FC2ブログ

朝、玄関先に出ると包みが…もしやカッパの置き土産?

2019082401.jpg


 朝、土間の引き戸を開けて外に出ると、おや? 玄関先に新聞紙の包みがひとつ、ポツンと置いてありました。

 しまった。昨日の野良仕事のしまい忘れかな?…と思って片付けようとしたら、新聞紙の表に赤インクで名前が書いてあります。

2019082402.jpg


 ご近所の農家さんでした。

 中身は、みずみずしいアスパラカスの束。通りすがりに置いていってくださったのでしょう。

2019082403.jpg


 そういえば前日、畑でナスの収穫をしていたオジサンに、里の家で摘んだブルーベリーをスーパーのレジ袋に小分けして差し上げたことを思い出しました。

 田舎の人はとても義理堅くて、“貰ったら、お返しするのがあたりまえ”なんですね。

 うっかり忘れていると、まるでカッパの置き土産のように何かが届いたりするので、びっくりです。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

蝶を呼び寄せるスタミナ満点の低木、ブッドレア

2019082101.jpg


 去年、里の庭にブッドレアの苗を植えました。

 小さな安い苗を買ってきて庭の真ん中に植えたんですが、たった1年で2メートル超の背丈まで伸びたのにはびっくり。

 しかも円錐状の花房に、7月上旬からかれこれ2ヶ月以上、花が咲き続けています。

2019082102.jpg

 シュッとしてスマートな外観でいながら、じつはどうしてスタミナ満点のエネルギッシュな植物なんですね。

 その証拠に、甘い香りと蜜をふんだんに蓄えて、蝶がやってくるのを手ぐすね引いて待っています。

 すると次から次へ、さまざまなが蜜を求めて飛来します。

2019082103.jpg


2019082104.jpg


2019082105.jpg


2019082106.jpg


2019082107.jpg



 「バタフライ・ブッシュ」という別名どおりの盛況ぶりです。
 バタフライ・ウォッチングに最適の花だということがわかりました。

2019082108.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

古民家の屋根裏は味噌蔵として最適、のはずなんですが…

2019081701.jpg


 信州味噌を手作りしている我が家では、毎年、節分の前後に米麹と大豆で味噌を仕込み、真夏に“天地返し”をします。

 放ったらかしにしておくと熟成にムラができてしまうため、上と下を引っ繰り返すようにして入れ替えるんですね。

2019081704.jpg


 後は古民家の屋根裏に瓶を並べて保存します。

 3年寝かし、熟成が進んだところでフタを開けて中身を取り出します。

2019081702.jpg


 昼なお暗い古民家の屋根裏は、外気が35度を超えても25~26度をキープ。藁葺き屋根が直射日光を防ぎ、土壁と屋根の隙間から新鮮な空気が絶えず入ってきます。

 麹菌の発酵には絶好の環境なのでしょう。毎年、香り高い“手前味噌”ができあがります。

2019081703.jpg


 ところが、今年の夏の“天地返し”では、ちょっとした異変が起きました。

 屋根裏から降ろした瓶のフタを外し、重しと表面を覆うラップを取ったら、味噌(のなりかけ)の表面に、普段の年の数倍もカビが生えていたんです。

 梅雨が去年より1ヶ月長く続いたせいで、カビが活性化したのだと思います。

2019081705.jpg


 スプーンで表面に付いたカビをきれいに取り除き、瓶の内側も改めてエタノールで消毒してから、しゃもじを使って味噌を掻き混ぜました。

2019081706.jpg


 新しくラップを張って重しを載せ、瓶の口を厚紙で塞いでフタを閉じます。

2019081707.jpg


2019081708.jpg


2019081709.jpg


 これで天地返し完了。多少のカビが残っていたとしても、麹菌が食べ尽くしてくれるでしょう。

 味噌作りにおいて天地返しは「端折ってもいいプロセス」と言われますが、成長途中の味噌の“健康診断”のためには、やはり欠かせないなと思いました。

2019081710.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

窓ガラスに鳥除けのオーナメントをブラ下げてみた

 里の家の窓ガラスに野鳥が衝突する事故が絶えません。

 今年に入ってわかっているだけでも、モズ(百舌)とヤマバト(ヤマバト)が正面からぶつかって気絶→蘇生し、九死に一生を得ています。


 以前には窓の下の地面に、首の骨の折れたクロツグミの死骸が落ちていたこともありました。

 早く何とかしてよ!...と家族に急かされ、ホームセンターで見繕(みつくろ)ってきたのが、こちらの“鳥除けオーナメント”

 よく家庭菜園なんかにぶら下がっているアレです。

2019081401.jpg


 さっそく、窓枠にクリップをかまし、紐を垂らして吊り下げてみました。

2019081403.jpg


2019081402.jpg



 渦巻き状のシルバーのテープが、風を受けてゆらゆらするだけのシンプルな構造ですが、窓の外に吊しておけば、まず野鳥は気味悪がって寄ってこないでしょう。

2019081404.jpg


 しばらく様子を見て効果を検証したいと思います。

2019081405.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  





テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

古民家、10年で緑に埋もれる。

 縁あって私たちが古民家に暮らしはじめて10年が経ちました。

 以前のオーナーさんが周囲の木々をチェーンソーで伐採し過ぎたせいで、引っ越し当時の我が家は崖っ縁にせり出すようにして建つ、妙に大きな日本家屋という印象でした。

2019081001.jpg


 日当たりこそ良好でしたが、切られた木立の後には今にも崩れそうな法面が露出して、美観の点でも安全上も雑木林の再生が急務でした。

 プロの手も借りて、百本あまりの苗を家のまわりにせっせと植え続けました。

 こちらが最初の年の我が家。画面の左外に崖が広がっています。

2019081002.jpg


 5年後の写真を見ると、左側の緑が母屋に向かって“増殖”しているのがわかると思います。

2019081003.jpg


 そして10年目。現在です。左右から深い緑が迫ってきて、家が半分以上、隠れてしまいました。

2019081004.jpg


 緑に飲み込まれそうな勢いですが、酷暑でも家の中は涼しく、森の香りに満ちています。

 ようやく、あるべき環境に戻ったような気がします。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

安曇野の“水争い”の歴史をたどるニッチなツアーに参加しました

2019080701.jpg


 安曇野といえば、豊富な地下水が一帯を潤し、米作はもちろん清流を利用したワサビ作りがさかんな土地として知られています。

 私も、てっきり太古の昔から豊かな穀倉地帯として栄えてきたのかと思っていましたが、じつは北アルプスの火山岩や石ころが大地を覆い、元来は耕作に不向きな土地も少なくなかったのだそうです。

 その岩だらけ石だらけの荒れ地に川の水を引いて耕し、どうしても作物が育たないところには他所から土を運び入れ客土までして、少しずつ耕作地を増やしていったのだといいます。

 そんな安曇野の耕地開拓の歴史と、水利権をめぐる村人たちの“水争い”の歴史を、各地に点在する遺構を訪ねながらたどる…というマニアックなツアーが開かれました。

 題して「命の水を確保せよ!千年流れ続ける用水路と田んぼの物語」

2019080704.jpg


 松本の小さなツアー会社が企画した約2時間30分のウォーキングツアーで、定員10名のところ9名が集まり、先日、無事開催されました。

 参加料は1500円。地元出身の元博物館長さんがガイドに立って、烏川(からすがわ)流域から大庄屋・山口家周辺に至る江戸時代の遺構---五カ堰取入口跡、五カ堰分水口跡など、川の水を集落に引き込むためのさまざまな工夫の跡を見て回りました。

2019080702.jpg


 「隣の集落より10メートルでも川上から水を分流したい」という村人同士のつばぜり合いが、ついには暴力沙汰に発展して松本藩が介入する騒ぎになった、ちょうど川の中州のこのあたりで取っ組み合いの喧嘩があったらしい…などなど、相当ディープな郷土史を見て聞いて楽しませていただきました。

 あいにくの雨模様でしたが、参加者はみなさん“安曇野愛”に溢れているのか、それはもう本当に熱心に耳を傾け、熱心に質問していらっしゃいます。

2019080705.jpg


 世の中にはとんでもなくニッチなツアーがあるもんだな、と感心しきりの“小さな旅”でした。

20190807006.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  





テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

中古のエアコンを貰いました

2019080301.jpg


 親戚が「引っ越しして不要になったから」と言ってエアコンを1台くれました。

 木造家屋20畳以上に対応する200Vの大型エアコンで、新品なら20万円以上します。

 電気店に内部をきれいにクリーニングしてもらい、里の家のリビングに取り付けました。

2019080305.jpg


 我が家史上、初のエアコン!です。

 というのも、寒冷地の安曇野では本来、エアコンは「なくても済む」家電なんですね。

 実際、ご近所を見回してもエアコンを取り付けているお宅は半分ぐらいでしょうか。

 我が家の場合も、古民家には涼し過ぎて冷房はいりませんし、逆に冬は寒過ぎてエアコンごときでは暖まりません。

 一方、里の家はお盆前後の2週間ぐらい、とんでもなく寝苦しい夜が続きます。でも、この期間さえ我慢すれば、後はまずまず冷房のお世話にならずとも凌げるんです。

2019080303.jpg


 ただ猛暑が続くと、さすがに生きた心地はしません。この先、地球温暖化が進んで夏の平均気温がじりじり上がっていくようなことになったら、やっぱり冷房の導入を考えなくては…と思っていたのでした。

 そんな矢先、都合よく貰い受けることになったのが、こちらのお古のエアコン。

 ちょっと贅沢?な気もしますが、そろそろ安曇野界隈でも必需品なのかもしれません。

2019080304.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

「カメの恩返し?」--古民家の束石(つかいし)に小さなお土産が…

 先日、里の家の庭でネズミ狩りをしている野良ネコ「クロ助」のことを書きました(→マウスハンター「クロ助」参上)。

 一方、山里の古民家では、お隣の飼い猫「カメ」が権勢を誇って?います。

2019073101.jpg


 昨日も、濡れ縁の上や下を我が物顔で行ったり来たり。

 今朝、庭に出ると、おや? 濡れ縁の束石(つかいし)の上に何か小さな物が載っているような…。

2019073102.jpg


 しゃがんで眺めてびっくり。野ネズミの死骸でした。

 どうやらカメが“戦利品”をお裾分けしてくれたようです。

2019073103.jpg


 こんなもの置いていかれても困りますが、カメはカメなりに気前のいいところをアピールしたかったんでしょう。

 猫らしいヤツです。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

長引く梅雨。アマガエルが増える、増える

2019072601.jpg


 梅雨がなかなか明けません。

 いつまでもグズグズと小雨が降り続くので、畑の野菜も果樹も実なりがいまひとつ。この先、カラッと日が照ってくれなければ不作の年になるかもしれません。

2019072605.jpg


 そんな冴えない天気を味方につけて勢力増大中なのが、アマガエルです。

 畑や庭の草むらに、いるわいるわ。ものすごい数のアマガエルが、モゾモゾ、ピョンピョンと活動中です。

 開花したユリの花弁には、数日前から1匹のアマガエルが住み着いています。

2019072603.jpg


 花弁の表面をコロコロと転がっている水滴を飲んで、なんだか気持ちよさそうに過ごしています。

 夏が来たら、どこかへ避難するんでしょうか?

2019072604.jpg





人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

トンビが弁当泥棒?まさかの停電も!

2019072401.jpg


 安曇野の夏空をトンビがゆっくり弧を描いて飛んでいきます。

 古民家の庭先で、里の家の畑で、ふと鳥の影を感じて振り仰ぐと、悠然と低空飛行する姿が目にとまります。

 ところが最近、そのトンビに“異変”が起きているらしいのです。

 先日、クルマを走らせていたら、近くの信号機が一斉に消灯していて驚きました。

 真っ昼間のことです。およそ40分間で復旧しましたが、後で聞いた話によると変電所?にトンビの死骸が落ちていたそうです。感電死したのでしょう。

2019072403.jpg


 また別の日には、近所のスーパーで買い物をした人が、飛んできたトンビに弁当を盗られる被害に遭いました。

 「トンビに油揚げをさらわれる」と言いますが、最近のトンビはスーパーの弁当をさらうのかと感心していたら、地元紙に、

弁当奪うトビに注意
安曇野で被害
屋外の食事、買い物籠、標的
(2019年6月25日付 市民タイムス)


 という記事が載りました。なんでも3年ほど前から、穂高地区のスーパーで買い物帰りに駐車場を歩いていると、買ったばかりの弁当をトンビにさらわれる被害が出るようになったそうです。

 週に1回は起きていて、多い時には週3回も発生しているそうです。

 男性が被害に遭うことは少なく、女性や子供、お年寄りが狙われやすいんだとも。

2019072402.jpg


 新聞は原因について明らかにしていませんが、トンビはカラス並みに頭が良い生き物だそうで、用心に越したことはありません。

 エサ場が減ってしまったのでしょうか? それとも生息数が増えすぎたのか?

 トンビをめぐる謎の珍事が続いています。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

プロフィール

あづみ

Author:あづみ


都会から安曇野の古民家に親子3人で移住しました。夏涼しく、冬は想像を絶する寒さですが、ハラを括って暮らせば何とかなるものです。

その後、縁あって畑付きの田舎家をゲット。現在は山中の古民家と里の家とを行き来する日々です。

安曇野に興味のある方、また古民家に暮らしたいと思っていらっしゃる方、よろしかったらお立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
本文検索キーワード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR