこのお値段なら1年の大半を物置に眠らせておいても惜しくはないなと思いました。

 立ったままの姿勢で作業できるので、腰痛持ちの方には特におすすめかもしれません。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

畑の畝立てに頼もしい助っ人現る

 先日、小型の耕運機を購入しました。

 畑を往復して土を十分柔らかく耕し、さていよいよ畝を立てようと思ったら、耕運機のどこを見回しても畝立てをサポートするパーツが見当たりません。

 おかしいなぁ、とメーカーのホームページを読み直すと、畝作りのアクセサリーはオプションと書いてあります。なんだ、別売だったんですね。

 販売サイトには納品までに10日ほどかかるとあります。買う人があまりいないのかな、と思いつつ注文。後日、届いたのがこちら「京セラ カルチベータ用 培土器」(1万6000円)です。

2023052401.jpg

 カルチベータというのは耕運機、培土器(ばいどき)とは「土寄せ器」という意味らしいのですが、どちらもあまり耳に馴染みがない言葉ですね。

 それはともかく畝立てには、この羽付きの車輪を耕運機の車輪に差し替えて使います。

2023052402.jpg

 耕運機のエンジンを掛けてスロットルを開いていくと、白い羽が畑の土を左右に掻き分け、V字の溝を掘る仕組みです。

2023052403.jpg

 できた溝に馬糞堆肥を撒いたら耕運機をUターンして、すぐ隣に沿うように溝を掘ってみました。

2023052404.jpg

 こうすると、羽の掻いた土が堆肥の上に掛かるので、わざわざ鍬で埋め戻す手間が省けます。

 何度か往復するうちに長さ20メートル、幅70センチの畝が3本できました。

2023052405.jpg

 いやぁ、圧倒的に早く作業が進みます。手作業に比べて、労力も時間もざっと5分の1ぐらいに縮まったでしょうか。

 面倒な畝立てが何だか楽しくなってきました。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。







テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

氷点下の安曇野で電動アシスト自転車を初乗りしました

2023030401.jpg

 先日、赤帽のおじいさんが届けてくれた電動アシスト自転車です。

 「ほぼ完成した状態でお届け!」ということで、最終組み立ては自分でやる必要があります。

 何しろデカいので、厚手の段ボール箱から本体を取り出すのが少々手間でしたが、姿を現したのはこちらの「ほぼ完成形」。

2023030402.jpg

 取説には、未装着のサドル、ハンドル、ペダル、カゴを自分で取り付けよと書いてあります。

 ご丁寧にそれぞれの作業時間について、

・サドル固定(約1分)
ハンドル固定(約3分)
ペダルの取り付け(約5分)
カゴの取り付け(約10分)


と明記してあり、トータル20分でできると太鼓判。

 逆にそれがプレッシャーになった感もありますが、せっせとスパナを回転させて立ち働き、気がつけば確かに20分ぐらいで完成しました。

2023030403.jpg

2023030404.jpg

2023030406.jpg

 お、見た目はまともなママチャリです。問題は真っ直ぐ走って止まるかですが、家の周囲で試乗してみた感じでは特に問題なさそう。ブレーキも良く利きます。

 では、ということで晴れの安曇野サイクリング(じつはスーパーへの買い物)に出かけました。

 ハンドルの操作パネルに電源スイッチがあり、平らなところでONにすると、おお!アシスト力を抑えた「エコ(低)モード」でもスルスル滑らかに加速します。

2023030405.jpg

 下り坂は電源を切って走り、平坦な舗装道も1~3速のギアを切り換えれば特に電動アシストの必要を感じません。車体が軽くて軽快です。

2023030408.jpg

 上り坂に差し掛かったところで電源を入れ、坂道の勾配に応じてアシストモードを低→中→高と切り換えていくと、平らな道を走っているのと大差ない感じ。ほとんど抵抗なく漕ぎ続けられます。

 電動アシストが掛かってからの挙動が自然なのは、モーターが前輪駆動だからでしょうか。

 急勾配の長い坂も、ギアを一番軽い1に落としてみると息が上がることなく登り切りました。

 もちろんバイクじゃないので多少は踏力が必要ですが、安曇野のサイクリングにはこれくらいの電動アシストがちょうどいいかな...というのが初日の感想です。

2023030409.jpg

 ただしペダルを踏む足が楽な分、スピードが乗るので全身に風が当たり、冷たいのなんの。あろうことか帰り道には小雪が舞い始めて、気温がマイナス1度まで下がりました。

 遠くを見渡しても人影はほとんどなく、まして自転車に乗っているおバカさんは他に誰もいません。

 やっぱり自転車は氷点下の乗り物じゃないってことを痛感した次第です。

2023030407.jpg



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

電動アシスト自転車を買いました

2023030101.jpg

 里の家の周辺は安曇野のサイクリングコースになっています。春から秋にかけて、JR駅前などで自転車をレンタルした観光客が我が家のまわりを颯爽と走り抜けていきます。

2023030102.jpg

 そんな楽しそうな姿を目にするにつけ「自転車もいいなぁ」という思いが募ってきました。

 というのも私たちを含めて地元民は、中高生の通学用を別にするとほとんど自転車のペダルを漕ぐ機会がありません。

 安曇野は北アルプスの麓にすり鉢状に広がった地形なので、等高線に沿って移動する場合を除けば、どこへ行くにも緩い坂道が待っています。

 アルプスの壮大な景色を楽しみながらサイクリングを満喫するには最高なんですが、普段遣いに自転車を...となると結構太腿がパンパンになってしまいます。

 自転車を買うなら電動アシストしかないなぁ、でも高いしなぁ...と躊躇すること7年。先日、Amazonのタイムセールのお知らせを見ていたら、26インチのママチャリタイプの電動アシスト自転車が特価販売していました。

2023030103.jpg

電動アシスト自転車 26インチ シティサイクル 40km走行可能 リチウムイオンバッテリー 5.8Ah シマノ 内装3段 フロントモーター 前輪駆動 トリプルセンサー 型式認定 公道走行可能 簡易組立必要品



 定価8万3000円ほどのところ、タイムセールで7万円ちょっとになっているじゃないですか!

 ググってみると一応、国内販売会社が企画・製造しているらしく、主要パーツは日本製らしいとわかりました。

 ブリヂストンやヤマハなんかの国内メーカー品の半額ですが、素性の怪しい中華チャリではなさそうです。

 耐久性についてはわかりませんけど、こりゃ安い。お値段につられて思わずポチってしまいました。

 数日後、赤帽のおじいさんがフゥフゥ言いながら軽ワゴンの荷台から降ろしてくれたのが、こちらです。

 
2023030104.jpg

デカイ。そして一人で持つには重過ぎます。これでもなお完成した状態ではなく「 簡易組立必要品」なんですから恐ろしい。

 
2023030105.jpg

早速、開梱しようかと思ったものの、大きさに圧倒されて荷姿を眺めるうちに日が暮れてしまいました。

 組み立ては後日ということに。ちょっとワクワクしてきました。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

丈夫で長持ち。Makitaの草刈り機はダイ・ハード!

2022060401.jpg

 12年前、古民家の庭の雑草刈り用に購入したMakitaの草刈り機。2ストロークエンジンに混合ガソリンを入れて使います。

2022060402.jpg

 現在、店頭で売られている刈払い機には、ハンドルを放すとクラッチが切れる安全装置が付いているんですが、こいつは安全基準が変わる前の旧製品。

 なのでハンドル周りが非常にすっきりしています。

2022060403.jpg

 農家さんに言わせると、運転中ハンドルを握り続けなくていい旧タイプの草刈り機は、疲労が少なく値千金なんだとか。

 実際、軽くてエンジンのかかりは良いし、そこそこパワーもあるので我が家でも重宝しています。

 しかも構造がシンプルなためか、故障しません。

 過去、二度ほど動かなくなったことがありますが、うち一回は排気口にドバチ(クロスズメバチ)が巣を作って詰まっていたのが原因で、ドライバーを突っ込んで巣を取り出したら直りました。

 本格的に?壊れたのは一度だけ。振動でボディを固定しているボルトが外れ、運転中に本体がバラバラになってしまったんですね。

 先日も里の家の雑草を刈っていると、エンジンがプスンプスンと情けない音を立てて止まり、何かが後ろに飛んでいくような気配がしました。

 草刈り機を肩から下ろしてびっくり。ボディの後ろ半分が剥き出しになっていて、ガソリンタンクがぶら下がっています。

2022060404.jpg

 あたりを見回すと足元に本体カバーが、3メートルほど後方にリコイルスターター(ヒモを引っ張ってエンジンをかける装置)が転がっていました。

2022060405.jpg

 ホームセンターで直径4ミリのステンレス製のボルトを買ってきて、落ちた部品を寄せ集め、きつく締め直したところ、たちまち元通りに。

2022060406.jpg

 エンジンは一発でかかって何事もなかったように草刈りを続けることができました。

2022060407.jpg

 呆れるほど単純でタフなヤツです。

2022060408.jpg



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

何てシンプル!トラクターの折れたマフラーにパイプを挿したら元通りに!

2020091311.jpg

 老体トラクターのマフラーが根元から折れてしまい、以来、運転するたびにものすごい爆音に見舞われている、ということを以前、このブログで書いたところ(→老体トラクターのマフラーがポキリ!)、ご愛読いただいている「浜さん」から、こんなアドバイスを頂きました。

実物を見てないので勝手な事を言います。{^________^;}

マフラーは溶接しづらいですね内部が熱でボロボロで、溶接しているそばから穴が開いてしまいます。

エンジン側の内径に入るパイプを探して中に差し込み15㎝程延長しそれに外径のパイプを差し込みます。つまりインロー接ぎです。それにマフラーを取り付けられませんか?
マフラー側にも破損があれば同じように接点を作りつなぎます。たぶんパイプ径がぴったりするものは無くある程度のクリアランスが出てしまうと思います。エンジンの振動でガタガタになってしまうので、耐熱のパテかマフラー用補修テープ(熱で固まる包帯のようなもの)で補修すれば何とかなると思います。

浜さん


 マフラーにパイプで芯を通して本体と接ぐというアイデア...なるほど、これはいけるかもしれません。

 ちなみに「インロー接ぎ(印籠接ぎ)」というのは釣り用語で、竿と竿をパイプ状のペグで接ぐ技法だそうです。

 工務店に勤める身内に相談したら、直径の微妙に異なるステンレス製のパイプを4本、持ってきてくれました。

2020091303.jpg

2020091301.jpg

 またAmazonで調べると「溶接テープ」という特殊なテープが見つかりました。浜さん言うところの「マフラー用補修テープ(熱で固まる包帯のようなもの)」でしょうか。1000円で購入し、荷物が届くのを待って補修作戦をスタートしました。

2020091302.jpg

 まず、ステンレス・パイプをマフラーの断面に差し込みます。直径32センチのものが、少し遊びはありますがきれいに嵌まりました。

2020091304.jpg

2020091305.jpg

2020091306.jpg

 それを折れた排気管にゆっくり挿入すると…おお、ちゃんと自立するではありませんか!

2020091307.jpg

 全体に腐食していて断面もギザギザ。ぴったり接合する感じにはなりませんが、一応、元の状態に戻ったように見えます。

 その上に、布テープのような形状の溶接テープを30センチほどカットしてぐるぐる巻きにしました。

2020091308.jpg

 本当にマフラーが過熱すると溶接したように固まるのでしょうか? 半信半疑でしたが、ひとまず修理完了です。所要時間はわずか5分。あっけないほど簡単にできてしまいました。

 問題はここからです。エンジンの振動で差し込んだマフラーが外れたりしないか。またエンジン音は静粛になるのか。実際にやってみるまでわかりません。

 恐る恐るエンジンをかけ、ガレージからトラクターを出しました。

 ギアをハイに、エンジンを全開にしてクラッチをつなぐと…おお!排気音がウソのように静かになったでないの!

 ギアを2速に落として耕運を開始しました。静かです。圧倒的に静かです。イヤーマフなしでは1分たりとも我慢ならなかった爆音が、檻の中の飼い慣らされた猛獣程度におとなしくなりました。

 エンジンと地面から突き上げられる振動でマフラーは多少、左右に揺れますが、スポンと抜け落ちるようなことはありません。

2020091309.jpg

 そのまま1時間半ほどかけて畑全体を耕しました。

 じつはマフラーが折れて以来、エンジンの調子が悪くて、タイヤがギャップに嵌まるとすぐエンストしそうになっていたのですが、それも直ってしまいました。

 専門用語で「排気脈動」とか「排気干渉」とかいう空気の流れがマフラーを失って乱れ、エンジン性能に悪影響を及ぼしていたのだと思います。

 マフラーを差し直したことで「排気脈動」が改善し、復調したんでしょう。トラクター本来の機能も回復したみたいです。

2020091311.jpg

 作業が終わって折れた箇所を確認すると、溶接テープが少し剥がれかけていました。上手い具合に溶けて溶接されているようには見えないので、巻き直してハリガネで補強しようかと思います。

2020091310.jpg

 いずれにしても結果は上出来。ほぼ元通りに近いところまで機能復帰したのには感激です。

 アドバイスしてくださった浜さんに、感謝!!感謝!!


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  


テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

爆音トラクターのためにイヤーマフを購入

2020070101.jpg

 先日、老トラクターのマフラーが根元から折れ、強烈なエンジン音がダダ漏れになっててしまったことを書きました(→老体トラクターのマフラーがポキリ!)。

 トラクターの構造上、運転席と排気口が近いため両耳がもろに爆音に曝されっぱなしになります。

 畑を耕しただけで、ヘビメタのライヴを2~3会場ハシゴしたような状態に。おかげで立派な急性騒音性難聴?になってしまいました。

2020070101.jpg

 これはまずい…ということで、急ぎ購入したのがこちらの「防音イヤーマフ」(1780円)。

 工事現場のオジサンが使っているような、ヘッドフォンタイプの耳当てです。

2020070102.jpg

 さっそく使ってみました。

 耳に当てた印象は「意外に軽いかも」。外耳が締め付けられるような窮屈感はありません。

 首を前後左右に振ってみましたが、やはりそこはプロ仕様だけあってズレたりヨレたりはしません。追従性は十分です。

2020070103.jpg

 防音を謳っていますが、不思議なことに近くにいる人と普通に会話もできます。本当にこれでトラクターのエンジン音が低減するのかしら?…と不安になるぐらいです。

 ならば試してみようということでエンジンをかけ、畑に出てみました。

 フルスロットルで耕すと...なるほど!たしかにうるさくありません。マフラーが折れる前と同程度か、かえって静かなくらいです。


 これは使える。そう思って後で外箱に書いてある製品仕様に目を通しました。

遮音値:NNR 28dB / SNR 34dB


 遮音値の意味がわからなかったのでネットで調べると、モノタロウのホームページにわかりやすい解説が載っていました。

 NNRとは「ノイズ・リダクション・レイティング」という騒音の減衰を表す指数で、日本やアメリカではこの値が使われているそうです。一方SNRはEUで採用されている類似の指標です。

 今回の防音イヤーマフの遮音値は28dBですから、これを装着すると外界の騒音値から28dBを差し引いた騒音が耳に入ってくる計算になります。

 モノタロウのサイトに主な騒音値の表が載っていました。最強のノイズは、ライヴの104dBや、はつり作業の109dB。

 仮に我が家のオンボロトラクターの爆音をライヴ相当に見立てると、

 104dB - 28dB = 76dB

 となって、これはドライヤーが出す音とほぼ同じぐらいにあたります。

 ま、ドライヤーのノイズなら我慢できるレベル。ひとまず、大事な耳のプロテクトにはなってくれそうです。

2020070104.jpg



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

老体トラクターのマフラーがポキリ!

2020060601.jpg

 このツチノコのようなモノ、何だかわかりますか?

 トラクターのマフラーです。

2020060602.jpg

 先日、畑の隅っこのほうを耕していて、うっかりマフラーを柿の木に引っかけてしまいました。

 というのも、我が家の「KUBOTA L3001」はボンネットの横から空に向かって、ご覧のマフラーが垂直に突っ立っているんです。

2020060604.jpg

 低い枝だとよく先っぽに当たることがあるんですが、今回は少し圧がかかっただけで根元からポッキリ。

 なにしろとんでもなく年季の入ったシロモノですから、腐食していたのでしょう。

2020060602.jpg

 でも、一旦マフラーが取れてしまうと、エンジン音が爆発的に増幅します。

 当たり前ですよね、マフラーって静音装置なんですから。

 我慢して残りの作業を終えましたが、エンジンを切った後も数時間、耳に水が入ったみたいに聞こえにくくなりました。

 これはまずい。放置しておくと騒音性難聴になっちゃうぞ。

2020060603.jpg

 さっそく、地元のクボタの営業所に電話で直せないか尋ねてみました。

「え? L3001? それ40年以上も前のトラクターだよ。調べてみるけど部品はないんじゃないかな」

 電話に出たオジサンはすぐ折り返しの連絡をくれましたが、部品の供給はとっくの昔に打ち切り。中古部品の在庫もゼロだと言います。

「待っていればいつか中古部品が出てきますかね?」

「出ない出ない。あの時代のトラクターはみんな海外に流れて行っちゃうんだよ。一旦、海外に出たら、もう二度と戻ってこないからね」

 そういえば、以前、謎のパキスタン人が我が家のガレージの中にKUBOTA L3001を発見して、「15万円で買うよ」と言ってきたことがありました(→「パキスタン人?のバイヤーが、我が家のトラクターを買いにきた」)。こんなポンコツでも海外ではお宝扱いなんですね。

「困ったな。折れたマフラーを溶接してつなぐことはできませんか?」

「無理無理。重みを支えられないから」

「じゃどうすりゃいいんでしょうね?」

「そのまま乗るしかないね」

「マフラー無しで乗り続けて機能的に問題はありませんかね?」

「うるさいだけだよ。近所からクレームが出ないように注意してね」

 親切なんだか不親切なんだかよくわからないアドバイスを貰いましたが、さてどうしたものやら。

 道路の舗装工事でヘルメット姿のオジサンが使っているような防音ヘッドフォンを買ってくるべきでしょうか。いやはや、参ったな。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  


テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

プロフィール

あづみ

Author:あづみ


都会から安曇野の古民家に親子3人で移住しました。夏涼しく、冬は想像を絶する寒さですが、ハラを括って暮らせば何とかなるものです。

その後、縁あって畑付きの田舎家をゲット。現在は山中の古民家と里の家とを行き来する日々です。

安曇野に興味のある方、また古民家に暮らしたいと思っていらっしゃる方、よろしかったらお立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
本文検索キーワード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR