FC2ブログ

ドレッシングの専門店とは珍しい!「クエル・ド・ノメル」

 グルメ通の地元の知り合いから、「安曇野にドレッシングの専門店があるよ」と教えてもらい、出かけてみました。

 こちらが「小さなドレッシング屋さん クエル・ド・ノメル」。無添加のドレッシング各種を製造・販売しています。

2019012301.jpg


2019012302.jpg


 お店に入ると、正面のテーブルに5種類のドレッシングのサンプルが並んでいました。

2019012303.jpg


元気ドレッシング(和風にんにく)
ご機嫌ドレッシング(和風ごま油)
COO元気ドレッシング(バージンオリーブオイル)
しょうがのたれ(元気あげのたれ)
元気ドレッシング(こめ油)


2019012304.jpg


「初めてのお客様ですか?」

 接客中だったオーナーのマダムに声を掛けられたので、はいと答えると、

「ちょっとお待ちくださいね。今、試食をご用意しますから」

 サニーレタスを一口ずつ5等分に切り分けて盛った皿を出してくれました。
 

2019012305.jpg


 サニーレタスには5種類のドレッシングがかかっています。

 目の前のサンプル瓶を見ながら、一切れずつ味見できるんです。

 サニーレタスを一噛みしてびっくり。濃厚な風味なのにさっぱりしていて後に残りません。
 特ににんにく仕立ての「元気ドレッシング」は、にんにくの味と香りがスッと広がり、きれいに消えていく感覚です。

「ニオイが残らないように処理してありますから、朝からサラダにかけて召し上がっても大丈夫ですよ」

 とマダム。なたね油とこめ油使用の2種類を食べ比べ、よりマイルドでクセのない「元気ドレッシング(こめ油)」(900円)を買いました。

2019012306.jpg


 もともとこちらのお店はレストランだったのだそうですが、ご主人が亡くなり、体力的にもきつくなったマダムが、ドレッシングの販売だけに絞って続けていらっしゃるんだとか。

 レシピはレストラン時代から受け継がれたもので、サラダやパスタ、ピラフ、マリネなどに最適です。

 通販サイトもあるので、こだわりのドレッシングをお探しの方は、一度お試しください。

 防腐剤・添加物を使っていないため賞味期限は6ヶ月。

 かける前に20回ぐらい容器をよく振るのが、おいしく食べるコツだそうです。

2019012307.jpg




「小さなドレッシング屋さん クエル・ド・ノメル」




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

トラクターの凍結防止は軽油で

2019011901.jpg


 里の家のトラクター「クボタL3001」は、御年取って推定40歳超のとんでもないご老体です。

 去年の夏には畑の真ん中でオーバーヒート。幸いにも大事には至らず、すぐに復旧してくれましたが、冬は冬で寒さが堪(こた)えるのは機械も人間も一緒です。

 最低気温がマイナス10度を下回る1~2月には、燃料の軽油が凍結して壊れてしまう恐れがあるんですね。

2019011902.jpg


 前オーナーからは「真冬になる前に燃料を抜いておいたほうがいいよ」と忠告されていました。

 でも、トラクターの下に潜り込んで軽油を抜くのは、正直面倒です。

 以前、失敗してもろにオイルを被ってしまったことも。

 何かほかに良い方法はないかな、と思って日頃お世話になっているKUBOTAの販売店に尋ねると、

“冬の軽油”を燃料タンクに入れておけば心配ありませんよ」

 と教えてくれました。

 軽油には成分によって特1号~特3号まで5種類あるそうで、寒冷地のガソリンスタンドでは夏期と冬期で異なる軽油を扱っているんだとか。

 なんだ、そういうことなのか。簡単じゃないの…さっそくガソリンスタンドにハンディタンク持参で出かけました。

2019011903.jpg


 安曇野では毎年12月に入ると軽油を冬期用に切り替えて販売しているとわかり、20リットル缶に“冬の軽油”を詰めてもらって帰りました。

2019011904.jpg


2019011905.jpg


 トラクターの燃料タンクに注ぎ足してみたんですが、ホントにこれで大丈夫なんでしょうか?

 簡単過ぎるのが心配で、最低気温がマイナス10度になった朝、おっかなびっくりセルを回してみると…一発でエンジンがかかりました。

 翌朝も、翌々朝も念のためエンジンを始動させましたが、すぐにかかります。まったく問題なさそうです。

 これで頭から油を被る心配がなくなったみたいです。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

空き缶を捨てようと思ったら、おや?「空釜回収BOX」って?

2019011601.jpg


 先日、クルマで東京方面に出かけた時のこと。中央道の諏訪湖SAで小休止して、缶コーヒーを飲みました。

 空になった缶をトイレの前の「空き缶回収BOX」にポンと放り込んだつもりが、次の瞬間、なんだか強い違和感を感じて思わず振り返ると、そこには…

空釜
回収BOX


2019011602.jpg


 「え?空釜?カンじゃないわけ?」

2019011603.jpg


 なんだかヘンです。で、とりあえず投げ入れたコーヒー缶をカゴから取り出してさらにびっくり。なんとカゴの底にこんな断り書きが。

2019011604.jpg


ゴミ箱ではありません!!



 たしかに、あらためてカゴを覗くと、隅っこのほうに小さな陶製のお釜が一つ、ちんまりと置いてあるじゃないですか。やっぱりこのカゴ、空き缶入れじゃなくて「空釜」入れだったようです。

 しかし、なぜまたゴミ箱コーナーに、わざわざお釜を入れる専用カゴなんか設置してあるのでしょうか。

 不審に思ってSAの店内を見て回り、納得。

 かの有名な「峠の釜めし本舗おぎのや」さんが、名物の釜めしを店内で販売していたんですね。

2019011605.jpg


 おぎのやと言えば、旧JR信越線の横川駅構内で「峠の釜めし」を売っていた、信州弁当界きっての老舗です。

 それが諏訪湖で釜めしを販売していたとは。迂闊にも今までその存在に気づきませんでした。

2019011606.jpg


 調べてみると、1997年9月に信越本線横川 - 軽井沢間の路線が廃止されたことに伴い、駅弁としての「峠の釜めし」は碓氷峠で販売できなくなってしまったんですね。

 おぎのやでは新たな売り場を求めて、信州各地のドライブインに売店を展開したのでした。

 「峠の釜めし」は、益子焼のオリジナルの土釜に入って売っています。私たちも大ファンですが、食べた後、残ったお釜の処分に困ることもしばしば。

 そんなこんなで、諏訪湖SAではゴミ箱横に専用の回収BOXを置いたんでしょう。

 みなさんも、もし安曇野の帰り道に諏訪湖SAに寄ったら、うっかり空き缶を投げ入れないでくださいね。

2019011607.jpg





人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

売買電が始まりました。

2019011201.jpg


 太陽光発電がスタートしました。

 里の家の母屋外壁に、鍵のかかる金属ケースが新たに設置されました。開くとブレーカーと電源コンセントが並んでいます。

2019011205.jpg


 施工業者さんの説明によれば、太陽さえ出ていれば停電時にこのコンセントから直接、発電中の電気を家電に供給できるんだそうです。

 タップ1個につき最大1500Wを採れるということなので、非常時にも冷蔵庫の中身を溶かさずに済むかもしれません(ただし、夜間に停電になったらアウト。あくまでエマージェンシー用ですが)。

 一方、発電状況は室内のタブレットでリアルタイムに見ることができます。

 こちらは去年のクリスマス当日の画面です。

2019011202.jpg


 写真は、午前10時半頃の発電状況です。天気は曇り時々晴れ。11.0kW発電し、0.7kWを消費。差し引き10.3kWを売電しています。

 午後3時半には空が雲で覆われ、日も傾いてきました。それでも0.7kWほど発電し、わずかながら売電状態が続きました。

2019011203.jpg


 日付が変わって26日の深夜零時過ぎ。発電は停まり、冷蔵庫と水道管の不凍帯の通電分、1.3kWを丸々、電力会社から買っていました。

2019011204.jpg


 …と、こんなふうに売買電の状況が刻々と変わっていく様子が可視化されるので、つい見てしまいます。

 ゲーム感覚で面白いなぁ、と施工業者さんの前で呟くと、

 「皆さん最初のうちはちょくちょくご覧になりますけど、すぐに飽きちゃって故障になっても気づかないみたいですよ。念のため、週に一度ぐらいはタブレットの電源を入れてください」

 と言われちゃいました。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

太陽光パネル...ホントに大丈夫なの?

2019010905.jpg


 昨年末、「冬の電気代が高過ぎるから太陽光発電...」と投稿したところ、当ブログをご愛読いただいている皆様から、

「思わず止めたくなりましたが、もう材料が届いてしまったのですね」

 など、さまざまなご心配をお寄せいただきました。ありがとうございます。
 
 頂いたコメントは、およそこんな内容でした。

■安曇野ではそれほど太陽光が当たらないかも。

■冬期は山に雲がかかるので1時間ほど(発電時間を)引かないと駄目ですね。

■太陽光パネルの寿命はそんなに長くなく、廃棄には高額の処理費用がかかります。

■電力会社の「太陽光発電買い取り中断」も起きている。

■電磁波被害も。


 う~む。こうやって箇条書きにするだけで、止めておけばよかったかも…と思いたくなる材料がいくつも出てきました。

 ですが施工のほうはその後も着々と進み、「雪が降るまでには工事を終わらせます」と言う電気屋さんの言葉どおり、昨年末に無事、完成しました。

2019010901.jpg


 こちらが母屋です。明かり取りの天窓と薪ストーブの煙突を避けてパネルが配置してあります。

2019010902.jpg


 一方、薪置き場に使っている鉄骨製の資材置き場の屋根は障害物がないので、ご覧のとおりパネルをスクエアに配置することができました。

2019010903.jpg


 合計94枚。さて、どうなることやら。造作しちゃったんだから今さら後戻りはできませんが、当面はおっかなびっくり使っていくことにします。

2019010904.jpg





人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

大晦日、「年越しワンコそば」をいただきました

2019010505.jpg


 大晦日、我が家では「年越しワンコそば」をいただきます。

 近所のスーパーで買ってきた信州そばに、油揚げ、ナルト、海苔、長ネギ、ミツバなどをちょこちょこ加工して載せ、犬の顔にするんですね。

2019010502.jpg


2019010503.jpg


2019010501.jpg


 昨年末も家族全員でワンコそばを楽しみました。

 顔のモデルは我が家のチワワ。似てるかな?

2019010506.jpg


2019010504.jpg





人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

明けましておめでとうございます。

2019010101.jpg


 毎年、変わり映えいたしませんが、安曇野から新年のご挨拶をさせていただきます。

 今年も、山里の古民家&里の生活情報をお送りしていくつもりですので、ご愛読よろしくお願いいたします。

2019010102.jpg





人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  





テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

今年もお付き合いいただき、ありがとうございました

 本年も「安曇野の古民家に暮らす」にお付き合いいただき、ありがとうございます。

 毎度毎度、ワンパターンで恐縮ですが、安曇野名物の道祖神で今年1年を振り返ってみたいと思います。

 私たちにとっての2018年は、古民家におサルの群れやニホンカモシカがやってきたり、はたまた里の家に太陽光パネルを設置したりと、それなりに波瀾に富んだ(?)1年でした。

 みなさま、良い年をお迎えください。

1月
2018123101.jpg


2月
2018123102.jpg


3月
2018123103.jpg


4月
2018123104.jpg


5月
2018123105.jpg


6月
2018123106.jpg


7月
2018123107.jpg


8月
2018123108.jpg


9月
2018123109.jpg


10月
2018123110.jpg


11月
2018123111.jpg


12月
2018123112.jpg



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

意外に便利なペダル式の空き缶圧縮機

2018122602.jpg


 田舎暮らしで意外に不便なのがゴミ出しです。

 都内や政令都市なら、ウイークデーはファミレスの日替わりランチのように、各種ゴミの収集がまめに行われています。

 でも、田舎はさにあらず。ゴミの収集車が回ってくるのは稀だし、場所によってはそもそもゴミは自分からクルマに載せて捨てに行くルールだったりします。

 私たちの住むエリアも、ゴミ出しは基本、決められた曜日に決められた収集所にエッチラオッチラ運び込まなければいけません。

 その際、問題になるのがビンと缶のゴミ出しです。

 ビンは叩き割って運ぶわけにもいかないので、ビニール袋に小分けして持参します。

 厄介なのはです。アルミ缶を手で潰しても、袋に詰めるとすぐに山盛りになってしまいます。

 重くはないけれど、無闇に嵩張るのが困りものです。

 そんな時、足で踏んで潰す空き缶専用の圧縮機なるものの存在を知りました。

2018122601.jpg


 さっそくamazonで購入したのが、こちら。リサイクルクラッシャー踏み踏み(ミニタイプ) RC-2Mというベタな名前の商品(2039円)でした。

 鉄製で重さ2キロ弱。持つと見た目より重量感があります。

2018122603.jpg


 平らな場所に置き、本体をワニの口のように開いて空き缶を載せます。フタを閉じて上から踏んづけると、あっさりペッタンコになるんですね。

2018122604.jpg


 踏みしめた時、グチャ!…と軽い反動があるくらいで、別に力む必要もありません。

2018122605.jpg


 これは便利! ゴミ出しが楽しくなりそうです。

2018122606.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  





テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

冬の電気代が高過ぎるから太陽光発電...

2018122202.jpg


 里の家では、冬期の暖を薪ストーブでまかなっています。

 灯油ストーブや電気ストーブ、炬燵は使いません。

 燃料費としてかかるのは薪の購入代ぐらいのもので、それも原木を買ってきて自分たちで玉切りにし、斧で薪割りをするつもりなら、完成品の半値ぐらいに抑えられます。

 普通に考えれば冬場の光熱費は(薪代を別にすると)ほとんどかからないはずなんです。

2018122201.jpg


 ところが。

 最初の冬を過ごした2年前、12月の電気代の明細書を見て仰天しました。

 1万7000円。

 えっ? 何かの間違いじゃないの?

 とりあえず中部電力に問い合わせましたが、請求書の発行ミスではないと言われてしまいました。

 たしかに家の中を見回すと、当時はまだポンコツで低燃費の冷蔵庫を使っていました。でも、他に電気を食いそうな家電は見当たりません。

 不安になって漏電検査を頼みました。結果はシロ。電装関係に異常は見られません。

 翌月も、翌々月も、1万7000~8000円の明細書が郵便ポストに投げ込まれていきました。

 何だか騙されているような気がしてきて、再度、中部電力のお客様相談室に尋ねると、

「あの、お客様のお宅では、家の外の水道管に何か帯のようなものが巻きつけてありませんか?」

「巻いてありましたら、それは凍結防止用の電熱線です。外気が下がると自動的に通電する仕組みで、ここらあたりですと冬の間、電気代は普通にそれぐらいかかるかと…」

 なんと!凍結防止用の電気代が、こんなにするというのです!

 びっくりして安曇野市のホームページを覗いたら、たしかにこう書いてありました。

安曇野市へ移住を希望される方からのよくあるご質問

Q 冬の寒さはとても厳しいのですか。
A
年によって異なりますが、12月から2月にかけ最低気温がマイナス10度を下回る日があります。屋内の暖房設備はもちろん、水道には凍結防止帯が不可欠なので、安曇野市では夏場よりむしろ冬場のほうが光熱費がかかる場合があります。(安曇野市のホームページより)


 今さら知っても後の祭り。いやはや、今後長きにわたって毎冬、こんなに高い電気代を支払わなければいけなのか…。

 折角薪ストーブでエコな暮らしをめざしているのに、電気をバカバカ消費するのはいかがなものか…。

 いささかガックリしながらリベンジ案として考えたのが、太陽光発電という選択肢でした。

 調べてみると、近年は電力会社への売電価格が下がったため、一昔前ほどうま味がない、などと書いてあります。

 でも、初期投資をすればその後、長きにわたって電気料金が実質ゼロかマイナスになるのは魅力的です。

 幸いなことに安曇野は全国でも有数の日照時間が長いエリア。お隣の松本市のデータになりますが、全国815市区の中で年間日照時間は第55位。上位7%に入っています。

 しかも松本市は、紫外線が日本一強い市町村としても有名だったりします。

 ものは試しということで、古民家の設備メンテナンスでお世話になっている馴染みの電気屋さんに相談しました。

 調べてもらうと、我が家の場合、母屋の南面の屋根と薪置き場に使っている鉄骨製の資材置き場の二面に、合計94枚の太陽光パネルを敷設できることがわかりました。

2018122203.jpg


2018122204.jpg


 併せて発電量が17.39kWhになり、電力会社との契約後20年間、18円/kWhで発電量の全量または余剰電力の買い取りが保証されるそうです。

 予想発電量を全量買い取ってもらう場合のシミュレーションでは、最初の10年間で初期費用を回収し、残る10年間でほぼ同額が還ってくる計算になるんだとか。

 売電で儲けるつもりはありませんが、冬の電気代がロハになるんだったらこの際、思い切って工事してもいいんじゃないか…家族会議の末、そう結論を出したのでした。

2018122205.jpg


 電力会社との契約関係の面倒臭い書類のやりとりを経て、やっと着工が決まったのが最初に相談してから半年以上たった先月のこと。

 そして先日、ようやく太陽光パネルとそれを支えるステイなどの部材が届きました。

2018122206.jpg


 実際の施工は安曇野の空模様を見ながら「雪が降る前までに終わらせます」という、かなりアバウトなスケジュールですが、いよいよ工事が迫ってきました。

 ちょっとわくわくします。

2018122207.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

プロフィール

あづみ

Author:あづみ


都会から安曇野の古民家に親子3人で移住しました。夏涼しく、冬は想像を絶する寒さですが、ハラを括って暮らせば何とかなるものです。

その後、縁あって畑付きの田舎家をゲット。現在は山中の古民家と里の家とを行き来する日々です。

安曇野に興味のある方、また古民家に暮らしたいと思っていらっしゃる方、よろしかったらお立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
畑 (1)
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
本文検索キーワード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR