FC2ブログ

囲炉裏は火吹き竹ですが、バーベキューには鞴(ふいご)がいちばん!

2018081501.jpg

 古民家で炉端焼きをするのに欠かせないのが、火興しです。木炭や薪に手早く火をつけて、ほどよい火力に持っていくにはちょっとしたコツがいります。

 かれこれ10年近く囲炉裏に火を熾し続けてきたおかげで、炭火の管理はそつなくできるようになりました。

 その際に、無くてはならないのが火吹き竹です。こいつでフーフーやるだけで、火勢を簡単にコントロールできるんです。

2018081502.jpg

 一方、里の家にはバーベキューハウスがあって、耐熱レンガの炉に火を熾してステーキや野菜を焼いています。

 初めのうちは、古民家から持ってきた火吹き竹で空気を送っていたんですが、火種まで距離があるせいか、息が切れるわりにはあまり効果的じゃありません。

 息が上がって目が回りそうになると、竹を団扇に持ち替えてパタパタ…それもあまりスムーズとは言えず、他に良い方法がないかな?と考えていたところでした。

 そんな先日のこと、ホームセンターのアウトドア用品コーナーを覗いたら、あったんですね。鞴(ふいご)が。

2018081503.jpg

 真っ赤な胴体にバッファロー?らしき動物の絵が描いてあります。アメリカ製?なんでしょうか。

 真ん中の黒いジャバラが伸び縮みして、先端の金属部分から結構強い風を送り出す仕組みです。

2018081504.jpg

 「火起こし用送風機」なんて勿体(もったい)付けた商品名ですが、単なるふいご。さらに店頭でお値段を見てびっくり。1000円ちょっとなのでした。

 じつは生まれてこの方、ふいごなんて買ったことがなかったので、値段の相場がわかりません。

 それでも、1000円ちょっとというのは漠然と安過ぎるような気がします。

 「大丈夫かな?1回使ったら、すぐジャバラが裂けてオシャカになるんじゃないの?」

 半信半疑で買って帰り、さっそくバーベキュー台で木炭の火興しにチャレンジしてみました。

2018081505.jpg

 すると、おお!おれは便利だ!

 小さな火種にシュッシュッと殺虫剤をかけるような感じで軽く空気を送ると、みるみる太くて頼もしい火柱に育つんです。

 しかも、意外に丈夫なことも判明しました。春からこれまで何度も使っていますが、壊れる兆しはなく、至って快調です。

 モチはモチ屋と言いましょうが、囲炉裏には火吹き竹。でバーベキューにはふいごがいちばんなんですね!



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

北アルプス・蝶ヶ岳から眺める安曇野

2018081101.jpg

 先日、家族が一泊二日で北アルプスの蝶ヶ岳(ちょうがたけ)に行ってきました。

 標高2677m。安曇野・三俣の登山口から標高差1300mあまりを6時間弱かけて登ります。

 初心者でも大丈夫な山ということですが、「信州山のグレーディング」によると、蝶ヶ岳は技術度B。急な登下降や、場所によっては沢、崖、雪渓などを通過する可能性があり、登山の経験が必要だそうです。

 足場は悪くありませんが、急勾配を延々と登っていくので汗が止まりません。

 でも、その苦労を補って余りあるのが、山頂から眺めた360度の大展望。

2018081102.jpg
右に見えるのが富士山、左が八ヶ岳です

 富士山、八ヶ岳、南アルプス、そして槍ヶ岳をはじめとする北アルプスの峰々が一望の下に見渡せます。

2018081103.jpg
右端の△頭が槍ヶ岳です

 明け方、東の下界を眺めやると、雲海の切れ間から安曇野が見えてきました。

2018081104.jpg
雲の下に見えるのが安曇野です

 我が家の頭上を舞っている鷹や鷲たちは、毎日、こんな風景を眼下に眺めているのでしょうか。

 羨ましいなぁ。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

連日の晴天+高温でブルーベリーが異常生育→実がシワシワに

2018080801.jpg

 全国各地で観測史上、もっとも暑い夏が続いていますが、ここ安曇野もご多分に漏れず大変なことになっています。

 里の家では、ブルーベリーの成長が異常に速くて、防鳥ネットの天井部分を突き抜けてなお天高く伸びていこうとしています。

 いつもの年なら、先端部分がネットに当たると自然に成長がストップするんですが、今年は日光を燦々と浴び続けているせいか、まだまだ伸びる気配です。

2018080802.jpg

 問題なのは、熱波と水不足のために、実が十分に育つ前にシワシワに萎びてダメになってしまうケース。

2018080803.jpg

 向かって左が普通に育ったブルーベリー、右側が小さいまんま萎びてしまった実です。

2018080804.jpg

 私たちはプロの農家じゃないので、多少実なりが悪くても構いませんが、こんなことはこの夏が初めてです。

 秋に向かって野菜や果物の値段が急騰しないか、不安になってきました。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

エアコン無しではさすがにツライ。チワワも歩けば扇風機に当たる?

2018080404.jpg

2018080401.jpg

 我が家には、古民家はもちろん里の家にもエアコンがありません。

 というのも、お盆の前後2週間ぐらいを我慢すれば、日中、家にいても何とかなるんですね。それが「本来の」安曇野暮らし。

 「本来の」と書いたのは、明らかに今年の夏がヘンだから。日本中、どこもかしこも灼熱地獄ですから言っても詮ない話ですけど、それにしてもなんなんだ!? この暑さは?

2018080402.jpg

 テレビをつけると、アナウンサーや気象予報士が、

「これまで経験したことのない暑さです。エアコンを切らずに、扇風機も一緒につけて熱中症対策を万全にしてください!」

 と連呼していますが、そもそもエアコンがない家はどうすりゃいいんでしょうか?

 仕方がないので、ありったけの扇風機やら冷風扇やらを引っ張り出してきて、部屋のあちこちに置き、最強モードで風を掻き混ぜています。

 それでも室温は、堂々の32度

2018080403.jpg

 チワワも私たちも、扇風機にかじりついたまま身動きするのも億劫な毎日です。

2018080405.jpg

 来年はいよいよエアコンを買おうかなぁ。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

諏訪湖の花火大会?と思ったら、ちょっと地味めの別物でした。

2018073103.jpg

 先日、所用で長野道を走っていたときのこと。

 諏訪湖PAで休息を取っていると、隣に座っていた地元のオジサンが、

「8時30分から湖畔で花火が上がるよ」

と、教えてくれました。

やったぁ、有名な諏訪湖の花火大会に偶然、行き逢うなんて、何てラッキーなんだ!

思わず意気込んで、駐車場の縁でカメラを構えたのでした。

 しかし、何だか様子が違います。

 花火大会のわりにギャラリーの数がミョーに少ないんですね。

 ざっと見渡しても、50人いるかどうか。

 諏訪湖の花火大会って、こんなに寂れているんでしたっけ?

 頭の中にマークが点滅しだしたその時、

 パーン!

 あまり腹に響かない、少し軽めの音がして湖水の向こうに花火が上がりました。

2018073101.jpg

2018073102.jpg

 あれ?小さいんですけど…?

 諏訪湖の湖水に、逆さ富士ならぬ“逆さ花火”が映り込むのを密かに期待していた私たちは、肩すかしを食らったと言いましょうか、かなりミニチュアな遠くの花火を首をかしげながら見下ろす形になりました。

 花火はそれなりに連続して上がりますが、いかんせん遠目のせいで迫力に乏しく、何だか他人事のような印象です。

 それでも行きがかり上、シャッターを切り続けたのがこちら。う~ん、夏の風物詩というよりはテレビの画面で見る田舎の花火大会のようです。

2018073104.jpg

 15分ほど見ているうちに、ドドン!とひときわ大きなヤツが1発、打ち上げられ、あっという間に終了してしまいました。

 最後まで腑に落ちず、後で調べてわかりました。

 今回の花火は、あの全国的にも人気の諏訪湖花火大会とは別物だったんですね。
諏訪湖サマーナイト花火

長野県諏訪市 / 上諏訪温泉諏訪湖上

2018年7月22日(日)~8月26日(日)20:30~約15分間 
※7月22日(日)~8月14日(火)、8月16日(木)~8月26日(日)開催


諏訪湖上に連夜スターマインが咲き誇る

長野県諏訪市の上諏訪温泉で約15分間、1か月間にわたって花火が打ち上げられる。スターマインと音楽をシンクロさせた花火が湖上に咲くさまに、夏の風情を感じられる。旅館の部屋から眺められる花火は、カップルにオススメだ。

 な~んだ、毎晩15分間、定期的に打ち上げられていたとは。

 裏返して言えば、たった15分間のわりには内容豊富な花火ではありましたけど。

 もっとも、タダで見せていただいたんですから、ご本家の花火大会と比べるのは無礼というもの。

 主催の諏訪湖温泉旅館組合さまには、この場をお借りしてエールを送らせていただきます。

 素敵な湖畔の花火を毎晩、ありがとうございます!



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

「八面大王カレー」は安曇野名物になるか??

2016110901.jpg

 日帰り温泉施設「しゃくなげの湯」については、たびたび紹介していますが(→日帰り温泉ラバーのニーズを満たした安曇野の新名所「しゃくなげの湯)、同館の食事処「有明庵」に最近、ちょっと面白い新メニューが登場しました。

2018072802.jpg

2018072803.jpg


有明庵のおすすめ
~安曇野伝説~

八面大王カレー

サラダ付き八百八十円


 この春、「しゃくなげの湯」に併設する形で無料の足湯コーナー「八面大王足湯」がオープンしたので(→あの八面大王足湯がリニューアルして再臨!)、たぶん、それにちなんで考案されたメニューなんでしょう。

 お値段も「十円」と、面大王を意識した設定です。

 遊び心があっていいなと思い、さっそく注文してみました。

 お盆に載って出てきたのが、こちら。サラダ、お新香付きのセットです。

2018072804.jpg

 丸い皿の真ん中にレイアウトされたご飯は、よく見ると八角形に型押しされています。

 八面大王への敬意に溢れた?造形です。

 眉毛はカボチャ、目はズッキーニ、口はパプリカです。

 頭の上に置かれたイカゲソの揚げ物、タコちゃんウインナー、鶏の唐揚げは、大王のツノでしょうか?

2018072805.jpg

 強面というよりは可愛らしい印象ですが、肝心のカレー(ビーフ味)は恐怖の大王の風格にふさわしい激辛に違いありません。

 そう信じておっかなびっくり口に流し込んでがっかり。ぜ~んぜん、辛口じゃなかったんですね。

 はっきり言って甘口。お子ちゃまカレーのレベルです。

 思わず肩すかしを食らっちまいましたが、考えてみればこのメニュー、お子様向けなのかもしれません。

 いい歳こいた人間が眦(まなじり)を決していただくものじゃないんでしょう。

 でも、それなりに楽しめました。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

安曇野の山猿はベビーブームに沸いています

2018072501.jpg

 我が古民家の周辺が、近頃、山猿たちの遊び場と化していることについては、何度か書いたとおりです(→今年は申年。で、我が家はサル屋敷)。

 先日も、ボスザルっぽいオスのサルが屋根のてっぺんに登って、私たちの様子をじっと観察していました。

2018072502.jpg

 普段なら人間なんか無視して数匹で屋根に上がり、飛んだり跳ねたりして遊んでいるんですが、この日はなぜか“お山の大将オレひとり”状態。

 高いところから、少し神経質そうに私たちの一挙手一投足を伺っています。

 なんでだろうなぁ、と思って見ていたら、古民家の裏山から数匹の子ザルが母ザルに連れられてスルスル通りに出てきました。

 それを合図に、子供をおぶったり、抱っこしたりの母ザルたちが、つぎつぎに道路を横断し始めたんです。

2018072503.jpg

 臨月のメスザルも混じっています。下腹を地面にこすらんばかりにして走って行きます。

2018072504.jpg

 一方、こちらは疾走する母ザルに必死にしがみつくチビザル。小さな耳とシッポがとても可愛らしく、思わず何度もシャッターを切ってしまいました。

2018072505.jpg

2018072506.jpg

2018072507.jpg

 我が古民家の里は限界集落。増えるのはおサルさんばかりで、先行き不安です。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

レッドカラントにグーズベリーを加えてジャム作り

2018072101.jpg

 里の家の果樹園にベリー類が続々と実を付けています。

 早生のブルーベリーに続いて、レッドカラント(赤すぐり)、ブラックカラント(黒すぐり)、ジューンベリー、ラズベリー、グーズベリーが収穫期を迎えました。

2018072104.jpg

 ジューンベリーとラズベリーは生食に、残りをジャムに加工することにしました。

2018072102.jpg

2018072103.jpg

2018072105.jpg

 ひとまず今日はレッドカラントグーズベリーを摘み、3対1に混ぜて砂糖を加え、コトコト煮ます。

2018072106.jpg

2018072107.jpg

 グーズベリーは相当酸っぱいので、レッドカラントの甘みを引き立てるためにブレンドするんですね。

 レモンも少々、香り付けに振りかけました。

 とろみが出てきたところで火を止めてガラス瓶とフタを煮沸消毒。できたての鮮やかな赤いジャムを詰めてフタをし、熱湯に逆さ浸けにして脱気します。

2018072108.jpg

2018072109.jpg

 全部で8瓶できました。当分、楽しめそうです。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

留守の間に庭が竹林に!

2018071801.jpg

 8日ほど留守にして古民家に戻ってみたら、庭の景色が一変していました。

 裏山に接した平地に、5メートルはあろうかという若竹が数十本、ニョキニョキ生えていたんです。

2018071802.jpg

 出かけた時には影も形もありませんでした。たった8日間で、こんなに生長するなんて、怖いぐらいの生命力です。

 うっかり放置しておくと、枝葉をどんどん伸ばしてやがて裏山の竹林につながってしまいます。ノコギリを持ち出し、1本残らず切り倒しました。

2018071803.jpg

 若竹を片付けた後には、ご覧のようなタケノコがあっちにも、こっちにも。油断も隙もあったもんじゃありません。

2018071804.jpg

 急遽、タケノコ狩りと相成りました。

 30分ほどで、抱えきれないほどのタケノコが採れました。いや、危なかった!

2018071805.jpg

 勿体ないので皮を剥いてサクサクと切り、ワカメと一緒に炒めてペペロンチーノの具材に。

2018071806.jpg

 アク抜きは一切せず、そのままフライパンで炒めてみましたが、これがうまい。適度な苦みとえぐみが、ワカメのつるつるした食感を引き立てます。

2018071807.jpg

 びっくりついでに、思いがけないご馳走にありつきました。

2018071808.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

立ち枯れたと思っていた木に、美味しい果実が!

2018071401.jpg

 里の家の果樹園に正体不明の枯れ木?があります。

 倒れかけのボロボロの木で、花はおろか葉っぱも満足に生えず、ここ数年は生命反応すら見られませんでした。

2018071403.jpg

「目障りだし、そろそろ切り倒してにしようか」

 などと話していたところ、今春、わずかに若葉が芽吹き、やがて数輪の小さな白っぽい花が咲きました。

「何の木だろうね?桜にしてはショボ過ぎるし…」

 意外なしぶとさにちょっと面食らって、その後も注意深く見守っていたのですが、なんと!立派な実が3個、成ったんです。

 
2018071402.jpg

 恐る恐る頬張ってみると…甘い!アメリカンチェリーなのでした。

 まさか大粒のチェリーが成るとは!

 こりゃ大事に世話しなけりゃバチが当たるぞと反省し、樹勢が弱ってしまった原因を探ることに。

 幹が地面に接するあたりの土を軽く掘り返してみたら…うわぁ、酷い!アリが幹の奥の奥まで入り込んで巣を作っているじゃありませんか。

2018071404.jpg

2018071405.jpg

 納屋からアリ退治用の殺虫スプレーと殺菌保護剤を持ち出してきて、蟻塚と化した幹の内部めがけてスプレーを噴霧。シャベルの先で粉状に崩れた部分を掻き出しました。

2018071406.jpg

2018071407.jpg

 無数のアリがポロポロ落ちてきます。さらに奥のほうまで掻き分けると、白い幼虫がぎっしり並んだ産卵室に到達。シャベルで徹底的に破壊してから、水で洗い流しました。

 十分乾かした跡に、オレンジ色の殺菌剤を刷毛でしっかり塗って保護膜を作り、ひとまずこれで様子を見ることにしました。

2018071408.jpg

 幹の4分の3ぐらいを蟻塚に取られてしまって、文字どおり“首の皮一枚”でつながっているような状態です。なんとか元気になってくれるといいんですが。

2018071409.jpg




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ  
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



  



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

プロフィール

あづみ

Author:あづみ


都会から安曇野の古民家に親子3人で移住しました。夏涼しく、冬は想像を絶する寒さですが、ハラを括って暮らせば何とかなるものです。

その後、縁あって畑付きの田舎家をゲット。現在は山中の古民家と里の家とを行き来する日々です。

安曇野に興味のある方、また古民家に暮らしたいと思っていらっしゃる方、よろしかったらお立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
畑 (0)
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
本文検索キーワード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR