軒下にログラックを組み立てました

 薪ストーブの横にバケツ状のウッドストッカーを置いてみたら、思いのほか使いやすかったことについては、先に書きました(→ただのデカバケツだけど役に立つ。ウッドストッカー)。

 すると今度は、部屋の外の薪置き場に不便を感じるようになりました。

 今まで、当座使用する薪については母屋の軒下に枕木を組み合わせて土台にし、その上に積み上げあったんです。

2017031101.jpg

 ピラミッド式に積んでいるため、床面積に対してあまりたくさんの薪を置けませんし、強風が吹いたりすると上から崩れてしまいます。

 うまい収納方法はないかな、と調べてみたら、専門店のサイトに「ログラック」なるものが売っていました。

2017031106.jpg

 要は塗装した鉄パイプのラックです。間口2メートル46センチ、高さ1メートル25センチ。薪およそ60束を納められて、お値段8000円というので、試しに1台、購入してみました。

 外箱を開くと、鉄パイプとボルト、ナットがわらわら出てきました。二人がかりでネジを締め、30分ほどで完成しました。

2017031104.jpg

2017031105.jpg

 長さ40センチの薪を積むのにぴったり。それなりに剛性もありそうです。ありがたいことに、軒下がすっきりしました。

2017031103.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

ただのデカバケツだけど役に立つ。ウッドストッカー

2017022803.jpg

 薪ストーブを使い始めて困ったことがあります。それは薪の置き場

 長期保存用の薪置き場は戸外に用意してありますが、室内にも今日明日、使う分を適量置いておくスペースを確保しなけりゃなりません。

 当然、それは薪ストーブの近くということになります。

 専門店のサイトには、外気に晒された薪をすぐにストーブに放り込むより、部屋の環境に馴染ませてから利用したほうが良い、などと書いてあります。

 薪の含有水分の調節のためには、それなりに意味のあることなんでしょうが、そもそもストーブのそばに当座、使うだけの薪を置いておかなければ不便で仕方ありません。

 というわけで、最初に試してみたのが掃除用のバケツでした。掃除に使うスレート製のアレです。

 安くて丈夫で良かろうと思ったんですが、薪を立てて入れると数本で満杯になってしまうんですね。

 しかもバケツは底の面積が小さくて口が広いラッパ型ですから、すぐに引っ繰り返ってしまいます。

 薪を床に直置きすることも考えましたが、木っ端や虫の死骸があたりにパラパラ散るため、掃除が大変です。

 そんなこんなで、やむなくネット通販に頼ることに。ググってみたら、あるんですねぇ。

 薪専用のバケツなるモノが「ウッドストッカー」なんて洒落た名前で絶賛販売中なのでした。

 コスパの良さで選んだのが、こちら。「アラスメタル社 オーバルウッドストッカー 中」という商品です。

2017022804.jpg

 ちょうどバーゲン中で、38%引きの4600円ほどで買いました。

 楕円形の鉄製のズドンとした胴体の両側に、木製の持ち手が付いています。

 幅480ミリ、奥行き310ミリ、高さ250ミリ。容量21リットルです。

 無駄にデカイ気がしないわけではありませんが、これで重さは2キロ。意外に軽いんですね。

 全面に焼き付け粉末塗装が施されていて、錆に強いという触れ込みです。

 さっそく長さ40センチの楢の薪を差し込んでみました。

2017022802.jpg

 薪というのはささくれ立った木々の断片ですから、やわな作りだとすぐに傷んでしまいます。しかし、かなり乱暴に抜き差ししてもバケツに傷は付きません。

 楕円の寸胴スタイルなので引っ繰り返ることもなく、とても安定しています。

 ゴミも散らず、ストーブの横に意外にちんまりと収まってくれました。

 ただのデカいバケツだな、ダサくてイヤだなと渋々買ったのですが、やっぱり専門商材ってのは使い勝手が良いものですね。

2017022805.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

田んぼと畑に囲まれた本格フレンチ・レストラン「ラヴニール」

 安曇野の田畑の真ん中で本格フランス料理を提供する店がある、と聞いて出かけてみました。

 農地の間に住宅が点在する郊外の一角。通りに面してちょっと瀟洒な赤い屋根が目につきます。

 レストラン ラヴニール(L'avenir)です。JR大糸線の穂高駅から1キロ。徒歩でも行かれる距離にあります。

2017031501.jpg

 ディナータイムに訪れたので周囲は闇に沈んでいましたが、春ともなると周囲の田畑からケロッ、ケロッ♪…カエルの大合唱が聞こえてきます。

 お店の内部は、アイボリーとブラウンでまとめた家庭的なインテリア。高い天井の中央でサーキュレータが静かに回っています。

2017031502.jpg

 テーブルに置かれた小さなガラスの花瓶に、野の花がさりげなく活けてあります。お店の心遣いが嬉しい演出です。

2017031503.jpg

 ナプキンを包んだオリジナルの紙ラベルには、北アルプスのイラストの下に「L'avenir」のロゴが。

 L'avenirとは、フランス語で「未来」のこと。ポジティブな店名を眺めているうちに、なんだかお腹がすいてきました。

2017031504.jpg

 メニューの中から、オードブル+スープ+魚料理+肉料理+デザート+コーヒーのディナーコースを選択。

 メニューA(4320円)は肉料理が黒豚の煮込みカシス風味、フォアグラコース(4860円)は、フォアグラのソテー、フルーツソースと牛肉のソテーでした。

 前菜から始まってとうもろこしの冷製スープも魚のソテーも、しっかりした味付けながらしつこくはありません。ワインがすすみ、おいしく頂けます。
2017031505.jpg
本日のオードブル

2017031506.jpg
本日のポタージュ

2017031507.jpg
本日の魚料理

2017031508.jpg
黒豚の煮込みカシス風味

 フォアグラというと、こってりまったりの濃厚食材というイメージですが、ブルーベリーソースがかけ回してあって、フルーティでほどほどに軽い食感です。

2017031509.jpg
フォアグラのソテー、フルーツソースと牛肉のソテー

 デザートはリストから好みの3品を選びます。甘さを控えた大人のテイストで、見た目も鮮やかで楽しめました。

2017031510.jpg
デザート

 地元食材をバランスよく配したシェフの腕はなかなかのものと拝見しました。都内のフレンチ・レストランなら優に8000円超の内容かな。


【ラヴニール】





人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

薪ストーブ+ダッジオーブンでアクアパッツァ作りに挑戦!

 食い道楽の友人が里の家にやってきました。赤々と燃える薪ストーブの火を眺めているうちに、

「たしか、この家にダッジオーブンあったよね? アクアパッツァ作らない?」

 と言い出したのです。アクアパッツァいいねぇ、という話になり、勢いで材料を買い出しに行きました。

 スーパーでおいしそうなタイ1尾イワシ2尾を見つけ、アサリ、ズッキーニ、ミニトマト、ヤングコーン、スナップエンドウ、芽キャベツ、ニンニク、そしてアンチョビの缶詰とケーパーの瓶詰めを調達。

2017030801.jpg

 調理用の白ワインには、地元長野産の「無添加 信州 善光寺竜眼」を選びました。

 家に戻ってさっそく支度です。

 鯛のウロコと腸を取り、アサリの砂出しをします。野菜を適当なサイズにカット。ダッジオーブンの底にオリーブオイルとニンニクを敷きます。

 古民家で料理する場合はこの状態で囲炉裏の火に掛け、ニンニクをオリーブオイルで炒めながら、順に野菜、魚、貝、アンチョビ、ケーパーとミニトマトを入れ、最後にフタをするんですが、薪ストーブで調理するのは初めて。ダッジオーブンの加熱の仕方がわかりません。

 ストーブの天板にオーブンを載せて、フタに豆炭を盛って加熱するのでしょうか?

 友人に尋ねると、

「知らないよ」

 えっ? 料理が始まっているのにわからないでは洒落になりません。

 慌ててネットで調べると、なんと!薪ストーブの炉の中にダッジオーブンを丸ごと放り込め、と書いてあるではありませんか。しかも、ダッジオーブンのフタに豆炭を載せたまま、だというのです。

 いやぁ、大雑把です。火加減はどうやって調整するんでしょうかね。というか、調整なんか不能ですよね、これじゃ。

 でも、そんな雑駁(ざっぱく)なところが“男めし”らしくて気に入りました。

 ダッジオーブンに材料を無造作に重ねて入れ、仕上げに白ワインをジャボジャボ…。1本丸々、注ぎました。

2017030802.jpg

2017030803.jpg

2017030804.jpg

2017030805.jpg

2017030806.jpg

2017030807.jpg

 薪ストーブの薪を十分に燃やし、真っ赤っかの木炭状態になったところで、同じく赤々と熾した豆炭をダッジオーブンの上ブタに載せ、水平を保ちながらストーブの中へ押し込みます。

2017030808.jpg

2017030809.jpg

2017030810.jpg

 我が家のストーブは小型なので、オーブンを入れるにはギリギリの内径しかありません。

 それでも豆炭を積んだ状態で、きっちり炉に納めることができました。

 タイマーをセットして、待つこと20分。

 炉から取り出し、おっかなびっくりフタを開けてみると…おいしそうなアクアパッツァが無事できているじゃありませんか!

2017030811.jpg

 白ワインとフランスパンでいただきました。素材の味がしっかり残って、しかもスープにコクが出て旨いこと旨いこと。

 手っ取り早くて超おいしい、男めしの定番です。

2017030812.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

バスタブに落ちた野ネズミの運命や如何?

2017030401.jpg

 完全冷凍状態の古民家から脱出して1ヶ月ほどが経ちました。

 その間、水道の元栓を閉め、浴槽の水を抜いて里の家に一時避難していました。

 ようやく寒さが緩んできたので、先日、山開き?のつもりで我が家に戻り、建物の内外を点検してみてびっくり。

 空になったバスタブの底で野ネズミが死んでいたんです。

2017030402.jpg

 どうやらこのネズミ、好物の石鹸を探して風呂場をうろついているうちに、誤ってバスタブの縁から足を滑らして奈落の底に落ちたらしいのです。

 つるつるで取っ掛かりのないバスタブの内側は、まさに“ネズミ返し”。哀れ野ネズミは、這い上がれないまま息絶えてしまったのでしょう。

 風呂場の温度は日中でも零下なので、死骸はフリーズドライ状態。剥製のようにきれいでした。

2017030403.jpg

 ちょっと可哀想な気がして、庭先に葬ってやりました。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

ツメの甘さが気になる。創作イタリア料理「トレンタトレ」

2017022601.jpg

 東京・吉祥寺から2016年春に安曇野・穂高に移転してきた創作イタリア料理「トレンタトレ」。吉祥寺時代からコアな常連客が付いていたと聞き、足を運んでみました。

2017022602.jpg

 週末の午後7時過ぎに訪れると、店内は若いお客さんでいっぱい。わずか1年足らずの間に新しい場所でこれだけの顧客を獲得できるとは、さすがです。いやが上にも料理への期待が膨らみます。

2017022604.jpg

 窓際に置かれた黒板に、おすすめの前菜とメイン料理、パスタがチョークで書いてあります。いずれもリーズナブルなお値段です。

2017022603.jpg

 まず赤ワインを注文。伊包焼(イタリア版のぎょうざ/4コ400円)、水牛のモッツァレラとバジルとトマト(900円)、豚肉の田舎風パテ(500円)、とりのレバー マルサラソース パスタ(1050円)を頼みました。

 ただ、混んでいたせいでかなり待たされたのは仕方ないとして、出てきた料理の色味が今ひとつ冴えません。地味というか、あまりおいしそうに見えないのが気になりました。

2017022605.jpg
伊包焼(イタリア版のぎょうざ/4コ400円)

2017022606.jpg
水牛のモッツァレラとバジルとトマト(900円)

 味も端的にいって今イチ。素材の魅力を大事にしているとのことですが、豚肉の田舎風パテは少々、脂が乗り過ぎていますし、パスタは鶏レバーのニオイがキツく、完食できませんでした。

2017022607.jpg
豚肉の田舎風パテ(500円)

2017022608.jpg
とりのレバー マルサラソース パスタ(1050円)

 創作料理を謳っているわりにはツメが甘いといいましょうか、一品一品へのこだわりが少しズレているような印象です。

 お店の雰囲気が素晴らしいだけに料理が残念。移転してまだ日が浅く、諸々準備が整わない中での店舗運営なのかもしれません。

 次回、もうちょっと空いている時間帯を狙って再訪しようと思います。


【トレンタトレ】





人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

鳥インフル発生で今年はコハクチョウも肩身が狭い?

2017022301.jpg

 安曇野の冬の名物といえば白鳥です。毎年、1000羽あまりのコハクチョウが、遠くシベリアから大挙して飛来します。

 今年も近所の田んぼや川面に、たくさんのコハクチョウが群れをなして集まってきました。

 空の低いところを数羽単位で飛んでいることもあれば、数十羽が水田でガーガー鳴き声を上げながらエサをついばんでいる光景を目にしたりします。

 先週末には、近所の川で50羽ほどが羽を休めていました。コハクチョウに混じってコクチョウもいるようです。

2017022302.jpg

 例年なら安曇野市内に2カ所ある白鳥飛来地が開放されて、鳥たちの様子を間近に見ることができるのですが、この冬は飛来したコハクチョウの1羽に鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たとかで、立ち入りが制限されてしまいました。

 残念ながらコハクチョウの観察は来冬までお預けです。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

国営あづみの公園でスノーシュー・ウォーキング!

2017021701.jpg

 国営アルプスあづみの公園の大町・松川地区で、冬の間、スノーシューのウォーキング・ツアーをやっていると聞き、友達を誘って行ってみました。

 公園のホームページには、2月の土日に開催と書いてあります。

スノーシューを履いて真白な森に飛び出そう!


西洋「かんじき」とも呼ばれるスノーシュー。初めての方でも簡単に楽しめる雪遊びの道具です。スノーシューを履いて雪の森へ出かければ、動物の足跡など、新しい発見がきっとあるはず。

スノーシューを履いて雪上散歩や樹木の観察などをお楽しみいただきます。公園サポーターが見どころをご案内します。初めてのかたでも楽しく参加していただけます。靴は防水防寒性のあるスノーブーツやトレッキングブーツがお勧めです。スノーシュー・ストック・スパッツなどは無料でお貸出しします。

【開催日】2月4日(土)~2月26日(日)の土日祝日
【時間】午前の部10:30~、午後の部13:30~(所要時間は各60分~90分で、ご都合に合わせて時間・コースを変更いたします)
【定員】20名
【参加費】無料(別途、入園料が必要です)

*十分な積雪が無い場合は中止させていただきます。予めご了承ください。

 こんな真冬にまさか定員20名を超える参加者がいるとは思えませんが、念のためサイトから予約して出かけました。

 当日は朝からどんよりした曇り空。北アルプスの山麓に広がる同公園の大町・松川地区に近づくにつれ、乾いた雪が降り出しました。

2017021702.jpg

 入場料410円を払って公園に入ると、正面に机が1つ。本日のスノーシュー体験参加者の名簿が載っています。

 名簿を覗いてびっくり。なんと私たち2名の他に、8名の団体さんがエントリーしていたんです。

 総勢10名のパーティにボランティアの年配の男性2名がガイドとして付き、用具倉庫に向かいました。

 全員にスノーシューとストックが無料で貸し出されます。

2017021703.jpg

 大人男性用の「大」と書かれたスノーシューを受け取り、スノーブーツの上から着用してみます。

 昨冬、伝統的なかんじきを履いて雪原を歩くツアーに参加しましたが、スノーシューは今回が初体験です。

2017021705.jpg

 つま先と踵の後ろ側にストラップ式のビンディングがあり、靴に合わせてギュッと一締めすると、つま先側が固定されます。踵はわざと浮くようにできていました。

 フレーム本体はアルミ製で、裏側にギザギザの爪(クランポン)が付いています。これが雪に食い込み、滑らない仕組みです。

2017021704.jpg

 一足先に装着ができたので、少し試し歩きしてみました。

 かんじきと同様、スノーシューも内股気味に歩くとフレームを踏んづけてしまいます。足がもつれるので注意が必要です。

 まあ、単に両足を少し開き気味にして歩けばいいだけのことなので、これはすぐに慣れました。

 ところが、意外なところに落とし穴が。良い気になってバックしようとしたら、テール部分が雪に刺さって浮き上がり、思いっきり尻餅をついてしまったんですね。

 後でガイドの方に聞いて知ったのですが、スノーシューの弱点はこの“後退”なのだそうです。

 スノーシューを履いたらバックは避けてUターンするか、狭い場所ならスキーのキックターンの要領で回るのが正解なんだとか。説明を受けてから行動を起こさないと、こういうことになるんですね。

 その後、前後をガイドさんに挟まれ、公園内の広大な雪原を歩き出しました。

2017021707.jpg

 夏場、マウンテンバイクのコースになっているエリアをぐるっとめぐるツアーです。

2017021706.jpg

 通常なら縦1列になってゾロゾロ行くんでしょうが、やがてガイドさん曰く、

「なるべく横に広がって新雪の上を歩いてみてください。そのほうが気持ちいいですよ」

 そこでガイドさんを中心に扇状に広がって進みました。

 なるほど!こんもり積もった雪の表面にスノーシューを踏み入れると、何とも形容しがたい柔らかな感触が足の下から全身に伝わってきます。

 白い綿の上を歩いているような、贅沢な感覚です。

 雪の降りしきるやわらかな雪原を、足裏で味わうようにして歩く…ヘンな表現ですが、なんだか新雪を独り占めしたような気持ちになりました。

 時折、ガイドさんが皆を集めて、獣の足跡や樹木の高いところに見えるタカの巣の解説をしてくれます。「へぇ~」と感心するエピソードばっかりで、こちらも楽しめました。

2017021708.jpg

 正味1時間30分ほどのツアーは、あっという間でした。歩数にして6000歩強と、じつはさほどの距離を歩いたわけではありませんが、足を大振りにするのでちょうど良い有酸素運動になりました。

 参加費無料で用具もタダ、しかも親切なガイドさんまで無料で付いてくるという大盤振る舞いのアクティビティ。さすが国営公園は太っ腹です。

 雪の安曇野を縦横無尽にウォーキングしたい向きには、最適なツアーだと思います。一風変わったウィンタースポーツをお探しの方にオススメです。

 ただし寒さ対策は万全に。


【国営アルプスあづみの公園の大町・松川地区】




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

薪ストーブにスティーマーを載せてみました

 真冬は薪ストーブが大活躍。24時間、焚きっぱなしです。

 体の芯まで温まるのはありがたいのですが、室内がカラカラに乾燥して困ります。とにかく喉が渇いて仕方ありません。

 ストーブの上にフタを外したヤカンを置いてみました。冷たい水がみるみるうちにお湯に変わって、あっという間に沸騰。ごく短時間のうちに蒸発してしまうんですね。

 これはまずいぞ、もっと口の広い容器に水を張らねば…というわけでダッジオーブンを使ったところ、結構いい感じに加湿できました。

 ならばということでネットで調べると、ダッジオーブンみたいな形状の薪ストーブ専用スティーマーが販売されていることを知りました。

 へぇ、こんなモノもあるんだ、と感心したのですが、ちょっとお高いのが難点。いちばん小さいヤツでも9000円しますが、ともかく購入してみました。

2017011801.jpg

 鋳鉄製で、内側がホウロウ仕上げになっています。水をなみなみと張り、ストーブに置くと、同じ鋳物同士のせいか熱伝導が早く、たちまち蒸気を発するんですね。

2017011803.jpg

 引き出しにしまってあったアロマオイルを数滴、垂らしてみました。

2017011804.jpg

 すると一瞬でアロマの香りが部屋のすみずみまで届いたのには、ちょっとびっくり。

 アロマランプなんかでじわじわ香りを広げるのとは違って、スティーマーにはものすごい拡散力があるようです。

2017011805.jpg

 ただし空焚きは禁物です。日に何度も黒い容器の中を覗き込んでは水を注ぎ足さなければいけませんが、慣れればそれもどうってことありません。

 適度な湿度をキープできるようになり、結構、満足しています。

2017011802.jpg





人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

温泉の洗い場で「ケロリン」桶を見つけるとホッとします

2017020801.jpg

 温泉の洗い場の壁際に積んである黄色の洗い桶といえば、かの有名な「ケロリン桶」です。

 昭和の昔から黄色い桶の底に赤いカタカナで「ケロリン」と書いてありました。

 デザインも色も桶の形も昔とぜ~んぜん変わらないんだな…と思っていたら、なんと初代(1963年)のケロリン桶は白色だったそうです。ケロリンの製造販売元・内外薬品のサイトにそう書いてありました。

 でも、白では湯垢の汚れが目立つため、途中から黄色いボディ色に改められたのだとか。なるほどねぇ。

 ケロリン桶がデビューした当時の日本の銭湯では、一般に木製の洗い桶が使われていました。ただ、木桶は不衛生だし壊れやすいということで、この時期、プラスチック製に置き換わりはじめたのだそうです。

2017020802.jpg

 そこに目をつけたのが、睦和商事という広告会社の営業担当マン。みんなが利用する銭湯の洗い桶の底に商品名を印刷しておけば大勢の目に留まる…と考えて、内外薬品に売り込んだのだそうです。

 まだ内風呂が普及していない時代。銭湯の洗い桶の底は、テレビにも匹敵する媒体価値を持っていたのですね。

 内外薬品は、睦和商事の提案を受け入れ、各地の銭湯や温泉場に商品名入りのプラスチック製洗い桶を提供していきました。

 かくして全国の洗い場に、あの黄色のプラスチック桶が行き渡ったというわけです。

 ちなみに、この時の睦和商事の営業マンは、その後、出世して同社の社長まで上り詰めたそうです。これも内外薬品のサイトに書いてありました。

 睦和商事は最盛期には年商1億3000万円を上げていたようですが、公衆浴場向けの需要が落ち込むとともに経営不振に陥り、2013年に倒産してしまいました。

 その後、ケロリン桶の製造販売は内外薬品が引き継ぎ、現在に至っている模様です。

 …とまあ、そんなこぼれ話にも長い歴史を感じさせるケロリン桶ですが、安曇野周辺の温泉地では今も日帰り温泉施設でちらほら見かけます。

2017020803.jpg

 写真は大町市の葛温泉(くずおんせん)高瀬館の内湯で見つけたケロリン桶。もうもうと立ち込める湯煙を透かして黄色の桶を見ていると、妙な懐かしさを感じます。

2017020805.jpg

 今時、おしゃれなスパ・リゾートには絶対に置いていないでしょう。

 もはや古ぼけてダサいだけのケロリン桶かもしれませんが、これで湯を浴びると絶対、湯冷めしないような気がするから不思議です。

2017020804.jpg


 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

プロフィール

あづみ

Author:あづみ


都会から安曇野の古民家に親子3人で移住しました。夏涼しく、冬は想像を絶する寒さですが、ハラを括って暮らせば何とかなるものです。

安曇野に興味のある方、また古民家に暮らしたいと思っていらっしゃる方、よろしかったらお立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
本文検索キーワード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR